006155
ヤンと愉快な仲間たちへの投稿ページ
新しい投稿欄です。
[ヤンと愉快な仲間たち トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理者にメール] [管理用] []
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

無題 投稿者:クリリン 投稿日:2015/07/14(Tue) 10:24 No.48  
まり子さん、お久しぶりです。早速、署名しました。サイトを載せて下さってありがとうございます。うちの「赤ネコ」「青ネコ」さんたちはなぜか?黄色いカーテンにピンでとめてあるのですが、カーテンをくぐる度に国会周辺でアピールされている皆さんに思いを馳せることにします。若い人たちが声を上げていることも嬉しいニュースの一つです。連日の猛暑、くれぐれもお気をつけくださいね。


Re: 無題 Mariko Machida - 2015/07/14(Tue) 23:24 No.49  

クリリンさん、暑いですね!
赤色も青色も目に入れず、人々の声に耳も貸さず、アベ政権は採決を強行するでしょう。私達はこのことをしっかり覚えておいて、次の選挙では彼らに再び権力を握らせないようにするしかないのでしょう。赤ネコ・青ネコのネコのお人形コンビのようにクールな目とホットな心を持って、私達は独裁者を決して忘れないでいましょう!


一斉抗議行動 クリリン - 2015/07/20(Mon) 23:29 No.50  

まり子さん、今晩は。強行採決への抗議が静かに確実に広がっているのを嬉しく思っています。私も地元で「アベ政治を許さない」のメッセージを掲げる人々に加わってきました。京都大学発のメッセージも新聞で読みましたが、素晴らしいですね。抗議行動の渦が強大になっていくことを願っています。


Re: 一斉抗議行動 Mariko Machida - 2015/07/21(Tue) 16:15 No.51  

アベ政権は国家と企業に好都合な者ばかりを作る教育を目指していますね。京都大学のように格調高い理念を掲げ、アベ政権の圧力をはね返して欲しいです。
昨日、近所の家のフェンスに「アベ政治を許さない」と書かれた紙がリボンで結んであるのを見かけました。自転車で通りすぎながら、密かな連帯の眼差しを送りました。街頭での連帯も、密かな連帯も確実に広がっていますね!


無題 投稿者:うちだまさよ 投稿日:2015/07/09(Thu) 09:16 No.46  
まり子さん、ご無沙汰しています。”STO TE NAME”も”コーカス、、、”も素晴らしくて、クリリンさんも書いてらっしゃるように深く心に沁みいりました。
今日は”安全保障、、、”のサイトを教えて下さったお礼が言いたくてお手紙しています。学者の方々は、私たちが日頃漠然と思っていることをわかりやすく言葉にして下さって有り難いですね。
先日2度目の”ヒューマンチェーン”に行ってきました。女性たち(男性も可)が手をつないで国会を包囲するのですけど、飴が回ってきたりほのぼのとしていました。大きい声で「反対!」と叫ぶのも気持ち良かったです。「何か赤いものを身につけましょう」ということで、それぞれが赤いストールを巻いたり花束を持ったりして素敵でした。若い人の参加が少なくて平均年齢は60過ぎではないかと思えるのですけど、大江健三郎さんも「やがて80歳になる老人の僕にもできること、集会に行こうじゃないか、デモをしようじゃないか」と呼びかけてらっしゃいますし、悲観することはないですね。
真夏が近づいていますね。若いころのワクワク感とは違っても「ハッピーサマー」を期待しようと思います。どうぞお体を大切にして下さい。


Re: 無題 Mariko Machida - 2015/07/09(Thu) 22:37 No.47  

まさよ様
ホームページを見てくださって、ありがとうございます。
赤で国会を囲むイベントは素敵でしたね!
赤! そうだ、次はネコのお人形コンビの赤ネコも参加させよう!
青で国会を囲むのもありましたね。「辺野古に基地をつくるな」でした。
こちらには、青ネコを!

今日、週刊誌の広告に「アベのトイレが増えた理由」という文字を見つけました。
下痢症再発かな?! アベ政権の最期まであともう少し!! 赤も青も頑張りましょう!


