159777
【検証:近未来交通地図】電子掲示板


tw
top

[●●●●【ログ一覧はコチラ】●●●●] [留意事項] [ワード検索] [携帯に掲示板アドレスを送信] [管理者にメール] [管理用] []
名前
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
イメージ
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー(投稿時 を入力してください)
文字色

千葉中央バス深夜急行「東京大網線」誕生! 投稿者---551planning (2017/08/29(Tue) 09:51) [No.1078]  
かなり興味深いです。

京成バス−【千葉中央バス】9/17より深夜急行バス「東京〜大網線」の運行を開始します
http://www.keiseibus.co.jp/info/upfiles/78745e00fa0728fac19b287001722fca.pdf

千葉中央バスが09/17(日)から、東京駅八重洲南口JR高速BT00:10発の千葉駅・鎌取駅・土気駅経由大網駅行深夜急行バス「東京大網線」を開業するというもの。千葉エリアは新宿土気線とほぼ同じ経路となります。

バスタ新宿          00:30
東京駅八重洲口   00:10

天台駅       00:45  01:22
作草部駅      00:46  01:23
千葉駅東口     00:53  01:30
千葉県庁前     00:58  01:35
松ヶ丘       01:08  01:45
千葉県がんセンター 01:13  01:50
赤井交差点     01:15  01:52
鎌取駅北口     01:20  01:57
千葉営業所          02:02
誉田駅       01:30  02:12
大椎台団地入口   01:38  02:20
創造の杜      01:42  02:24
あけぼの通り東   01:46
土気駅南口     01:48  02:30
大網駅       01:58

新宿土気線が深夜運賃未設定ということもあり、東京駅から鎌取駅までIC1400円(現金1500円)、大網駅まで1600円(1700円)な一方、新宿からは鎌取駅まで1150円(1250円)、大網駅まで1350円(1450円)とねじれが発生してしまうのにまず注目でしょうか。
一方、ビィー・トランセグループのマイタウンライナー外房大網線と比較すると、土気までIC2000円(現金2500円)、大網まで2400円(3000円)なのでかなり割安感が出てきます。この辺りは、去る06/05のビィー系深夜系統再編による津田沼千葉蘇我系統新設(八重洲口01:05発で千葉蘇我までIC2000円(現金2500円)、ほぼ同じ乗り場を01:18発の京成ミッドナイト・アロー千葉線(千葉駅3090円)を強く意識か)への意趣返し−とまでするのはさすがに極論でしょうかね。
加えて言うなれば、全日運行もポイントなところ、00:53着の千葉駅で途中乗車可能にすれば…とするのも素人考えになりましょうや。実は千葉駅からは00:50(平日)・01:30(全日)発の誉田駅行深夜バスがあるのですが、以遠は平日00:25発土気駅行がラストとなっているのでそのカバーになるほか、平日00:55発あすか交通マイタウンライナー千葉大網線をも横睨みできるというものでして。

ところで、現時点で自社サイトには未掲載も、グループトップの京成電鉄サイト、そして何故か京成バスサイトのほうがチラシ付で詳しかったりするリリース先行掲載が“京成グループとしての意思”とする?(まあリリース先行掲載だけならよくありがちだが)ならば、JR高速BT始発というのは目を惹きます。京成系バス停は平日だと他系統でかなり埋まっているとはいえ、時間的に1番なら空いていますし(高速道路への方向的に別途路線申請が必要だとしても、そもそもCCBは定期路線東京駅初参入)。確かにJR高速BTにはもとからの神奈中に加え、西東京バスと東武バスセントラルも乗り入れるようになりましたが、異なるのは窓口営業時間内の出発ということで自券機売りとなっていること。IC利用は直接乗車なので、直接払いでも良さそうなところですが、わざわざ組み込むのは次なる展開が有りや無しや?

