234341
松のページ掲示板

スパム対策のため"tp:"を含む書き込みをブロックさせていただいております。
URLを記述される方は p:/… としてURLを記述してください。

サイト管理者多忙につきお返事が遅くなります。ご了承ください。
(概ね週末などのお返事となります)

[松のページ] [留意事項] [ワード検索] [携帯に掲示板アドレスを送信] [管理用] []
名前
タイトル
メッセージ
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
投稿キー (投稿時 を入力してください)

SqlServerでのDecimalについて 投稿者:kawanof 投稿日:2017/06/08(Thu) 10:34 No.4130  
現象としてはDecimal(10,0)で定義されたカラムに対して
Selectクエリを発行し結果ビューで見ると、小数点以下の値が表示されます。

Insert文では整数で登録しています。
Selectした結果で1234.0016や1234.9984などの小数点以下が出ている感じです。

SqlServerManagementStudioでは整数として値が出ていますので
確認をお願いします。

環境としては
A5:SQL version 2.13.0 beta 7
SqlServer2012R2へ専用接続で接続


Re: SqlServerでのDecimalについて 松原正和 - 2017/06/11(Sun) 11:11 No.4133  

 kawanof さんこんにちは。

 SQL Server 2012 (Express)で少し実験しただけでは再現でき
ませんでした。

 SQL Serverへの接続は、ローカルにインストールされている
SQL Native Clientのバージョンで変わると思われるのですが、
どのバージョンがインストールされているかわかりますでしょう
か?。DB接続情報のダイアログで下のほうに、「接続モード:SQL
Server Native Client 11 (OLE DB) 」などと表示されます。

 とりあえず、オプションダイアログの「SQL Server」のタグ
で、「OLE DB Providerを使わず直接接続する」をチェックする
と動作が分かるかもしれません。お試しいただけますでしょう
か?。

 あと、Version 2.13.0 beta 8でDB接続ライブラリのUniDACを
7.0.1→7.0.2にバージョンアップしてみました。これで変わった
りしないかご確認いただければありがたいです。


Re: SqlServerでのDecimalについて kawanof - 2017/06/12(Mon) 10:30 No.4136  

ご回答並びにご確認ありがとうございます。

接続モードについては「SQL Server Native Client 11 (OLE DB)」であることを確認しました。

申し訳ありません現象について訂正です。
列の型はDecimal(14,0)でした。
また、現象が発生するデータについては、全て小数部が現れるわけではなく、一部の数レコード(確認出来たのは50レコード中7レコード)

追加でDecimal(10,0)〜Decimal(15,0)で試してみたところDecimal(15,0)で作成した列は全て(100レコード中100レコード)現象が発生しましたので、数値の桁数が原因の可能性が高いと思います。


上記とは別に以下試してみました。
■Version 2.13.0 beta7 x64
・オプションの「OLE DB Providerを使わず直接接続する」をチェックONの場合では、OS認証(統合セキュリティ認証)では接続時にエラーとなりました。
「Windows Authentication supported only under Windows」
※id/passでの認証は通ったので、OS認証のケースでの問題?

■Version 2.13.0 beta8 x64
・小数部が現れる現象は変わらずでした
・「OLE DB Providerを使わず直接接続する」有効時の接続エラーも引き続き発生してる状況です。


お手数おかけしますがよろしくお願いします。


Re: SqlServerでのDecimalについて kawanof - 2017/06/12(Mon) 10:37 No.4137  

追記:
小数部が現れる現象が現れた際の検証PGを提示いたします。

create table dbo.TEST2(
col1 decimal(15,0)
)

insert into dbo.TEST2 values(123456789012345)

select * from dbo.TEST2
--
結果ビューでの内容
123456789012345.0112

以上よろしくお願いします。


Re: SqlServerでのDecimalについて 松原正和 - 2017/06/18(Sun) 20:23 No.4142  

 kawanofさんこんにちは。

 どうも、Version 2.13.0のベータ版で採用している、UniDAC
Version 7.0.xの不具合のようです。

 とりあえずの対応を Version 2.13.0 beta 9で行いましたので試
してみてください。


Re: SqlServerでのDecimalについて kawanof - 2017/06/20(Tue) 09:45 No.4150  

少数部が現れる問題について、現象の解決を確認できました。
ご対応ありがとうございます。


SQL整形での不具合 投稿者:mrmr 投稿日:2017/06/15(Thu) 09:18 No.4139  
SQL整形でASの位置を揃えるにチェックを入れても揃っていません


