057277
東アジア恠異学会掲示板
東アジア恠異学会掲示板です。自由に活用してください。
携帯電話にも対応しています。
※不適切な書き込み等は予告なく削除される場合がありますので、予めご了承ください。
[トップページへ] [留意事項] [ワード検索] [携帯に掲示板アドレスを送信] [管理用]
名前
Eメール (任意)
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内・記事の修正削除に必要です)
投稿キー(投稿時 を入力してください・スパム対策です)
文字色

大会要旨について 投稿者:高谷知佳 投稿日:2010/01/28(Thu) 06:38 No.207  
大会要旨、拝受しました。
議論の射程を明確にしていただき、執筆者の一人として、身が引き締まる思いです。

しかしながら、このようなことを申し上げるのは恐縮ですが、この要旨を拝見すると、私が執筆者として伺っていた『怪異学の可能性』刊行の趣旨に対し、根本的な誤解があるように思われます。

>本書のほとんどが歴史学関係の研究者によって執筆されているという、構成の偏り
>過去の定例研究会を顧みれば、歴史学以外からも報告が多数積み重ねられてきた。はたしてそれらを充分に吸収・総合した上での「成果の集成」と言えるのかどうかなど、本書を主導している関心のあり方からして議論の余地があるのかもしれない。

『怪異学の可能性』は決して、東アジア恠異学会の成果のすべてを「総合した」ものではないと存じます。大会要旨にも、序論のキーワードを引用していただいていますが、ここはまさに「本書を主導する関心」を明確に示す部分ですので、改めて全文を引用いたします。

>「以上、本書は、現代において「怪異史料」と通称される「不思議な記録」の歴史的変遷と、その国家・社会・文化との関係を、極力先入観を排し、時代を追ってリレー式に論じ、前近代における「怪異学」を論じることを目標にしている。これは、東アジア恠異学会の現時点での成果の集成であるとともに、これからの叩き台としての会の内外に向けて発信するものであり、外国史・国文学・民俗学・文化人類学、その他の学問分野において怪異を研究する際の「定点」として使われることを期待するものである。」

この前半部分に示されていますように、これまでの大会や例会の議論を通して、歴史学からは「怪異」を通史的に捉える見通しが立ったことを踏まえ、「歴史学からの」議論の集成・発信として『怪異学の可能性』を出版する。これが編集特別委員の榎村先生から承った趣旨であり、私もそれにもとづいて執筆いたしました。
学際的な研究は、東アジア恠異学会の重視するところです。しかしそれは、やみくもに越境するのではなく、自らの専門分野を研鑽し発信すること、そして他の分野のメンバーからの発信を、自らの専門分野の知見を活かし、責任を持って受け止めることです。『怪異学の可能性』はまさに、歴史学からの、「叩き台として」「内外への」発信、すなわち東アジア恠異学会の他分野のメンバーに対しても発信するもの、ととらえておりました。ですから、今回の書評会の顔ぶれを拝見し、民俗学のメンバーからの感想やレスポンスがいただけるものと考えておりました。

従って、「『怪異学の可能性』が、分野として偏っている」という批判から書評が始まるならば、それは生産的な議論とはなりえません。どうかこの点について、ご理解をいただけますよう、失礼ながら掲示板にて書き込みをさせていただきました。
充実した議論になることを願っております。


2月の 投稿者:まつくら 投稿日:2010/01/27(Wed) 00:54 No.206  
2月の書評大会につきまして、いろいろとお知らせが届いているかと思います。
ご連絡が届かない方などいらっしゃいましたら、事務局までお知らせください。


新年おめでとうございます 投稿者:まつくら 投稿日:2010/01/01(Fri) 00:20 No.197  
旧年中は大変お世話になりました。
本年も恠異学会を、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

良い年になりますように。


Re: 新年おめでとうございます 久留島 - 2010/01/02(Sat) 14:14 No.198  

明けましておめでとうございます。
昨年は鬼企画など皆さま大変お世話になりました。
今年もいろいろとご面倒を書けることもあるかと思いますが、
恠異妖怪研究研究に精進していきたいと存じます、よろしくお願いいたします。


