[掲示板に戻る]

▽以下は記事NO. 00005です。
丸見えです。 投稿者:おっぱいです。 投稿日:2018/02/12(Mon) 19:35 No.5  
JKは中出しされてしまったのです。 
ヒモパンをはいてきて男達を誘っていたのです。
まったく、遊んでいなさそうな清純な娘を犯しました。 
sexが出来なかったのです。
すぐにJKが中出しされた動画を見るように言いました。
抱くことを我慢していたことに気付いてほしかったのです。
そんなことを悩むよりも、何も考えないほうがいいです。
ナイスボディを抱けばいいのです。
もちろんモロ出しにしてもらいました。
精液を出し終えると力尽きてベッドに倒れこんだのです。
見せて、こちらの気を引こうとします。
問いかけを気にせず、行為の続けてました。
アナルに挿入しているところを見たかったのです。
それに気付きながら、意地を張って下着を脱ごうとしません。
快感を味わえるかもしれません。
乳首を見ました。
どうにか説得して、JKに中出しすることができました。
たいてい猥褻な行為をしてくるのです。
何日か待ってみて、その気になったら見せてくれるはずです。
可愛らしいサイズのを取り出しました。
青姦に応じなかったのです。
部屋で一人になることが多かったのです。
そして何のためらいも無く股を開いて見せたのです。
明日にでも会えたら、クンニをするつもりでいたのです。
そして、裏ビデオを見ているうちに気持ちよくなるのです。
パイズリをしてくれと頼みました。
思いっきり抱きしめてしまったでしょう。
中出しをすることにしました。
振りたくって暴れる腰を楽しそうに引き寄せたのです。
ちょっと期待してたので、とても残念でした。
両膝を立てながら座っていたのです。
通りでナンパしている姿が目に入ったのです。
やめたほうがいいと言ってあげました。
ようやく今までの自分の浅はかさに気付かされたのです。
もし、JKに中出しするのなら遠慮なんかしてられません。
薄い水色をはいていました。
なんだか優しく抱かれているような感じです。
激しく抵抗すればするほど、皮肉にも楽しませる結果となっていました。
いきなり、エッチをしようとしてきたのです。
相手を思いっきり叩いて防いだのです。
18歳が望むので体に触れました。
いつもやりまくっていたから体が寂しくなると我慢できなくなるのです。
写メを見て軽い気分になりました。
今は、フェラチオさせることに集中していました。
暖かくて心地よい感覚でした。
汚辱に泣き叫ぶ姿を想像して早くも爆発しそうなほどに勃起させていました。
すけべな事ばかり考えてしまいます。
クリトリスを見せてくれました。
興奮することが出来そうな気がします。
その気になればJKに中出しすることができるのです。
まったく的外れな愛撫をして、上手いと勘違いしていたのです。
それから、M字開脚したのです。
その様子を眺めながら、30分も勃起していたのです。
想像していたよりも乱暴に扱われたのです。
もっと膣の奥に入れて欲しくなるのです。
転んでしまい膝を摩りながら立ち上がったのです。
まずは流出したのを見たのです。
セーラー服のスカートは、とても短かったのです。
自然な感じで、恥丘を強調しました。
気持ちいいふりをしていただけで、もやもやが残る体を持て余してました。
ちょっとしたことで、バックでしたくなったのです。
男の人を悩殺するようなポーズでした。
生挿入されることで興奮していたのです。
静かにゆっくりと穴に入れました。
あんなにも愛らしい仕草をするのを初めて見ました。
いきなり抜かれてしまったのです。
巨乳を見ていました。
そんな相手がいたとしても絶対に巡り合えないと心のどこかで思っていました。
思わず鷲づかみにしたくなったのです。
気分次第で変わることもあります。
まんこを見せてくれました。
つまり、興奮することができません。
口からひきつった悲鳴が洩れました。
レイプするのを止めろと言われたのです。
若いというだけで、感じてしまいます。
快感が、かすかに下腹部全体に伝わりました。
服を脱ぐことも無く悪戯に時間だけが過ぎていきました。
遠慮せずに桃尻に触れてました。
意味不明な発言をしていました。
丸見えにしてもらったのです。
突き立てた中指が穴の中心で回転を始めました。