無題 投稿者:クリリン 投稿日:2015/05/19(Tue) 09:03 No.40  
まり子さん、こんにちは。新緑の季節になりました。ヤンの小屋にも若葉を通り抜けて気持のいい風が吹いているでしょうか。ホームページの更新、嬉しいです。たくさんの写真も!少しずつ、少しずつ楽しみながら読んでいきますね。
お健やかにお過ごしください。


Re: 無題 Mariko Machida - 2015/05/19(Tue) 23:17 No.41  

クリリンさん、窓を開け放して過ごせる季節になりましたね。

ホームページの更新ページを見てくださって、ありがとうございます。
"コーカサスへの旅の記憶"は、冊子「奥の細道」に掲載された文章を転載して写真を添えたものです。「奥の細道」は直接は芭蕉とも俳句とも関係のない、パステルナークの訳者でもある工藤正廣氏が主宰する冊子です。様々な人の文章が奥に奥にと広がっていく細道を辿って思いがけない人と繋がる、そんなことを想ってのタイトルだそうです。「書いておかないと忘れてしまう」と主宰者に勧められて書いたものです。一種の精神的リハビリでした。
書いてみて、ヤンの物語の原点がこの旅であったことを再認識しました。町田純が見た風景を、クリリンさん・読者のみなさんが共に見てくだされば嬉しいです。

先日、天井と壁との隙間をシリコンで埋める作業中、脚立から転落、青あざをいくつか作ってしまいました。その翌日、発熱。一日中おとなしく寝ていて、回復。少し気を付けないとマズイな〜と反省しています(^^;)


お大事に! クリリン - 2015/05/24(Sun) 07:55 No.42  

まり子さん、返信が遅くなってしまいましたが……怖い怖い!骨折などされなくてよかったですね。くれぐれもお大事になさってください。


Re: 無題 Mariko Machida - 2015/05/31(Sun) 00:58 No.43  

クリリンさん、そうですね!青アザだけで済んでラッキーでした。ここのところ、おとなしく、中央アジア旅行のスライドをプリント化していました。夢中になって、お返事を頂いたのに気付きませんでした<(_ _)>
マルベリー(クワの実)が実って、その収穫も始めました。背が高くなってしまったので、三脚を使わないと手が届きません。欲張って高いところの実まで取ろうとしないように、怪我のないように、気を付けます。


桑の実 クリリン - 2015/06/01(Mon) 14:53 No.44  

まり子さん、桑の実の収穫、いいですね。桑の木は青々と繁って、好きな木の一つです。つい最近、川辺の道の大きな桑の木のところで収穫中!の人を見かけました。桑の木もヤンの小屋にとても似合いそうだと思います。桑の木を揺らす風のことを想像するのもいい感じです。三脚にはお気をつけ下さい〜


Re: 無題 Mariko Machida - 2015/06/03(Wed) 22:37 No.45  

植えっぱなしなのに、いつの間にか大きくなって実をつけてくれる。クワの木は、エライ!! 今日もたくさん収穫しました。三脚に気を付けます。


無題 投稿者:クリリン 投稿日:2015/02/04(Wed) 09:21 No.36  
まり子さん、お久しぶりです。STO TE NAME? 聞きました。深く沁み入る旋律ですね。あまりにも痛ましい事件が続く今、余計悲しく感じられます。
純さんとヤン君、何を話していたのかな。とても素敵な写真、ありがとうございました。イスタンブールを旅した占いウサギの本とポストカードのお話を読み、トルコ周辺で起っていることに心が痛みます。今日は立春、少しでも温かい気持になれますように!ご自愛くださいね。


Re: 無題 Mariko Machida - 2015/02/05(Thu) 22:27 No.37  

クリリンさん、早速見てくださって、ありがとうございます。(少し直したいところもあったので、まだ更新のお知らせもしていませんでした<(_ _)>)
写真は、「ヤンとカワカマス」が出版された頃、記念に撮ったものです。純もヤンも元気だった頃。純もヤンもいっしょで嬉しいという表情でしょ。