チラシでは座席USBポート設置も謳われているところ、さては新車を奢ったか、このために…?というわけで、これはちょっと長い目で見たいなと久々血が騒いだのでした。


【リポート】JRBK東関東支店&多古台BT06/20始動!むしろ注目は航空科学博物館!? 投稿者---551planning (2015/05/27(Wed) 08:25) [No.1008]  
かねてより密かな注目を集めてきたJRバス関東のプロジェクトがいよいよ日の目を見ることに。その発端は2年弱前に遡ります。

バスターミナル構想浮上 鉄道ない多古の宅地開発地に 町長「来年度中に着工したい」〔千葉日報 2013/09/14〕

『町長は取材に対し、既に県内などに支店のある都内のバス会社と接触していることを認め、「できれば、来年度中にはターミナルの建設に着手したい」としている』という行で、ほぼJRBKに絞られていました(奇しくも京成バス本社の八幡移転は2013/09/17)。八日市場支店の移転が想起されるわけですが、位置的に成田空港も伺えるということで、思い切った展開が有りや無しや…なんて。結果、THEアクセス成田参入につながったわけですが。

多古町議会だより2014.8.25 vol.73−6月定例会 多古台の財産処分を可決 ジェイアールバス関東に譲渡
http://www.town.tako.chiba.jp/news_php/img/73_p0203m.pdf

バスターミナル工事費提案 多古町〔千葉日報 2014/09/09〕
JRバス関東 来月、格安高速バス参入 成田空港←→都心 京成と競争激化へ〔毎日 2014/11/20〕

毎日記事によって東関東支店となることが判明、約7650平米の敷地に車両整備工場、自動洗車機などを併設しバス30台駐車可能とありました。八日市場支店の閉鎖とともに、町が多古台バスターミナル(仮称)を整備することも記載されていました。

そして過日正式発表、支店・多古台BTともに06/20(土)オープンに。併せて東京駅〜富里・匝瑳線と地場路線である多古本線・栗源線のダイヤ改正も行われます。

ジェイアールバス関東(株)【東関東支店】営業開始[2015/05/25]
http://www.jrbuskanto.co.jp/topics03/post_421.html
多古町−バス路線に関する「生活交通維持・確保計画」等についてのお知らせ[2015/05/22]
http://www.town.tako.chiba.jp/topics/2845-1.html

個人的に瞠目したのはダイヤ改正の中身…多古台BTとともに“もうひとつの拠点”が整備されるではないですか!
高速バスは現行匝瑳市役所8往復+芝山千代田駅止8往復のところ、匝瑳市役所系統は全便多古台BT経由化、芝山千代田系統のうち1往復が多古台BT発着に延伸される一方で、残る7往復はその手前の航空博物館前止になり、芝山千代田駅には入らなくなります。路線バスのうち成田駅〜三里塚〜多古〜八日市場を結ぶ多古本線についても多古経由全便の多古台BT経由化の一方で、成田口の拠点であった三里塚止系統について、こちらは航空博物館前まで延伸となります。
多古台BTには100台規模とされる利用者用駐車場が整備されますが、航空博物館前にも「利用者向け無料駐車場」が新設されることに!現地に行かれたことはお判りでしょうが周辺は完全な業務用地、むしろ今なお終日警備車両も走り回る場所ということもあり…コレには驚かされました。どちらかといえば三里塚ないし芝山千代田駅のほうが住家もあるわけですが、芝山エリアの拠点として育てる意向なのか、そもそも用地があったっけな、とも。なんとも気になります。

***
というわけで前置きが長くなりましたが、矢も盾もたまらず行って参りました。

JRBK東関東支店&多古台BT06/20始動!むしろ注目は航空科学博物館!?
http://ken-show.net/gallery/report/20150502.html


【リポート】開業初日朝の光景&一番陽の長い時季だからこそ… 投稿者---551planning (2015/07/04(Sat) 15:59) [No.1010]  

ひょんな事から06/20開業初日の朝に出張ることに。ならばいっそ前日ラストとなるホテル日航成田行最終便に乗ってからの3TBビバークorレンタカーピックアップ等々検討も、結局は早朝の京成本線普通で延々揺られて行くことに…。

開業初日朝の光景&一番陽の長い時季だからこそ…
http://ken-show.net/gallery/report/20150502.html#l-02

次回再訪は多古台通り向かいに秋にもとされるフードマーケットカスミほかのオープン後かな…。


芝山町議会だより斜め読み 投稿者---551planning (2015/07/05(Sun) 13:00) [No.1011]  

多古台BT&航空科学博物館リポートで『個人的には周辺観光面として、空港〜さくらの山〜三里塚(御料牧場記念館)〜さくらの丘〜航空科学博物館・風和里しばやま〜芝山千代田駅〜空港間の循環系統なんぞを期待するものですが』としましたが、関連で検索していたら「芝山町議会だより」がヒットしまして。しかも綺麗に1ページにまとまってるし。