Re: SQL整形での不具合 松原正和 - 2017/06/18(Sun) 20:33 No.4144  

 mrmrさんこんにちは。

 SQL整形でASの位置がそろわないとのことですが、列名に漢字
など非ASCII文字が含まれていますでしょうか?。

 これは、A5:SQL Mk-2をUnicode対応するときに少々悩んだので
すが、例えば漢字を英数字の2文字分の幅として扱えば概ね問題
はなくなるのですが、サロゲートペア文字であるとか、結合文
字、あるいはその他の外国語(ヨーロッパのウムラウトなど使う
言語や、ロシア語・韓国語・タイ語など)対応などを考えるとち
ょっと難しいと考え、単に文字数でそろえるようにしています。

 ご希望に沿えず、申し訳ないのですが、現状では制限というこ
とでよろしくお願いいたします。


Re: SQL整形での不具合 mrmr - 2017/06/19(Mon) 10:09 No.4147  

INSERT INTO SELECT〜
のSELECT文のAS句が揃わないようでした
通常のSELECT文は大丈夫です
対応できますでしょうか?

ここき書き込ませていただいた時にINSERT文ばっかり作ってたのでSELECTは大丈夫という認識がなかったです。すみません


フォーカス 投稿者:snow 投稿日:2017/06/17(Sat) 06:13 No.4141  
SQLの実行結果について、セルをCtrl+Bで開いて閉じると、
フォーカスがSQL編集画面に移動してしまいます。
元のセルにとどまってほしいです。


Re: フォーカス 松原正和 - 2017/06/18(Sun) 20:51 No.4146  

 snowさんこんにちは。

 BLOBエディタからSQLエディタへ戻った時のフォーカスの挙動
ですが、Version 2.13.0 beta 9で修正してみました。

 ご確認いただければと思います。

 以上よろしくお願いいたします。


テーブル定義出力時の制約情報 投稿者:ばば 投稿日:2017/06/07(Wed) 16:47 No.4128  
いつもA5:SQL利用させていただいています。
とても重宝していて、助かっています。

テーブル定義書を出力する際に、「制約情報を出力する」のチェックが効かないようです。
「インデックス情報を出力する」にチェックを入れると、インデックス情報+制約情報が出力されるようになっています。
ご確認ください。

【環境】
Windows10 64bit
A5:SQL Mk-2 32bit edition version 2.13.0 beta 5(Portable modeで利用)


Re: テーブル定義出力時の制約情報 松原正和 - 2017/06/18(Sun) 20:24 No.4143  

 ばばさんこんにちは。

 はい、すみません。Version 2.13.0 beta 8以降で対応しています
ので、お試しください。

 以上よろしくお願いいたします。


Oracle 11gに直接接続しようとするとORA-01017エラーとなる 投稿者:AM 投稿日:2017/06/08(Thu) 20:44 No.4131  
A5:SQL Mk-2便利に利用させていただいております。

Oracle DBに直接接続しようとした際に、
ORA-01017: invalid username/password: logon denied
となり接続ができません。

確認しましたところ、
A5:SQL Mk-2 2.12.1 beta 5
までは正常に接続でき、

A5:SQL Mk-2 2.13.0 beta 1
以降は同様のエラーとなりました。

また、直接接続せずにtnsnames.oraに接続情報を記載し、接続識別子経由で接続したところinvalidとなるユーザ・パスワードの組み合わせでアクセスできることを確認しています。

2.13に入った修正で、直接接続のみ問題が発生している可能性があるように思います。

アクセスしようとしているユーザは、ID・パスワードが小文字かつDB側で大文字・小文字を区別するようにしています。これが関係しているかもしれません。

追加情報が必要でしたらご指摘ください。

ご確認のほどよろしくお願いいたします。

[環境]
Oracle DB 11.2.0.4
A5:SQL Mk-2(x64) 2.13.0 beta 7


Re: Oracle 11gに直接接続しようとするとORA-01017エラーとなる 松原正和 - 2017/06/11(Sun) 11:14 No.4134  

AMさんこんにちは。

Version 2.13.0 beta 1から採用している、DB接続ライブラリ
Devart UniDAC 7.0.1はOracleへの直接接続時に認証関連の不具
合があったようです。Version 2.13.0 beta 8で不具合の解消さ
れた Devart UniDAC 7.0.2にバージョンアップしてみたので、お
試しいただけますでしょうか?。

