005839
ヤンと愉快な仲間たちへの投稿ページ
新しい投稿欄です。
[ヤンと愉快な仲間たち トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理者にメール] [管理用] []
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

お誕生日 投稿者:内田雅代 投稿日:2019/02/06(Wed) 09:38 No.118  
ヤン、純さん、お誕生日おめでとうございます!

まり子さん、今日は何か二人(?)の好きなものを作ったりされるのでしょうか?純さんはスリムでらしたけど、食べることに興味は持ってらしたのですか?お寿司ネタの「シャコ」のことを書いてらしたことは覚えているのですけど。
私は時々ツアーで山登りをしています。色々な参加者がいて「趣味はダイエット。特技はリバウンド」という人もいますし、80歳を過ぎてドンドン登ってらっしゃる人達もいます。健脚な人達に共通するのは食事を完食されることです。
まり子さんはほっそりしてらして憧れてしまうのですけど、食事はどうぞしっかりと召し上がってください。そして元気にお過ごしください。


Re: お誕生日 Mariko Machida - 2019/02/06(Wed) 19:20 No.119  

雅代さま

町田純の誕生日を覚えていてくださって、ありがとうございます。とても嬉しいです。
町田純は若い頃は細っそりしていましたが、その後は太ったり痩せたり、また太ったりと、頻繁に繰り返していました。ズボンがきつくて入らなくなって買い換える、今度はゆるゆるになって買い換える、の繰り返し。でも「趣味はダイエット、特技はリバウンド」とおっしゃる愉快な方のような余裕はなかったかな。かつて肝臓病に良いとされていた高タンパク・高カロリー・安静を実行して太ってしまったこともありました。安静を守れずに山登りもしましたが、帰ってきて高エネルギー食に戻ると体調も良くない。漢方の知識がある人の「肝臓病であろうとも食事も運動も適度にバランス良く」と言う助言に納得して、体重を元に戻したこともありました。
初めてのイスタンブール旅行の頃は、写真で見ると太り気味でした。むくんでいたのかもしれません。1年後の2回目のイスタンブール旅行の時は、随分細くなっています。(今、旅行記をホームページに載せる準備中です。)

食事で好きなものは、いたって一般的というか典型的というか、とんかつ、すき焼き、おでん、などなど。寿司や刺身も好きだったのでしょうが、私が苦手なのであまり食卓には上りませんでした。純がシャコを食べている記憶もありません。
とんかつは大好物で「ボクがとんかつを食べられなくなったら、終わりだな」と言っていたほどですが、移植手術後の純に頼まれて買って来たとんかつ弁当は、結局食べられずに終わってしまいました。

雅代さんもどうぞお元気で、山登りのことなどもお聞かせください。


Re: お誕生日 クリリン - 2019/02/07(Thu) 22:39 No.120  

まり子さん、雅代さん、こんばんは。お二人のやりとりを拝見して、参加したくなりました。割り込んでしまってごめんなさい〜クリリンです。純さんはトンカツがお好きだったんですね。ヤン君も好きだったのかな?猫は本当は魚より、肉が好きらしいですから。まり子さんが魚(生魚?)が苦手でいらしたことも思い出しました。イスタンブールのカモメ君のことも。そうそう、アンパンマンのやなせたかしさんの誕生日も二月六日(大正八年)だとか。話が飛んでしまいましたが、純さんのこと、ヤンの世界のこと、また楽しくお話ししたいものです。そして、以前は行けなかったハイキング(ゆるーい坂道ならOKかも)にも次回は参加したいです。雅代さん、そのときは先導をよろしくお願いします。まだまだ寒いですね。まり子さん、雅代さん、お身体を大切に、お会いできる日のことを楽しみにしています。