公共交通充実に向けての7つの提案

芝山あいあいタクシー
問:山中、高谷、殿部田、バルールド、はにわ台団地、あけぼの団地の方々からの要望で始まった定時運行を1年で廃止したが、時期尚早ではなかったか。
答:【町長】利用者が少なかったので今年4月に廃止しました。また、定時運行に変え12時台の運行を再開したが極端に利用が少ないので今後も周知に努めていきたい。

空港シャトルバス
問:観光の面からも運行ルートを「空の駅風和里しばやま」経由にすべきと提案するがいかがか。
答:【町長】ルート変更は難しいと認識しています。「空の駅」は道路、駐車場、他の空き地について、様々な施策を組んでいますので、それらを見きわめさせてもらいたい。

芝山ふれあいバス
問:利用者の少ない土日を運休すれば、相当額の費用が節約でき、その費用があれば十分利用者の希望に添った時間延長が可能となるがいかがか。
答:【町長】土日の利用状況は平日の約半分の30人です。9月に高校生アンケート調査を行いますので結果も考慮しながら検討していきたい。

JRバス「多古本線」
問:芝山千代田駅前のにぎわい等のためにも、芝山千代田駅の近くを通っている12往復全便を、芝山千代田駅経由できないか。
答:【町長】JRバスに毎年要望していますが実現しておりません。引き続き要望していきたい。

高速バス
問:閑散とした「空の駅」、夜間人気のない「空の駅」のにぎわいのためにも、16復往全便を、「空の駅風和里しばやま」経由にできないか。また、(仮称)第2駐車場を開放すれば町民も利用しやすくなるがいかがか。
答:【町長】高速バスを利用する人は東京に向かう人で「空の駅」での買い物等の利用はないと思います。高速バスの利用者は利用勝手が良くなりますが「空の駅」にはデメリットはあってもメリットはないと考えます。

成田空港交通「南部線」
問:空港第2ビルと空南工業団地を往復している43便を、「空の駅風和里しばやま」経由にすることはできないか。
答:【町長】バスを使って「空の駅」に行く人は非常に少ないと思います。利用者は早く工業団地に行き、早く自宅に帰りたい方々です。

多古町シャトルバス
問:加茂、白桝、住母家、千代田地区を通過しているが、通勤・通学者はもとより町民のために停留所を設置できないか。
答:【町長】多古町の理解がなければ設置できません。多古町に負担金を支払って停留所をつくるメリットはないと考えます。

芝山議会だより第97号(2012年11月1日発行)−P5より全文転載
http://www.town.shibayama.lg.jp/0000001522.html


…そう、これは3年近く前の議会でのやりとりなんですね。町主導の案件についてはまだしも、他のモードに関してはなんとも歯痒いというか後ろ向きな答弁にも思えてしまうものですが、これが現実ということなのでしょうか。
ちなみにエリアでは芝山町主導で山武市・横芝光町・多古町と連携する「成田国際空港南部地域公共交通会議」が2009/03に発足し、翌年には総合連携計画がまとめられ「成田国際空港南部地域と成田空港が連携する広域的有機的な公共交通ネットワークを構築する」ともされているのですが…。

芝山町−地域公共交通活性化協議会の概要
http://www.town.shibayama.lg.jp/0000001359.html

その意味で今回のJRBKの施策は注目されるところ、最新の議会だよりを見ると−


問:JR成田線から航空科学博物館JRバス直行便の経緯と駐車場の確保について。
答(企画政策担当課長):JR関東の路線見直しによる。航空科学博物館の駐車場は無料で使用できます。

問:JRバスの路線変更に伴い、公共交通会議を開催し、地域公共交通の活性化について検討するのか。また町内と博物館を結ぶアクセスはどう考えているか。
答(町長):今後、抜本的な見直しを視野に入れて検討します。

問:今回のバスの所要時間とJRへの町からの助成はするのか。
答(企画政策担当課長):成田市の空の駅物産会館を経由し、1日5便の運行となります。時刻表が来ていないので所要時間はわかりません。町からの助成措置はありません。

芝山議会だより第107号(2015年5月1日発行)P13−全員協議会質疑 02/17
http://www.town.shibayama.lg.jp/0000001522.html