”STO TE NAME?”はモスタル・セヴダ・リユニオンのアルバム"tales from a forgotten city"の中の1曲です。内戦の時に西ヨーロッパに避難し、そのままそこを活動拠点としたメンバーが年に何回か故郷モスタルに戻る。その時に感じる喜びと同時に、かつての町は永遠に失われてしまったという悲しみ。それが、このアルバムのテーマです。地元の若いメンバーやピアノも加わって、以前のCDと比べてモダンな音になっています。若い人々が彼らの音楽を受け継ぎ新しくしていくことで希望が生まれる、と言っています。

2人の日本人がイスラム国に利用され殺されました。彼らはアベ政権にも利用され殺されたのです。早速、アベは邦人救出のため自衛隊の海外派遣や9条の改憲を言い出しました。今回も国が市民を守らなかったのは、自衛隊を派遣できなかったからでも、軍隊がなかったからでもありません。アベの狙う方向に日本の国民が流されるのか?それとも、止めることができるのか?犠牲となった後藤さんの願うのは後者であったはずです。


Re: 無題 クリリン - 2015/02/13(Fri) 23:42 No.38  

ワイツゼッカー語録を新聞で読みました。周辺国の人々に与えた悲惨さを心に刻み克服していかなければ友好関係は生まれないという言葉に打たれます。そのドイツでさえナショナリズムが台頭しているのですね。こちらでは、過去に目を閉ざし、過ちを認めようともせず、正当化するばかりの人々が国の舵取りをしている現実が情けないです。戦争へのハードルが低くなりつつあるのがなんとも恐ろしい!もっと多くの若い人たちが目を開いて投票に行ってくれたら現状が変わるのではないかとも思うのですが。


Re: 無題 Mariko Machida - 2015/02/15(Sun) 03:05 No.39  

クリリンさん、ワイツゼッカー元ドイツ大統領の言葉は格調高いものでした。
かつて自分の国が犯した過ちを記憶し、再び繰りかえさないために若い世代にも伝えていかねばならない、という主張でした。

我がヤホンではこのような主張をすると、現政権寄りの人達に自虐史観だと非難されます。ということは、反対に現政権寄りの人達の考えは自慰史観なのですね。なんともさみしいことです(>_<)
もっとも、この人たちこそ自虐史観だと言う人もいます。アメリカと一緒に戦争出来る”美しい国”にしようと躍起になっている彼らこそ、平和憲法を持つヤホンを戦争出来ない情けない国であるとしか思っていない自虐観の持ち主だと言うのです。自虐、自慰どちらにしてもさみしいことです。
彼らには、ワイツゼッカー氏の言葉をそのまま贈りましょう。
「後になって過去を変えたり、起こらなかったりすることはできない。過去に目を閉ざすものは結局のところ現在にも盲目になる。非人間的な行為を記憶しようとしない者は、再び(非人間的な行為に)汚染される危険に陥りやすいのである。」

若者の投票率が上がっても、現政権の支持票が伸びるだけかもしれません(>_<)


無題 投稿者:クリリン 投稿日:2014/12/11(Thu) 22:22 No.32  
まり子さん、すっかりご無沙汰してしまいました。ホームページ更新ありがとうございます。ついに見た〜!ロシア語講座の表紙、壮観ですね。ヤン君の話すロシア語が想像されます。そしてクリスマスが近づくとピロシキのことも思い出します。みんなで分けるピロシキのおいしそうなこと。ずるそうなカラス君の実は可愛いらしいこと。いよいよ寒くなりそうです。ご自愛くださいね。


Re: 無題 Mariko Machida - 2014/12/11(Thu) 23:58 No.33  

クリリンさん、お元気ですか?
ロシア語講座の表紙は、見たことのない人が多いかもしれませんね。ヤンのギャラリーに絵を載せて、ヤンが抱えたりしているテキストのタイトルなども紹介しようと思いつきました。少しお待ちくださいね。


Re: 無題 クリリン - 2014/12/12(Fri) 09:20 No.34  

まり子さん、ヤンのギャラリーを楽しみにしています。でも、ゆっくりでけっこうですよ〜


Re: 無題 Mariko Machida - 2014/12/12(Fri) 14:03 No.35  

いつも、超ゆっくりで、すみません<(_ _)>

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |

NO: PASS:


無料掲示板レンタル「ADVEN-BBS」/右玉/将棋/ガジェット
original:KENT