とても、鎮めることは出来ませんでした。
少しでもいいから、お尻を触りたかったのです。
しばらくすると物足りなくなりました。
いざとなったら冷たい態度になることは知っていたので、色恋沙汰には至りませんでした。
それで、JKに中出しする動画を見てしまうのです。
相手が処女でないことを知りました。
とても残念な気持ちになります。
過去にアナルを舐めた経験があります。
痛いのは最初だけだ、すぐに慣れて気持ち良くなるはずです。
そんな色欲など、どこかにいってしまいました。
もっと時間をかければ、良いが撮れるでしょう。
すでにパンツをはいていないことはわかってました。
どんな風に喜ばすのか知りたくなったのです。
リアルに触られると感じてしまうのです。
感度もだんだんと良くなっていました。
これから抱き合うので、少しでも綺麗なパンツをはいておきたかったのです。
股がしびれる快感に包まれていました。
下着は脱がないと言われ、怒りに震えたたことがあります。
どうしても、JKに中出しするのを止められなかったのです。
思いを遂げるために待ち伏せすることにしたのです。
ゆっくりと深く突いたり浅く突いたりしたのです。
ようやく、草むらに連れ込むことができました。
これで思いが遂げられると安心しました。
背筋がよじれ歯を鳴らしながら、表情が苦痛に歪んでいきました。
やりたくて我慢できない時は、援助交際をすることにしています。
そして、膣を指で開いたのです。
その時はすぐに挿入して、射精するしかありませんでした。
このまま良い時期が過ぎてしまうのが残念でならないのです。
何回も個人撮影をしたので疲れてしまったのです。
裸になってもらって、体に触ることができました。
気分が良くなるかもしれません。
少し入れては僅かに戻しながら指をゆっくりと埋めていきました。
中出しをしたい気持ちになったのです。
そうなったら、もう止めようが無いのです。
生ハメをさせてくれたのです。
照れている風でもなく、いつも通りの表情で下着に手をかけてきました。
きっと、意外に思われるかもしれません。
ぞくぞくっと快感が背筋を走るのです。
今は、モザ無しを見ることに興味を持っています。
中指の根元までが、すっぽりと排泄口に埋まっていました。
いつも通りのことなので気にはしていません。
いきなり、キスすることを求めてきたのです。
現実の方に意識が戻ってきました。
この瞬間だけそういう気になっただけで、明日には忘れているでしょう。
無修正のDVDを見ることを我慢できると思ってました。
今からでもいいから、乱交したかったのです。
一緒に撮るため、取り出しました。
愛液が溜まり始め、したたり落ちようとする寸前にまで反応していたのです。
ザーメンを中出し、してしまいました。
家に帰ってきても、興奮は冷めなかったのです。
その気にさせるためには、巨乳を触れたのです。
十分に愛撫してあげるのです。
正直、できるわけないというのが最初の感想だったのです。
16歳になったので、抱き寄せました。
拒まれないなとわかったら、すぐに脱がします。
気が変らないうちに自分を奮い立たせたのです。
愛撫だけで濡らしてしまったことに気づき、顔を真赤に染めて号泣したのです。
出会い系掲示板に投稿することにしました。
今はJKが中出しされた動画を見ることを少し我慢してました。。
生挿入してしまったのです。
枕に肘をついて上体をおこし、ようやくこちらを見たのです。
もう二日もたつのに忘れることができません。
暇になるとレイプされたことを思い出します。
それで悲しい気分になるのです。
気を静めるためにアイマスクをさせたのですが、かえって興奮してしまったみたいです。
背中に腕を回して爪を立てました。
立たせたまま太股をいっぱいに広げさせました。
こんなにも近くで見たことはありません。
情事の後の気だるい体を横たえたまま、顔だけ向けていました。
ともかく気が遠くなりかけたのです。
それから、中出しをしてくれたのです。
援交してくれるかもと思ったら、興奮してきたのです。
指を入れられただけで感じてしまったことに哀れさえ漂わせていました。
それで性欲が高まったのです。
裏ビデオを見ることで性欲を鎮めるのでした。
つまり、偶然を装い巨乳に触れました。
気は合うものの、1年くらいは恋愛感情が無かったのです。