と、情報こそ来ていたものの、やはり町として何かしら出来たということではなさそうなのか。JR路線バスに関しては議会だより106号でも多古本線の芝山千代田駅経由要望の進捗状況はとの問に「駅での乗降客が少なくルート変更はできないと回答を受けました」とありました。芝山千代田駅周辺では新しいまちづくり「芝山マイスタウン構想」もあるところ、周辺道路整備計画次第では路線バスルートの付け替えも現実味を帯びるとも思えるのですが…。

***
ちなみに、2010年まで斜め読みしてゆくといろいろ出てくるもので。
空の駅「風和里しばやま」に昨年設置された元2TBのシャトルシステム搬器2両についてはNAAから無償譲渡な一方で運送費と設置費で2883万円、シャトル前のウッドデッキ設置と芝生広場設備に別途1413万円が。2014/03時点では『1両は古墳を活用した町のPRと観光情報などの情報発信施設とし、もう1両は様々な活動ができるように喫茶店とかができる予定』としていたのが、/12には『シャトルシステムには制約が有りフードコート等は造ることは出来ない』『ドアの開閉が容易でなく安全性を考慮し週末限定で開放していきたい』『利用方法を検討する中で1両を観光案内所と利用する案もありましたが、法律に触れるので出来ませんが、利用方法は基本構想策定の中で総合的に判断し道筋を決定する、提案をしたい』とトーンダウン。そもそもNAAからの打診に飛びついた様子、『空港、オーチスの歴史でもあり次に通じる施策として(町長)自分の判断で計上』した2013年段階には、動くものなら空の駅と博物館の間を走らせると話題性があると思うが−との問に『将来的には考える必要がある』なんて返していたものですが。

一方で都度話題に上っている芝山鉄道のICカード対応については『初期費用で約6億円、毎年のランニングコストが2千万円〜3千万円と言われており、残念ながら導入の見込みが立たなく現在解決策がない状況です』と。2014/03に初代の三菱ふそうエアロバスから日野ブルーリボンワンステに代替わりした横芝空港シャトルバスについて2011年段階で『走行距離100万km時点、2007・08年度でオーバーホール、ボディーの修理、エアコンのオーバーホールなど行っている所であります。これから先どれくらい乗れるか、あと70万kmが可能なところです。中型にするかまたはリースで行うのか時間帯によって大きさを変えるか、年間に十万人以上の方々が、今シャトルバスを利用しています。なくすわけには多分いきません。方向性を近々のうちに示していきたい』ともされていたのでした。

***
都道府県・政令市レベルの議会議事録検索には向き合う機会もありましたが、斜め読みながら町議会だよりとこれだけ向き合ったのはそうない経験、いろいろと勉強になりました。勢い多古町や成田市についても…さすがにひとまず御勘弁を。


あれから丸2年…千葉交通の狙いや如何に? 投稿者---551planning (2017/06/14(Wed) 10:45) [No.1077]  

あれからもう丸2年経ってましたか…これは朗報かな?

千葉交通−多古・匝瑳地区〜東京駅間のアクセスが大幅に向上し更に便利に!「匝瑳・富里〜東京駅」線ダイヤ改正
http://www.chibakotsu.co.jp/pdf/information/170701HP002.pdf

2015/06/20の多古台BT開業による改正以来となります(2016/12/22に東京駅13:00発の10分繰り下げという修正あり)が、千葉交通便2往復の一部延伸というある意味地味な手直し。とはいえ、その時間帯がミソとなっています。東京行では航空博物館前始発便が多古台BT始発に、東京発では航空博物館前行最終便が匝瑳市役所まで延伸されるというもの。もう1往復は、東京発午前便の航空博物館前→匝瑳市役所延伸(多古台BTには午前中に着く)、東京行多古台BT発ラス前便が匝瑳市役所始発に(結果、1時間半の間に3便設定)ということでもう一声感が残るものの、ともあれ『多古地区及び匝瑳地区〜東京駅間のアクセスの利便性が大幅に向上します』とリリース文も勇ましく。
東京行始発便については、多古台BT04:51発のJR成田駅行始発便で航空科学博物館05:11→05:34乗継が出来ていたところではあるものの、そりゃ1本で行けるほうが良いに決まっているわけで。東京発最終便にしても、21:10発→多古台BT22:45・匝瑳市役所23:09着から70分繰り下げで22:20発→23:55・00:19着となり、多古台BTについては成田空港2TBからの空港シャトルバス(22:55発→23:15着)よりも遅くなるほか、八日市場着終電(東京21:53→22:26千葉22:36→23:37八日市場)よりも使い手はありそうな(蛇足ながら総武本線終電は東京23:04→23:42千葉23:50→00:43横芝があり、そこからのクルマが確保できれば…とも。加えて云うなれば、銚子東京線の旭ルート最終は八重洲22:30発→旭24:00・銚子24:38着、と)