キ神展@山梨県立博物館 投稿者:佐野 投稿日:2009/12/23(Wed) 14:00 No.192   HomePage
別の研究会のMLで知ったのですが、
山梨県立博物館で
「神か?獣か?キ神降臨!」展
なるものが開かれています。

山梨岡神社にまつられている、キ神についての展覧会です。
白澤と直接関係ありませんが、異形の神(中国も関係しているかも)という点では類似例として興味深いかもしれません。


Re: キ神展@山梨県立博物館 まつくら - 2009/12/23(Wed) 23:05 No.193  

おお〜、キの神様がそんな展示で!
これは興味のある方も多いのではないでしょうか。(うちもです!(^_^))
1月までのようなので、ご興味のある方はぜひ!


Re: キ神展@山梨県立博物館 denden416 - 2009/12/25(Fri) 00:24 No.194  

突然おじゃまします。キ神展、見ました。

山梨岡神社の「キ神像」は中国古代の地理書「山海経」に由来するキ神の像とされていますが、そもそも像がキ神であることを示す確実な根拠があるわけでもなく、江戸時代に荻生徂徠が甲州旅行をした際に、由来のわからない一本脚の像を見て、これはキ神であると断定し、以来魔除けや雷避けの神さまとしての信仰が広まったそうです。

近世後期から近代まで信仰のピークが存在しますが、背景には近世後期の社会不穏から生じていた妖怪ブームがあったと指摘されていましたね。

山梨岡神社は御室山という旧境内地であった山を神体とする山の神を信仰する神社なのですが、山梨県では山に関する信仰が分布し、山の神や雷信仰、雨乞い習俗などが存在し、信仰の背景となったのではないかとのこと。また、「山海経」においてキ神像は混沌とした辺境の獣(神ではない)として描かれていますが、近世甲斐国のような山国が、そういうイメージを仮託されたのではないかとも指摘されていました。

さらに、一本脚の点についても、山梨では道祖神信仰が広く分布しており、道祖神の神体を一本脚の姿であるとする伝承があり、道切り習俗で大草鞋を飾ったりするので、神の姿として受け入れられやすい背景があったとのことです。


就実大学歴史講演会のご案内 投稿者:苅米一志 投稿日:2009/11/20(Fri) 14:47 No.177   HomePage
 すいません、ちょっと宣伝させてください。
 黒川さんも講師としてお呼びしております。

(1)就実大学史学会講演会
 11月21日(土)14:00〜
 就実大学 E402
 木村 重信氏(京都大学大サハラ学術探検隊長、大阪大学南太平洋学術調査交流隊長)
「美術史における和漢洋偏重からの脱皮とグローバリズム」

(2)吉備地方文化研究所講演会
 11月28日(土)13:30〜
 就実大学 附属図書館5階 AVホール
 湯山賢一氏(奈良国立博物館 館長)
「古代・中世の紙」

(3)史学会・考古学クラブ講演会
 12月19日(土)14:00〜
 場所 就実大学 A210
 黒川正剛氏(太成学院大学 准教授)
「西欧近世における魔女狩り」


来週です!! 苅米一志 - 2009/12/10(Thu) 09:51 No.187  

黒川正剛氏の講演は来週土曜です。
よろしくお願いいたします。


61回定例研究会 投稿者:まつくら 投稿日:2009/11/30(Mon) 18:40 No.184  
61回定例研究会も無事に終わりました、
ご参加のみなさま、ありがとうございました。
コメント、並びに発表者のお三方、本当におつかれさまでした。
たくさんの図像が見られて、面白い一日でした。

今回は遠方からお越しの方も多い回でした、
仙台から東京名古屋岡山まで、みなさまご無事にお帰りだったでしょうか。

次回は年明けに例会を準備中です。
また、大会を2月14日予定で進めております。
みなさまどうぞよろしくお願いいたします!


