056219
東アジア恠異学会掲示板
東アジア恠異学会掲示板です。自由に活用してください。
携帯電話にも対応しています。
※不適切な書き込み等は予告なく削除される場合がありますので、予めご了承ください。
[トップページへ] [留意事項] [ワード検索] [携帯に掲示板アドレスを送信] [管理用]
名前
Eメール (任意)
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内・記事の修正削除に必要です)
投稿キー(投稿時 を入力してください・スパム対策です)
文字色

新年度 投稿者:まつくら 投稿日:2010/03/28(Sun) 04:04 No.219  
本日は、ご発表の大川さん、ご参加のみなさま、おつかれさまでした。
大川さんと懇親会でゆっくりお話できなかったのが残念でしたが、
またぜひご一緒できたら、と思います。ありがとうございました。

次回は4月の18日を予定しております。
速報で、まだ変更の可能性がありますのでご注意下さい。
正式に決まり次第、またお知らせが届きます。

新年度も心機一転して、どうぞよろしくお願いいたします!


Re: 新年度 大川 - 2010/03/30(Tue) 10:53 No.220  

東北大学の大川です。
この度は貴会にて発表させていただき、まことにありがとうございました。
まとまりのないラフスケッチでしたが、各位から有益なご意見を賜ることができ、大変勉強になりました。
懇親会で(むしろこちらを楽しみにしてきたのですが)皆様とお話することでできず、たいへん残念でしたが、またお会いできることもあるか思いますので、その折りにはご指導・ご鞭撻賜りたくお願い申し上げます。


ホームページ改装のおしらせ 投稿者:まつくら 投稿日:2010/03/17(Wed) 23:03 No.218  
ただいま、サイト改装のため、ご不便をおかけしている部分があるかと思います。
新年度に向けて改装予定で進めております、どうぞよろしくお願いいたします。
ホームページへのご意見ご要望も受け付け中です。

掲示板への書き込みは、どうぞお気軽に。(^_^)☆


総会・例会 投稿者:まつくら 投稿日:2010/03/17(Wed) 23:03 No.217  
いよいよ来週末となりました。
みなさまふるってご参加ください!

東アジア恠異学会第63回定例研究会・総会
日時:2010年3月27日(土)
時間:総会13時半〜、研究会15時〜
場所:園田学園女子大学

よろしくお願いいたします。


無題 投稿者:久留島 投稿日:2010/03/01(Mon) 11:37 No.216  
皆さま、大会ではお疲れさまでした。懇親会ではお先に失礼して申し訳ありませんでした。
当日の議論は、問題意識は同じで、主に歴史学と民俗学との言葉遣いの違いに起因しているように見えました。特に飯倉さんのご報告にあった、古代の、恠異と書かれないフシギなコト、に関しては、古典国文学の立場からすると入会以来の課題だと思っております。個人的関心からは、「鬼」「天狗」の出現といった具体例からこれからも考えていきたいと思います。

さて、説話・伝承学会公式ブログ(http://jsft.exblog.jp/12759970/)に春季大会のお知らせが掲示されておりましたので貼り付けておきます。
シンポジウムに榎村さんが参加されるほか、飯倉さん他、学会に近しいお名前がいくつか。ご都合がつけばご参加ください。

*

開催日 2010年4月24日(土)〜25日(日)
会 場 花園大学(〒604-8456 京都市中京区西ノ京壺ノ内町8-1)

第1日目 4月24日(土)
公開講演会   自適館3階   14:00〜16:30
開会の辞     花園大学  丸山 顕徳

◇ 「英雄はおさな子」―ユーラシアの英雄叙事詩について
          千葉大学名誉教授  荻原 眞子

◇ 白隠と説法
  花園大学国際禅学研究所副所長・教授  芳澤 勝弘

総会     16:35〜17:30
懇親会    真人館地下食堂   17:35〜19:30

第2日目 4月25日(日)
研究発表会  9:30〜11:55
 第1会場 自適館3階

◇ 中世絵巻における差別意識の絵画表現―身体・行為・しぐさから―
          神奈川大学(大学院生)  内藤 久義

◇ 説話と地誌の間―『考訂今昔物語』の例から―
          同志社大学(大学院生)  雨野 弥生

◇ 燈台鬼説話と都市伝説
  国際日本文化研究センター(機関研究員)  飯倉 義之

 第2会場 自適館2階

◇ 絵画と伝承に見る疫病神のイメージ―疱瘡と麻疹―
      総合研究大学院大学(大学院生)  荻野 夏木

◇ 沖縄県宮古島北部の祭祀儀礼―狩俣、大神島における儀礼の伝承―
          名古屋大学(大学院生)  川田 桂

◇ 内モンゴル・ホルチン地方の成巫過程
          千葉大学(大学院生)  サラン・ゴワ

 第3会場 自適館2階

◇ イタリア中世の地獄巡り物語における橋のトポス
     大阪大学(大学院生)  ガルヴァーニョ・ラウラ

◇ グリーンマンと中世の森
          関西大学(非常勤講師)  溝井 裕一

◇ 聖者トゥルシーダース伝の変容
          大阪大学  長崎 広子

公開シンポジウム   自適館3階  13:30〜17:30

テーマ「宇宙の神話―太陽・月・星―」
太陽・月・星などの宇宙の神の観念とその神話は世界共通ではない。それぞれの地域の神話の特色と相違を通して、これまでの研究成果と今後の課題を浮き彫りにしたい。