そういや最近芝山止まりだったので、ちょいと足を伸ばしてみたくなりました。


成田空港にJRバス関東路線バスが! 投稿者---551planning (2017/03/24(Fri) 19:53) [No.1076]  
最初の情報は千葉交通からでした。

千葉交通−成田空港第2ターミナル 近郊路線バスの乗降所の移設について
http://www.chibakotsu.co.jp/pdf/information/160906HP010.pdf

NAAが2TBバス停の混雑緩和を図るため、近郊路線バスの乗降所を変更することに。現状、BT寄りレーン中央部の13番に成空交南部線と千交栗源線、空港シャトルバス、多古シャトルバス、酒々井PO線が、3番線に千交イオン成田線と横芝光町成田便が発着しているのを、ホテルバスレーンで再編された28番-A〜Cの3か所に移す(空港シャトルバス・多古シャトルバスはそのまま13番)というもの。28番-Aに成空交、-Bにアウトレット線、そして-Cは千交とJRバス関東三里塚線、定期観光バスが共用することに。

JRバス関東三里塚線?…現状多古本線として1TB発八日市場駅行1本が運行されているそれを指しているのか?2TBは非経由なれど…「バス停の混雑緩和」という意味では、成空交博物館線と千交イオン成田線、酒々井PO線が発着する1TB30番も…というかその隣、東京シャトルとTHEアクセス成田が出発する31番の活況を思えば…なんて妄想を広げてたりしてたのですが、流行言葉で云えば「事実は小説よりも奇なり」で?

JRバス関東−一般路線バス多古本線【JR成田駅〜成田空港間】運行開始
http://www.jrbuskanto.co.jp/topics/jr_10.html

多古本線といえば2015/06の八日市場支店→東関東支店移動・三里塚駅→航空博物館前拠点移設に伴う路線再編が行われたところ、今回、航空博物館前折返系統が延伸されることに。臨空ビル前、1TB・2TB、そして貨物管理ビル前が起終点となる由。それにしても空港内からA滑走路南端の三里塚さくらの丘、北端の成田市さくらの山公園が1本で結ばれることになるとは…。
なお、現行の成田空港→八日市場便に相当する乗継便等は考慮されないようで。まぁ実需は微妙でしたし。
https://twitter.com/551planning/status/613268221181865984

現時点で詳細が出ていない成空交とも一部路線経路が被るところなど、いろいろと気にさせられます。


京成バス、茂原線から撤退 投稿者---変速1段直結4段 (2017/03/23(Thu) 11:11) [No.1073]  
平成29年4月1日の高速バスダイヤ改正で、
茂原東京線から京成バスが撤退します。

よく、ここまで我慢したものです。
小湊担当便に変化がないのは、撤退
出来ない特別な理由でもあるのか…?


Re: 京成バス、茂原線から撤退 投稿者---551planning (2017/03/24(Fri) 15:14) [No.1075]  

変速1段直結4段様、情報有難うございます。それにしても小湊…元気、すなぁ。当方、先般池袋MOP線初便にも乗りましたし、久々血が騒ぐ思いです。

あ、茂原線はとんと御無沙汰な…こちらも考えておきます。


TIAT深夜早朝時間帯バス2017 投稿者---551planning (2017/03/24(Fri) 15:12) [No.1074]  
東空交サイトで一部情報が出ていたことから想像力を逞しくしていたところ、公式発表が来ました。

関東運輸局−羽田空港の深夜早朝アクセスバスを平成29年度も継続して運行します!〜更なる利便性向上を図るため、停留所の新設・運行ルートの見直しを行います〜
https://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/press/date/1703/0324/j1_p170324.pdf