以上よろしくお願いいたします。


Re: Oracle 11gに直接接続しようとするとORA-01017エラーとなる AM - 2017/06/13(Tue) 12:59 No.4138  

松原様

version 2.13.0 beta 8
にて、Oracle DBに接続できることを確認いたしました。

ご対応ありがとうございます。
以上、よろしくお願いいたします。


ストアドのストアドプロシージャ・ランチャに関して 投稿者:へっぽこSE 投稿日:2017/06/02(Fri) 10:50 No.4118  
いつもお世話になっております。

SQLSERVER 2012への接続で利用されていただいています。

ストアドプロシージャのストアドプロシージャ・ランチャの機能を使用したところ、
どうやら正しい値が戻ってこないようです。

お手数ですが、ご確認お願い致します。

----サンプル------------------------------------
CREATE FUNCTION [dbo].[TEST]( @TEST VARCHAR(1))
RETURNS VARCHAR(1)
AS
BEGIN
Return @TEST
END
------------------------------------------------

普通にSQL:SELECT dbo.TEST('1')
を実行すると「1」が帰ってきます。(正)

パラメータ:TEST=1
をセットして、実行すると値が帰ってきません。

パラメータ:TEST='1'
をセットして、実行すると値が帰ってきません。


Re: ストアドのストアドプロシージャ・ランチャに関して へっぽこSE - 2017/06/03(Sat) 14:17 No.4120  

環境を書いてませんでした。すみません。
version 2.13.0 beta 5 (64bit版を使用しています)


Re: ストアドのストアドプロシージャ・ランチャに関して 松原正和 - 2017/06/04(Sun) 23:01 No.4125  

へっぽこSEさんこんにちは。

どうも、Version 2.13.0あたりでソースコードをリファクタリ
ングした際に、ミスしてしまったようです。

UniDACで接続した場合(OLEDB, ODBC以外で接続した場合)、ス
トアドプロシージャが実行されていないようでした。

Version 2.13.0 beta 8で修正してみました。お試しいただけ
ればと思います。


Re: ストアドのストアドプロシージャ・ランチャに関して へっぽこSE - 2017/06/12(Mon) 08:38 No.4135  

お世話になります。へっぽこSEです。

確認の回答がおそくなり、すみません。

Version 2.13.0 beta 8にて動作確認を行いました。

いつも、早々の対応ありがとうございます。


機能強化SQLiteのbooleanの表示 投稿者: 投稿日:2017/06/05(Mon) 14:15 No.4127  
ruby on rails の boolean は文字列のt,fでtrue とfalseを表す。
A5で検索結果を表示の際、boolean型はcheckboxではなく、textで表示することが可能ですか?


Re: 機能強化SQLiteのbooleanの表示 松原正和 - 2017/06/11(Sun) 11:03 No.4132  

陳さんこんにちは。

単に表示上の問題でBooleanとして扱われる型をT, Fで扱いたい
ということでしょうか?。

チェックボックス、True/False、T/Fで切り替えられるようにし
たら便利かもしれませんね。

今週末のベータ版では実現できませんでしたが、近いうちに実装
できるかと思いますので少々お待ちください。


postgresqlの範囲型について 投稿者:jakelizzi 投稿日:2017/05/30(Tue) 11:11 No.4115  
いつも利用させて頂き、大変助かっております。

一点後質問ですが、postgresqlの範囲型で、"@>"のように@を用いた演算子があるのですが、それを使用すると、

「定義されていないパラメータを読み込みました。値を適切に設定してください。」

と表示され、SQLパラメータの入力画面になってしまいます。

不勉強で申し訳ないのですが、SQLパラメータの仕様もあまり分かっておりません。
何か設定等で対処できるのであれば、お教えいただけると幸いです。


Re: postgresqlの範囲型について jakelizzi - 2017/05/30(Tue) 11:12 No.4116  

情報が欠けておりましたので、追記いたします。

ver:a5m2_2.12.0_x64_r
os:windows7 64bit


Re: postgresqlの範囲型について 松原正和 - 2017/06/04(Sun) 22:53 No.4122  

jakelizziさんこんにちは。

Version 2.13.0 beta 7で修正してみました。@の後ろに識別子が
来る場合のみパラメータとして扱うようにしてみました。

ただ、手元の環境では、PostgreSQLの場合、「パラメータ$1の
データ型が決定できません」が発生してしまうのですが、こちら
はもう少し調査してみます。

あと、オプションダイアログのSQLタブで「パラメータ利用モー
ド」から、「@」をパラメータ前置詞として認識しないモードを
利用可能です。


Re: postgresqlの範囲型について jakelizzi - 2017/06/08(Thu) 10:01 No.4129  

返信が遅くなってしまい、申し訳ありません。

ご解答ありがとうございます。
また、2.13.0 beta 7 で対応して頂けたようで良かったです。

また、オプションダイアログの設定でパラメータ利用モードを設定することで解消できました。

大変助かりました!ありがとうございます!!