◇ 日月の争いと星々の神話
          東北大学大学院准教授  山田 仁史
◇ 伊勢と太陽信仰
          斎宮歴史博物館学芸課長  榎村 寛之
◇ 太陽神をめぐるギリシア神話
          京都大学名誉教授  中務 哲郎
司会   南山大学教授  加藤 隆浩
   花園大学教授  丸山 顕徳

閉会の辞     天理大学  齊藤 純


次回総会 投稿者:まつくら 投稿日:2010/02/16(Tue) 23:35 No.215  
大会ではみなさま、おつかれさまでした。
今年度の総会は、大会と同時ではなく次回3月の例会時に行います。
3月の例会は、27日を予定しております。
東北大の大川さんをお迎えしてご発表いただきます。
みなさまどうぞご参加くださいますよう、よろしくお願いいたします。


明日の大会 投稿者:まつくら 投稿日:2010/02/13(Sat) 20:06 No.214  
明日の大会は13時から、関西学院大学にて行われます。
「研究会案内」にもお知らせが載せてありますので、そちらもご確認下さい。

2010年2月14日(日)13時〜
関西学院大学上ヶ原キャンパスF号館102教室

*当日は大会は18時頃まで、その後懇親会が予定されております。

しばらくまた、冷え込む日が続いております。
遠方からいらっしゃるみなさま、どうぞお気を付けてお越し下さいませ!


大会要旨について 投稿者:高谷知佳 投稿日:2010/01/28(Thu) 06:38 No.207  
大会要旨、拝受しました。
議論の射程を明確にしていただき、執筆者の一人として、身が引き締まる思いです。

しかしながら、このようなことを申し上げるのは恐縮ですが、この要旨を拝見すると、私が執筆者として伺っていた『怪異学の可能性』刊行の趣旨に対し、根本的な誤解があるように思われます。

>本書のほとんどが歴史学関係の研究者によって執筆されているという、構成の偏り
>過去の定例研究会を顧みれば、歴史学以外からも報告が多数積み重ねられてきた。はたしてそれらを充分に吸収・総合した上での「成果の集成」と言えるのかどうかなど、本書を主導している関心のあり方からして議論の余地があるのかもしれない。

『怪異学の可能性』は決して、東アジア恠異学会の成果のすべてを「総合した」ものではないと存じます。大会要旨にも、序論のキーワードを引用していただいていますが、ここはまさに「本書を主導する関心」を明確に示す部分ですので、改めて全文を引用いたします。

>「以上、本書は、現代において「怪異史料」と通称される「不思議な記録」の歴史的変遷と、その国家・社会・文化との関係を、極力先入観を排し、時代を追ってリレー式に論じ、前近代における「怪異学」を論じることを目標にしている。これは、東アジア恠異学会の現時点での成果の集成であるとともに、これからの叩き台としての会の内外に向けて発信するものであり、外国史・国文学・民俗学・文化人類学、その他の学問分野において怪異を研究する際の「定点」として使われることを期待するものである。」

この前半部分に示されていますように、これまでの大会や例会の議論を通して、歴史学からは「怪異」を通史的に捉える見通しが立ったことを踏まえ、「歴史学からの」議論の集成・発信として『怪異学の可能性』を出版する。これが編集特別委員の榎村先生から承った趣旨であり、私もそれにもとづいて執筆いたしました。
学際的な研究は、東アジア恠異学会の重視するところです。しかしそれは、やみくもに越境するのではなく、自らの専門分野を研鑽し発信すること、そして他の分野のメンバーからの発信を、自らの専門分野の知見を活かし、責任を持って受け止めることです。『怪異学の可能性』はまさに、歴史学からの、「叩き台として」「内外への」発信、すなわち東アジア恠異学会の他分野のメンバーに対しても発信するもの、ととらえておりました。ですから、今回の書評会の顔ぶれを拝見し、民俗学のメンバーからの感想やレスポンスがいただけるものと考えておりました。

従って、「『怪異学の可能性』が、分野として偏っている」という批判から書評が始まるならば、それは生産的な議論とはなりえません。どうかこの点について、ご理解をいただけますよう、失礼ながら掲示板にて書き込みをさせていただきました。
充実した議論になることを願っております。


2月の 投稿者:まつくら 投稿日:2010/01/27(Wed) 00:54 No.206  
2月の書評大会につきまして、いろいろとお知らせが届いているかと思います。
ご連絡が届かない方などいらっしゃいましたら、事務局までお知らせください。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |

NO: PASS:

東アジア恠異学会
無料掲示板レンタル「ADVEN-BBS」/3/25更新/ジゴロウぬいぐるみ
original:KENT