現行ダイヤは2015/10/25改正をベースに、2016春の東京駅八重洲口鉄鋼ビルBT・バスタ新宿オープンに伴い一部修正が行われたものですが、2017/04改正では新たに大井町駅と新橋駅がラインナップに加わることに。
現行の羽田京急品川台場便の台場地区(大江戸温泉物語・グランドニッコー東京台場)が東空交一之江葛西東陽町豊洲有明便に移管され、経路も発/行ともにグランドニッコー東京台場→大江戸温泉物語→東京ベイ有明ワシントンホテルとぐるぐる…なおこれまで1240円だった有明ワシントンは他と揃えられ1040円に値下げとなります。
そして品川線が新橋品川大井町便に改組。大井町駅は品川地区と同じ1040円、新橋駅は東空交浅草秋葉原八重洲銀座系統の1860円より割安の1400円となるものの、これまでの高速車からノンステ一般車に“格下げ”では…川崎便や大森便が一般車で560円(IC割引552円)なんですから少しワリキレナイ気分にも−というのも城南エリアを棲処とする当方からすると力技ながら使い手がないわけではない、という切実さがつい加味されるもので。

…というわけで久々触発されて書き込んでみましたが、この春はネタがテンコ盛りなので、ぼちぼちと行きますかね。


【リポート】博多蔵本発深夜バスを見る〜天神の様子も少しばかり 投稿者---551planning (2016/11/20(Sun) 13:32) [No.1072]  
“福岡の夜”−との響きだけは何やら魅惑ありげですがそこは【検証:】、艶のない話にて何卒御勘弁の程。この度降って湧いた福岡行の余勢を駆って、念願だった深夜定点観測を敢行して参りました。

博多蔵本発深夜バスを見る〜天神の様子も少しばかり
http://ken-show.net/gallery/report/20161001.html


〔交通ジオメディア〕真に求められる鉄道運行情報とは…? 投稿者---551planning (2016/02/05(Fri) 13:35) [No.1044]  
2月4日朝、東急田園都市線ではトラブルが連続して発生し、午前いっぱいに渡りダイヤが大幅に乱れた。Web遅延証明書によると、上り線で最大70分、下り線でもラッシュ時に20分、10:00以降に最大60分遅れ、相互直通運転を行っている東京メトロ半蔵門線でも61分以上の遅れとされている。

東急運行情報ページを追ってみると、07:03に長津田駅で発生した車両故障による遅延を07:21に第1報、その時点で振替輸送実施を案内も、08:00段階で「大幅に遅れており所要時間の増加が発生」しているとして迂回乗車を呼びかけ。09:00段階では桜新町駅・宮前平駅での車内急病人対応、二子玉川駅でのドア挟まり安全確認の発生を明示したのだった。
田園都市線の朝ラッシュ時遅延は半ば常態化していて、優等列車の格下げ等ダイヤを“寝かせる”処置等により、人身事故などそれなりの時間抑止がかからない場合だと運行情報ページで案内されること自体あまりない印象なのだが、これまでにない積極的な情報提供に努めた印象は、去る01/18の降雪による旅客集中→駅入場規制などでの大混乱を踏まえてのものと推察する。
一方で東京メトロ半蔵門線はというと、08:00段階でようやく一部列車遅れを伝え、直後にダイヤ乱れと女性専用車両の中止、振替輸送の案内に変えたものの、以降も基本文面を変えることはなく、これが“通常対応”といったところだろう。

去る大雪時の混乱を踏まえて、今後各事業者の鉄道運行情報提供も変わる可能性が大きいと感じる。やはり駅入場規制で大混乱となった京王は、01/29夜以降の降雪予報に「お早目のご帰宅をお願い申し上げます」と案内をしていた。
鉄道運行情報は現状、「動いているか否か」の状況伝達が主になっているが、オープンソース化の中で列車個別の在線情報や遅延時分の提供がトレンド化。東急も昨年10月に一大リニューアルした「東急線アプリ」で全6路線の在線情報と池上・多摩川線を除く主要4路線の遅延時分表示を提供している。今回も10:00頃にちらと見たが、やはり軒並み50〜60分台の遅れとなっていた。