Re: お誕生日 Mariko Machida - 2019/02/08(Fri) 00:11 No.121  

皆さんの参加、大歓迎です!
クリリンさん、参加ありがとうございます。
そう、イスタンブールのカモメ君の生魚が苦手でパン(シミット)をボソボソ食べているところは、私がモデルでした。それから、イスタンブールのヤンが玉ねぎが嫌いなところは、純自身のことです。そうそう、純はアンパンも好きでしたよ。

数日前に受けとった、ちょっと嬉しいお知らせを紹介しましょう。
今年の初め、ロシア人留学生のマリアさんと知り合う機会がありました。完璧な日本語を話し、書く彼女は「ヤンとカワカマス」を読んで気に入って、ビブリオ・バトルで紹介したそうです。そして、読んでみたいという人をたくさん獲得して、バトルに勝ったそうなのです。この知らせは、純への素敵な誕生日プレゼントになりました。

次はみんなで大山に行きましょう、と言いながら、実行していませんでした<(_ _)> 雅代さん、またどうぞよろしくお願いします。


良いお年を! 投稿者:クリリン 投稿日:2018/12/31(Mon) 21:10 No.116  
まり子さん、今年もあと少しですね。
ヤンと愉快な仲間たちの楽しい会、今年のとってもいい思い出になりました。
本当にありがとうございました。
来年も楽しいことがたくさんありますように!
またヤン君たちの世界のことを語り合いたいです。
お健やかに良い年をお迎えください。



Re: 良いお年を! Mariko Machida - 2018/12/31(Mon) 23:19 No.117  

クリリンさん、お会いできて嬉しかったです!
来年もまた、お会いできますように。

クリリンさんはじめ、ヤンと愉快な仲間たちのみなさんと、たくさんお会いして、たくさんお話できる会をまた開きたいと思っています。

今年もありがとうございました。
来年もどうぞよろしく。良いお年を。


こんにちは 投稿者:平野 投稿日:2018/12/18(Tue) 07:15 No.114  
こんにちは。
サイトの「閣下とジャック」楽しく読ませていただいております。
ぬいぐるみのキャストが非常にバリエーションに富んでいて、驚くほど見ごたえがありますね。
(日本の元総理大臣まで!)

ジオシティーズがサービス停止するとニュースで知ったとき、ヤンのサイトはどうなるんだろう?とまず思い浮かびましたが、移行完了の事、安心いたしました。
ご苦労様でした。

あと、町田純さんの「ストレスいっぱいの子供たちにプレッシャーをかけるようなことはしたくない」という言葉には、はっとさせられました。
私自身は子供はおりませんが、子供と接するときはこの言葉を思い出して、なにかを押し付ける様なことはできるだけ避けるようにしたいと、強く思います。

次回皆様にお会いできる日を、気長に待たせて頂きます。
皆様におかれましても、お風邪など召しませんように。


Re: こんにちは Mariko Machida - 2018/12/18(Tue) 18:16 No.115  

平野さま
投稿ありがとうございます。
「閣下とジャック」は、9.11後のアメリカによるアフガニスタン攻撃・イラク戦争という状況の中で描かれたものです。町田純は、もはやヤンの世界(文学の世界)に籠もっていることが出来なくなりました。当時の状況の風刺が主なので、今ではピンと来ないこともあると思います。いえ、今の状況に即していないのではなく、より深く広くあるいは見えないところで当時の状況は進行しています。
ぬいぐるみも褒めていただいて、ありがとうございます。

ヤンのサイトは、ヤンと愉快な仲間たちのお一人URARAさんの大きなご助力もあって、ジオシティズから他のサーバーに移行することができました。ホッとしています。心配してくださって、有り難いです。