相手の気持ちを探ったのです。
いつでも、モロ出しにしてくれるのです。
いまいち気分が乗りません。
結局は勢いで、中出しをしてしまったのです。
刺激に意志とは無関係に反応してしまうのです。
二人の関係を続けることができる気がします。
日頃から気になっていたのです。
アダルトを見たことがあるか聞いてみようと思いました。
服装から目立った遊びはしていなかったことが分かりました。
今まで援交で、色々やってきました。
ハメ撮りをすることは、どうしてもできないのです。
今は、無修正のDVDを見ることで興奮を高めます。
昨夜も縛られたままの状態で犯され続けたのです。
細く形のいい足があらわになりました。
つまり裏ビデオを見ていたのです。
生理が始まって、気分が優れず家にいました。
なんとなく印象に残らない格好をしてました。
乱れた服を整えてから出ました。
また、JKに中出しする動画を見れたのです。
体の調子がすごく良くなります。
こんなに可愛い顔をしているのに、これから甚振られるのです。
股間にある一番敏感なところをいじり始めました。
無料の画像を見たことを隠していたのです。
強く抱きしめて、じっと相手の顔を見つめていました。
このままセックスしてもいいと思いました。
恋人同士になっても、すぐに抱くことはしなかったのです。
ようするに好きになってしまったのです。
ハメ撮りされても構わないと思うようになるのです。
それで、気が緩んでしまったのです。
愛液の量も多く、泣きながら何度も昇りつめてしまったのです。
JK中出しされてしまうかもしれません。
それから、ありとあらゆるところを刺激しました。
結局は、輪姦してしまったのです。
それから関係を持つようになったのです。
どこかで意識してしまう自分に気付いて甘く切ない気持ちになったのです。
それが長く続かないことは予想できました。
放尿しているところを見せてくれました。
それが、すごくうれしかったです。
その淫らな反応がさらに嗜虐心を煽りたてたのです。
次に会う時は必ず本番をしようと考えたのです。
甘えた声で、お願いしたのです。
おっぱいを吸ってくれたのです。
あまりにも美人だったので言葉を無くしてしまいました。
それから、中出しをしたのです。
かえってそんな状況を楽んでいるようでした。
どうしようか、聞き耳を立てていました。
また、無料の画像を見たくなったのです。
中に出し終わったから、ちゃんと後始末をしてあげました。
きっと、愛撫するのが上手くなったのです。
17歳になって、色々なことを試しているみたいです。
つまり、処女喪失させたのです。
挿入されたような気がするのですが、あまりよく覚えていません。
あきれられるぐらい大きな声をあげてました。
そして、無修正のDVDを見て気持ち良くなったのです。
そんなこと、あり得ないと思います。
JKに中出ししたら、すぐに萎えてしまいました。
責める側からすれば、これほど面白いことはないのです。
その状態から、巨乳を愛撫することができたのです。
どうしたらいいかわからなくて立ちすくんでいました。
妹と近親相姦しているだろうと言ってきたのです。
比較にならないくらいの快感でした。
寝ぼけていたせいで間違って濃厚なキスをされてしまったのです。
膝の上に座らせようとしました。
いつもセックスをすることを考えてました。
ようやく、援助交際できるような気がするのです。
あとちょっとのところで萎えてしまうのです。
その一言一言は、憎らしいほど的確に羞恥心を煽りたてました。
3Pをするつもりでいたのです。
しかし、全てのことが無駄に終わりました。
断わりも無く、中出しをしました。
それに気付いてしまい、急に怒りが込み上げてきたのです。
問答無用で平手打ちにして、二度と会わないことを切実に祈りました。
個人撮影をすることにしました。
それをすけべと思うのは、まったくの誤解です。
黙ったまま入り口のほうに行きます。
丸見えにしてくれたのです。
みじめな思いで満たされながら、少しずつ絶望の淵へと追い込まれたのです。
どうしてもオメコを舐めたくなりました。
そんなことが何回もあったんです。
個室に連れ込むと、鍵をかけました。
本当に自撮りしたものを渡してくれるとは思えません。
過去にあったある出来事のせいで、恋愛から遠ざかっていたのです。
自分が処女喪失させてしまったのです。
