004270
大会の反省 1年生
携帯電話対応
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [携帯に掲示板アドレスを送信] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

東海新人 反省 投稿者:真野太一 投稿日:2018/10/04(Thu) 22:45 No.162  
シングルス
点を早く取ろうとしてスマッシュが多めになってしまい甘いコースの球を逆に打ち込まれてしまった。また、体制を立て直すために高く上げようとした球が思ったより奥へ飛ばず相手のチャンスにしてしまった。バドミントンの速いテンポのラリーについていけずただ返球しているだけの時もあったのでヘアピンやクリア、緩急のつけた球で自分が攻める体制に持っていきたいと思った。


無題 投稿者:久保匡輝 投稿日:2018/10/04(Thu) 09:36 No.161  
ダブルス
中谷先輩と出場した。初戦の時に自分ではアップをしっかりとしたつもりでも、足が動かず中谷先輩に迷惑をかけてしまったので試合前の準備をしっかりしないといけない。また、準備しても緊張で動かない時もあると思うので、そうした時にどのようにプレーするかを冷静に考えられると試合をうまく組み立てられると思った。

シングルス
勝てないと思っていた相手に勝てたことはかなり自信になってよかった。ただ試合の内容として、リードされてる場面で追いつきたい気持ちが出すぎてプレーが雑になってしまった。また、スマッシュレシーブで相手の決めに来た球に触ってはいるけどしっかりとミートしてなくて、次の球に繋げにくかった。


東海新人 反省 投稿者:結野史問 投稿日:2018/10/03(Wed) 21:09 No.160  
シングルス
相手のスマッシュの高さが毎回違ってサイドに振られた時は触ることもできずに決められてしまうことが多々あってもったいなかった。自分のスマッシュはあまりサイドに触れていなくて結局自分のきつい状態に自分からしていてしまった。最近ファーストはとってもそこから負けることが多く今回もそのパターンで負けてしまった。自分は体力がないのでセカンドで勝ちきれるように集中力を高めて気持ちを切らさないようにしたいです。

ダブルス
宮嶋先輩と出場した。サーブが山なりでほとんど相手にプッシュされて3球目までに相手に有利な形にさせてしまっていてもったいなかった。サーブレシーブも同じようなところばかりに打ってしまって自分から攻めの形に持っていくこともできなかった。ラリー中がドライブが多く、押されてしまってそのまま得点されてばかりだった。ダブルスでもっと早い展開の練習をしていきたい。


東海新人 反省 投稿者:高橋理輝 投稿日:2018/10/03(Wed) 21:04 No.159  
シングルス
 奥に追い込まれて、しっかり打てないときに、中途半端にドライブ気味の球を打って、逆に相手に張られてしまい、速い返球で自分がかなりきつくなってしまっていた。そのようなときにドライブみたいな速い球で返してしまうのではなく、しっかり高くあげる球を打つことで、自分の体勢を整えるようにしたい。自分の体勢がしっかりしていて、ドライブを打っても、自分が戻れそうであったり、相手が崩れていて、自分が追い込まれることなく、相手を追い込めることができそうであればをドライブを打って攻めていきたい。また、ラリーをしっかりして、甘くなったところで攻めていかないと、自分からミスしてしまうことになった。だから、つなぐところではしっかりつなぎ、ラリーをして、長いラリーが続いても耐えられるようにしていきたい。

ダブルス
 石川先輩と出場した。カットに対してただあげるだけになって、その次にスマッシュを打たれ、そのまま決められてしまうことが多かった。そのような展開では、相手のミスを待つしかできなかった。カットを浮かないように前に落とすことで相手にあげさせたり、スマッシュをドライブで押し込んで返したり、クロスの前に落としたりすることによって相手にあげさせるようにして、自分達が攻めることのできる展開を作っていきたい。また、サーブやサーブレシーブのバリエーションを増やすことで、サーブ回りで強くなれるようにしていきたい。


中日盾 反省 投稿者:杉江紗矢香 投稿日:2018/09/08(Sat) 23:12 No.158  
シングルス
自分はフットワークが遅いので、サーブレシーブをよいコースに打ち、自分の有利な展開にしていきたかったが、ほとんどの球がサイドに行かず、中央に集まってしまった。それで、相手が打ちやすい体勢で入ることができ、よいコースに打たれ、決められてしまうラリーが多数あった。もっとショットの精度を高めることと、ある程度のスピードについていけるようなフットワークをしていくことが重要だと考える。気持ちに余裕をもって、試合を行うことができたので、それはとてもよかったと思う。特に、前のバック側のディセプションが、落ち着いてできて、上手くできていたし、ラウンド側からのクロスのスマッシュの精度はとてもよかった。しかし、気持ちに余裕がある分、必死さが足りなかったようにも思える。

ダブルス
高畑先輩と出場した。自分が後衛の時、カウンターを打たれないように、意識してスマッシュが打てていた。しかし、後半になって相手がリードしている時、焦って全部スマッシュになってしまったり、スマッシュレシーブも、ほとんど奥に返そうとしてしまい、打つ場所がパターン化してしまっていた。負けている時こそ、冷静に前に上手く落としたり、ドロップやカットをタイミングよく使うことができればよかった。自分が前衛の時、全然止められなかったので、相手のレシーブの体勢やラケットの面の向きを見て、もっと思い切ってはればよかった。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |

NO: PASS:


無料掲示板レンタル「ADVEN-BBS」/右玉/将棋/ガジェット
original:KENT