ただ、利用者として真に知りたい情報は、現時点での各列車の実遅延時分よりも「最寄り駅から乗って、目的地へ何時着くのか」「乗車区間で通常の乗車時分から何分遅れているのか」といった予測的なところではないだろうか。たまプラーザから次の電車に乗ると渋谷まで通常30分程度が10分ほど増延する…といった感じだろうか、その辺りはまだ“実用化”されているとは言い難い。
確かに次の列車が定刻から何分遅れていて、何駅前にいるのかといった情報提供も重要で、実用性としてはJR-E地方線区用のどこトレが最先端と感じるが、列車本数が格段に増える都市圏とはまたニーズが違うような気が、東急線アプリやJR東日本アプリから感じてしまうのだが。
ちなみに遅延時分提供においては、ことクローズドな印象が強い新幹線の運行情報で、JR CYBER STATIONが個別列車検索による遅延時分提供を十数年前から行っているものが出色というべきか。インターネット・サービス・プロバイダ契約をすれば個人でも全列車のほぼリアルタイムな運行情報を表示確認することができる。それを使ってか否か、最近のJR-C・-Wの運行情報ページ提供は主要駅段階での遅延時分を示すようになってきているが、これが理想形に近いスタイルとも感じる一方で、テキスト情報提供の難しさを改めて感じさせられてもいる。

支障路線・区間等のビジュアル化も一時トレンドになったが、スマホ全盛になって見せ方のさらなる工夫が求められるようになってからは一段落の感もある。この辺り、「交通ジオメディア」のブレイクスルーはドコから起きるだろうか。


Re: 〔交通ジオメディア〕真に求められる鉄道運行情報とは…? 投稿者---tnakama (2016/10/16(Sun) 22:35) [No.1071]   HomePage

現在の東急線アプリでは既に到着した列車が実際にかかった駅間の時間を表示する機能が結構前から実装されるようになっています。
……といっても自分が使う際にはあまり遅れることもないのでこれが役に立った試しはないのですが。
あと東急線アプリが東京メトロアプリおよびJR東日本アプリと連携するようになりましたが今のところ列車走行位置と時刻表のアプリ連携にとどまっており今後の展開が期待されます。


新機軸狙うも運用効率化ありき?3度目の新宿〜土気線ダイヤ改正 投稿者---551planning (2015/01/07(Wed) 09:15) [No.983]  
2012/08に運行を開始した京王&千葉中央バスによる新宿〜東京スカイツリータウン前〜鎌取・土気線。当初6往復で一部便がTST前を経由し、土気方面だけでなく新宿からの乗降対応と、個人的には京王グループとしてこのバス停を獲った意義に注目していたのですが、2012/12と2013/07の2度の改正を経てなお、折々にTwitter等で上がってくる状況の限りなかなか厳しい乗り具合の様子、もしや早晩…などと感じていたのですが、全く予想だにしなかった展開が!

京王−「新宿〜土気線」が新しく千葉駅に停車します(1/16〜ダイヤ改正)
http://www1.keio-bus.com/news.php?id=750

現行新宿発5/行4だったところ、路線では5往復に復調(CCBが1便増)。ただし誉田以遠は3往復に減便され、TST前経由便も1往復減の発3/行2に。行便が増えたとはいえ、うち2便は夜便と使い手がなかなかに難しい設定、2度目の改正で消えた早朝便も復活ならず、新宿発初便の2時間繰り上げ(09:00発TST経由から07:00発TST通過・鎌取止)含め、よくよく見ればさらなる運用効率重視が透けて見えます。
そんな中で新機軸と思われるのが、発5/行4の千葉駅乗り入れ、県庁と千葉県がんセンターにも停車します。それぞれ新宿から1250円(IC100円引)と、鎌取駅と同額ですか…。経路も気になりますが、千葉駅経由でも鎌取以遠を行便で22分増、発便では15分前後しか見ていないのは…その割に?土気発最終便は途中停留所通過、千葉営業所に寄りながら鎌取駅に寄らないというのも、回送を営業運行しますよ、という体に見えてしまったり。
なお、最初の改正で1時間繰り下げられ00:00発となっていた新宿発最終便を更に15分繰り下げ、現行に続きどうやら深夜運賃にはしない様子。千葉駅には01:15着で、鎌取・土気方面は現行より30分超繰り下がることとなりますが、対千葉駅での終電は中央・総武緩行線御茶ノ水乗継で00:10発→01:21着、IC799円…さてこちらもどうでしょ?