Re: 61回定例研究会 ささき - 2009/11/30(Mon) 21:28 No.185  

先ほど、仙台にもどりました。ああいった形式での発表は初めてでしたが、有意義な議論が出来てよかったです。また、久しぶりにお会いできた方々もいて、実に楽しいひとときでした。

今後とも、よろしくお願いします。


アトランティス・ミステリー 投稿者:黒川正剛 投稿日:2009/11/21(Sat) 00:18 No.179  
ご無沙汰しております。
(↓の苅米さんのご投稿と同時期になりました…
必ず適宜ご確認宜しくお願い致します。)

すでにご存じのお方も多いと存じますが、
庄子さんが、興味深いご著書を出版されました。

<p>
<img src="img080.jpg"alt="アトランティス"></p>

庄子大亮著、『アトランティス・ミステリー ―プラトンは何を伝えたかったのか』PHP新書、2009年

です。

私自身、入手したばかりで、
興味津津熟読中でありますが、

「真実」と「虚構」の問題が論じられており(「まえがき」)、
“怪異学”に示唆に富むと思われた次第です。

アトランティス伝説、神話、真実、虚構など目次を紐解きますと関心かきたてられます。


Re: アトランティス・ミステリー 黒川正剛 - 2009/11/21(Sat) 00:24 No.180  

庄子さんのご著書の表紙を
画像表示しようとしたところが、うまくいきませんでした。
失礼致しました。

PHPのサイト、

http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-77378-0

をご参照ください。


Re: アトランティス・ミステリー 佐野誠子 - 2009/11/25(Wed) 14:20 No.181  

<a href="http://www.php.co.jp/shinkan/ISBN978-4-569-77378-0.gif">

これで画像リンクできるかな?
なにはともあれ庄司さん、御著書刊行おめでとうございます。


Re: アトランティス・ミステリー まつくら - 2009/11/25(Wed) 23:37 No.182  



「アトランティス・ミステリー」

どうも画像がうまく貼り込めないようで。
ご迷惑お掛けしてます!m(__)m

庄司さん、おめでとうございます!*^_^*


鬼企画。 ありがとうございました 投稿者:久留島 投稿日:2009/09/14(Mon) 17:56 No.149  
昨日は皆さまお疲れ様でした、ありがとうございました。
「鬼」企画、お陰様にて、盛会のうちに開催、終了することができました。
報告者の清水先生、鷹巣先生、コメントをお願いした方々、また久々に遠方から来てくださった方々、初参加で来てくださった先生方、本当にありがとうございました。

考えてみれば、最初に口に出してから、9ヶ月以上たっているんですね。
実質動いたのは三ヶ月程度ですけれども。

それにしても予想以上に人が集まってくださり、また予想を超えて
報告者の方々との議論がシンクロしたのはまさに嬉しい驚きでした。
司会の側からはフロアがどのくらい盛り上がっていたのか、消化不良
なところがあったのではないか、と不安なところもありましたが、
参加者の方々に楽しんでいただけたのであれば幸いです。

次回の発表も決まり、いろいろと新しい道も見えてきたように思います。
今後はフロアの隅っこに戻りブツブツと鬼やら天狗やら呟いていたいと
思いますので、よろしくお願いいたします。


Re: 鬼企画。 ありがとうございました まつくら - 2009/09/15(Tue) 00:53 No.150  

ご参加のみなさま、おつかれさまでした。
遠方のみなさま、ご無事にお帰りでしたでしょうか。

昨日は本当に盛況で、楽しい例会となりました。
新しくいらして下さった方や、久しぶりに来て下さった方とお会いできたのが、まず何よりうれしかったです。

またいろいろと新しいこともできそうで、これからが楽しみな感じになりました。
清水先生、鷹巣先生、久留島くん、ありがとうございました。
またぜひよろしくお願いいたします!

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |

NO: PASS:

東アジア恠異学会
無料掲示板レンタル「ADVEN-BBS」/3/25更新/沖縄食べ歩き
original:KENT