不審に思いながら、ついていきました。
たちまち濡れてしまいました。
今となっては別に気にすることでもありません。
さすがにこれだけ変態的な責めを続けられては、いずれ屈服してしまうでしょう。
もちろん、中出しをしたことを悔いてはいません。
過去に顔射されたことがありました。
それを思い出すと気分が落ち込みます。
最初から、するつもりでいたのです。
不意に腕が胸に接触して官能を呼び覚まされたのです。
フェラをしてもらえるのがいいですね。
無修正のDVDを見れました。
きっと好きになれると思うのです。
なんというか、援交をしたくてしかたがないのです。
健気なまでに誇りを守り通そうとしていました。
もしかしたら、女子高生を抱くことが出来るかもしれません。
そう思ったら興奮して眠れなくなりました。
そんな時に肩を叩かれたのです。
戸惑いながらも触れることの心地よさに溺れていきました。
もっと奥深いところに口内発射をしました。
口に腰を押し付けてきました。
上手く潮吹きさせることができたのです。
とりあえず顔出しをしないと納得しないとのことでした。
いつも流出したのを見ることができます。
モヤモヤした気持ちには勝てません。
セックスをしてあげたら、喜んでくれるでしょう。
モザイク無しを見たのです。
どんな話の流れでそんなことを言われたのか、いまいち思い出せないのです。
フェラをしたら、もっと感じられたかもしれません。
そんな大胆なこと、いつもならとてもできません。
手を抜くと、そのまま席を立ちました。
それから、中出しをしたのです。
本当に従順で淫乱な奴隷に成り果ててしまったのです。
お互いの関係は深くなると思うのです。
Twitterに投稿されたのを見ました。
無理やり、中出しをしたのです。
どこかうんざりした様子で帰るように言ったのです。
もっと興奮するのではないかなと思うのです。
やはり羞恥心が勝ってしまいました。
おまんこを見ることはできないでしょう。
こっそり個人撮影していたのです。
次々と体内に流れ込む液体の感触に我を失いかけていたのです。
気付かれて、やめてと言われました。
全裸で立っている姿をまじまじと見てました。
それが恥ずかしくて手で隠しました。
美少女に会いたくなったのです。
なぜ気だるそうにしていたかというと、好きではなかったからです。
中に手を入れるのをあきらめてくれました。
もう、隠すのは止めてにしました。
いきなりその気になってしまいました。
堪らず中出しをしたのです。
うわずった声をあげ、全身を揺らしてのたうっていました。
シックスナインをしたくなったのです。
やれそうな子に声をかけまくりました。
ついに流出したのを見て、射精することができたのです。
やっと、15歳になって、一緒にいられるようになりました。
それだけは、はっきりと憶えています。
何をしてもいいと思っていたのです。
肉体関係を結びたくなったのです。
服を無理に脱がせようとしたのです。
腰を揺り振っても、注入を止めることはできなかったのです。
その時に生ハメされました。
たまらなくなって声を上げたのでした。
意味のわからないことを叫んでいました。
叶うことのない片想いをしていることで鬱憤が溜まってました。
妊娠してもいいと覚悟を決めたのです。
その気持ちが揺らいでしまったのです。
それから、顔射をしやすくするため、こちらを向いてもらったのです。
汗ばんで苦悶の表情を浮かべているのを面白がって見物しているのです。
ようやく、素人に触ることができました。
つまり性欲が湧いてきました。
相手が気付いていなかったのです。
片想いが楽しいのは、実はほんのいっときのことです。
こっそりハメ撮りすることができました。
週に1回、会うだけでは物足らなかったのです。
いつも写真を撮って、それを別れた後に眺めてます。
階段の下に立って、見ることができないか窺いました。
話しながらも手は休みなく動き続けていたのです。
今でも、約束を破って処女喪失させてしまったことを引きずっています。
あわててミニスカートの上から手を押さえました。
気持ち悪いぐらいに濡れてきました。
一度も気持ちを伝えることができないまま別れてしまいました。



無料掲示板レンタル「ADVEN-BBS」/3/25更新/管理人ブログ
original:KENT