PostgreSQLでTEXTカラムの8192bytesが出力されない 投稿者:AM 投稿日:2017/06/02(Fri) 13:20 No.4119  
A5:SQL Mk-2便利に利用させていただいております。

掲題の通り、PostgreSQLでTEXT型カラムに8192文字超のデータが入っている場合、A5:SQL Mk-2上で8193文字以降のデータが表示できません。また、CSVエクスポートなどでも出力ができませんでした。

設定などで全て出力する方法がありますでしょうか。

もし無いようでしたら出力可能にするオプションなどを設けていただけると幸いです。

以上、よろしくお願いいたします。

[環境]
PostgreSQL 9.1.22
A5:SQL Mk-2 2.13.0 beta4


Re: PostgreSQLでTEXTカラムの8192bytesが出力されない 松原正和 - 2017/06/04(Sun) 22:57 No.4124  

AMさんこんにちは。

Version 2.12.0から、PostgreSQLのText型を文字列型として扱
えるようにしていたのですが、これのせいで8192バイトまでし
か扱えなかったようです。

Version 2.13.0 beta 7からデフォルトをCLOBにもどし、8192
バイトまででよい場合のみ、オプションダイアログから文字列
として扱えるように設定できるようにしました。
(もうすぐ公開するVersion 2.12.1でも修正します)




Re: PostgreSQLでTEXTカラムの8192bytesが出力されない AM - 2017/06/05(Mon) 14:01 No.4126  

松原様

無事、エクスポートやレコードコピーでTEXT型カラムの末尾まで出力できることを確認いたしました。

ご対応ありがとうございます。
以上、よろしくお願いいたします。


「SQL整形」と「前回終了時の復元」について 投稿者:pochi-p 投稿日:2017/06/02(Fri) 09:50 No.4117  
いつもお世話になっております。2点不具合?報告です。
A5:SQL Mk-2 32bit edition Version 2.12.0
A5:SQL Mk-2 32bit edition Version 2.12.1 beta 5
で確認しています。

■SQL整形で…
こんなSQLを「SQLの整形」すると、
> SELECT
> -- tbl1.col01
> distinct
↓↓
> SELECT
> -- tbl1.col01 distinct

…DISTINCT がコメントに吸収されてしまいました。

> SELECT
> --
> distinct

でも同様の結果になります。

> SELECT
> --
> tbl1.col01
であれば巻き込まれる事はありませんでした。



■前回終了時の復元失敗
#こちらの環境の問題かもしれません。開きすぎなのか、「2.12.0正式版」「2.12.1 beta5」を時折間違えて交互に起動したのが悪かったのかも…?


未保存のウィンドウ「Query-??」が次回再開時に「表示」されない様になってしまいました。
最初
≫Query-1〜Query-50 + 10個程名前付けて実ファイルとして保存しているSQL
という状態でしたが、起動した際
≫10個程名前付けて実ファイルとして保存しているSQL
しかウィンドウが復元されませんでした。終了時の確認ダイアログにもQuery-1〜Query-50が出てきません。

しかしながらtempsqは内部で保管し続けてるらしく、その後の起動時にも消えずに残っている様です。
その状態で新しくQuery-1のSQLエディタウィンドウを開くと、

・終了確認ダイアログで新しいQuery-1は表示される
・「以前のQuery-1〜Query-50」+「新しいQuery-1」の51件分tempsqlが内部で維持される。
・再び起動すると「新しいQuery-1」のウィンドウは復活する。

となりました。

ファイルは確保出来てるので一度「起動時に前回終了時のファイルの状態を復元」をチェック外してやり直してみるのでも良さそうですが、折角見つかった現象なので報告しておきます。


Re: 「SQL整形」と「前回終了時の復元」について 松原正和 - 2017/06/04(Sun) 22:54 No.4123  

pochi-pさんこんにちは。

はい、ちょっと今週末のベータ版では修正できませんでした。次
のベータ版で修正したいと思いますので少々お待ちください。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

NO: PASS:


無料掲示板レンタル「ADVEN-BBS」/3/25更新/沖縄食べ歩き
original:KENT