次回のヤンの会は来年になってしまいますが、お目にかかれることを楽しみにしています。


ヤンと愉快な仲間たちの会 投稿者:内田雅代 投稿日:2018/07/02(Mon) 12:48 No.111  
"ヤンと愉快な仲間たちの会"とっても楽しかったです。草原は寂しい風の吹き渡るところだけれども、純さんの世界はこんなに開かれているのだなと思いました。集まった方たちはそれぞれ個性豊かで独自のものを持ってらっしゃって、もっとお話しを聞きたくなりました。安倍政権やトルコ政権に怒ったり、ロシアやアルメニア、トルクメニスタンの話しなど、みんなで一緒に世界を旅してるようでした。ステキな壁掛けや絵に囲まれたヤンの小屋で、まり子さんの準備して下さったゴーゴル・モーゴルや紅茶を飲んでいるうちに、そんな気分になったのかも知れないです。
今回、地図なども使って「草原の祝祭」を説明していただき、作品を深く読んでいく面白さを知りました。サヴィンスキーってここにあるのだ、と思うと想像がいっそう広がっていきます。
お伺いするといつも妖精の部屋に迷い込んだ気がするのですけど、その住人のまり子さんも妖精のような方だな思いました。
今日は、片付けなどでお忙しくしてらっしゃっるのではないでしょうか。お疲れではないでしょうか。
こころが満たされる午後を本当にありがとうございました。


Re: ヤンと愉快な仲間たち... Mariko Machida - 2018/07/02(Mon) 16:53 No.112  

雅代さん
昨日はありがとうございました!とても楽しい時をいただいて、幸せでした。
雅代さんはじめ皆さんそれぞれ魅力的な方々で、もっともっとお話を伺いたかったです。次は皆さんのお話がメインの会も開きたいなぁ、と思っています。
期待を膨らませながら準備するのも、余韻に浸りながらのんびり後片付けするのも、また楽しいのです。
またお会いできる日を楽しみにしています。


「ジェレム、ジェレム」 投稿者:内田雅代 投稿日:2018/06/05(Tue) 10:04 No.109  
「ジェレム、ジェレム」を有難うございました。人間を描こうとされ「愛の場面も」構想されていたのですね。死との戦いも描いてらっしゃたのですね。まり子さんがこういう風に紹介されたことで純さんはどんなに喜んでいらっしゃることでしょう。「ジェレム、ジェレム 私は行った」。般若心経の最後の方で「掲諦」という言葉が繰り返されますけど、「往こう」という意味だそうです。ニセアカシアは小学校の校庭にあって葉っぱをちぎって遊びました。読みながら色んなことを思い出しました。ありがとうございました!クリリンさんの投稿は、いつも楽しいし読み方を教えてもらっています。純さんとまり子さんのまわりには、素敵な方たちが自然と集まってくるのですね。


Re: 「ジェレム、ジェレム... Mariko Machida - 2018/06/05(Tue) 22:13 No.110  

「ジェレム、ジェレム」を見てくださって、ありがとうございます。
ジェレム(私は行った)が般若心経の掲諦(往こう)と通じているとは驚きです。
ロマ語もインド・ヨーロッパ語系、サンスクリットもそうですから共通の語源から来ているのかもしれませんね。そういえばロマのシンボルマークは車輪です。インドから世界中に流浪していった自分たちの起源インドを思い起こさせるシンボルだそうです。仏教の法輪と同じ形です。
ホームページに載せてしまって、町田純はぶつぶつ言っているかもしれません。
思いつくままに、物語の順序に関係なくメモしたものですから、想像で並べるしかありません。矛盾した記述もありました。町田純が完成させていたら、カットした部分や大きく変更したところが沢山あったでしょう。
だから、「こんな不完全なものを載せて」と怒っているかも。
そんな風に思える時は、いつもちょっと意地悪く言うのです。
「逝ってしまったのだから、仕方ないわねぇ。遺された者の勝手に、もう文句も何も言えない……」って。
でも、町田純のお陰で、雅代さんやクリリンさんやたくさんの素敵な方たちに出会うことができました。ありがとう!

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |

NO: PASS:


無料掲示板レンタル「ADVEN-BBS」/右玉/将棋/ガジェット
original:KENT