【検証:】過去ログ2012/07−全てが異色? 京王・千葉中央高速バス「新宿〜土気線」登場!
http://ken-show.net/topics/highway/log5-120701.html


Re: 新機軸狙うも運用効率化ありき?3度目の新宿〜土気線ダイヤ改正 投稿者---スカイアクセスライナー (2015/01/07(Wed) 23:47) [No.984]  


> 京王−「新宿〜土気線」が新しく千葉駅に停車します(1/16〜ダイヤ改正)
> そんな中で新機軸と思われるのが、発5/行4の千葉駅乗り入れ、県庁と千葉県がんセンターにも停車します。
>

なんか、このダイヤ見ていると効率もそうですが中心を客数によっては、千葉市南部から千葉駅中心にシフトしそうな気がしますね。

宣伝の仕方によっては千葉以東の総武本線や成田線からも利用できるので、自社以外の京成バスグループや京成千葉駅で接続する京成線でもPRできれば上手くいきそうな気もしますが、あまり宣伝が上手くない千葉中央バスはどのようなPR作戦ができるか見ものです。千葉駅は首都圏1都3県の県庁所在地駅の中で唯一、快速系では直通列車がない(一部のあずさやホームライナーは除く)ので需要はありそうな気もします。


Re: 新機軸狙うも運用効率化ありき?3度目の新宿〜土気線ダイヤ改正 投稿者---スカイアクセスライナー (2015/01/18(Sun) 20:43) [No.985]  

改正当日に新宿駅→千葉駅まで新宿駅20:15発の千葉営業所行きのバスに乗車してみました。今までは新宿駅出発が遅れることが多かったようですが、折り返しに余裕ができた分定刻どおりに発車しました
。新宿から私含めて6名乗車。1名はスカイツリーで下車しましたが
代わりにOL風の女性2名が千葉営業所まで乗車予定と告げていました。

私以外にも新設停留所下車利用(千葉県庁)がいたようです。京葉道路穴川インターで降りて千葉駅にはほぼ定刻通り到着しました。千葉駅にはバス停の隅っこに時刻表や千葉中央バスの案内所に千葉中央バスホームページに掲載されたお知らせを貼ってあっただけで千葉中央バス路線バスにも掲示は特に無し。もう少しターミナル駅である千葉駅でのPRをしないと厳しいかな?という気もします。また、総武本線や成田線沿線、京成千葉線車内でもバス車内やラッピング車などでPRすれば大化けしそうな気もするんですが。


京王撤退!どうなる土気千葉新宿線 投稿者---551planning (2016/09/08(Thu) 11:58) [No.1070]  

京王バス−【新宿〜土気線】運行便数の変更について(10/1〜 減便運行)
http://www.keio-bus.com/news.php?id=1227

現5往復(土気3往復・鎌取2往復)から京王バス東便が撤退し3往復(土気2往復・鎌取1往復)となります。

ちなみに需要旺盛な新宿発最終便は08/01から千葉都市モノレールの天台駅・作草部駅にも停車する小改正が行われていました。

ところで幕張メッセ臨時高速バスは京王も担当してましたよね…どうするんだろ。


今夏もANAギャラクシーフライト、ADO深夜便も拡大!そして還ってくるゾSKYがぁ! 投稿者---551planning (2016/01/22(Fri) 11:44) [No.1040]  
航空各社から夏ダイヤが発表されましたが、個人的には瞠目です。

ANA−今夏もやります!東京(羽田)=沖縄(那覇)間の深夜便「ギャラクシーフライト」運航決定!
https://www.ana.co.jp/domestic/promotions/galaxy/

2014年に登場したギャラフラも3年目。昨年は4月のプレスリリースだったので、もう定番かと。昨年に“貨客混載”から旅客便に昇格した一方、羽田00:00発から22:55発に繰り上げられたのはシステム“日跨ぎ”イレギュラー問題を避けたかなと、ちょっとつまらなくも思っていたのですが実利用は絶好調だった由、今季も同ダイヤ(07/15〜08/31 日/月除く週6便:羽田22:55→01:40那覇03:30→05:50羽田)となってますね。

その一方で、なんとアイツが還ってきましたよ!

SKY−2016年3月27日〜2016年10月29日期間運航ダイヤを申請
http://www.skymark.co.jp/ja/company/press/160121_press.pdf

2005夏季羽田那覇深夜便から、2010年から北九州羽田線、2011年には中部羽田線(4ヶ月間)・中部那覇線(夏季)と短命な一方で新千歳羽田線登場とじわじわ深夜便を運航していたSKYですが、最後まで残った新千歳羽田線も2013/10/26限りで消滅…やはり“平成のムーンライト便”は難しいかともしたわけですが、なんとしれっと復活!今季は07/01〜10/02に新千歳羽田線(羽田21:30→23:05新千歳00:10→02:00羽田)と羽田那覇線(月除く週6便:羽田02:35→05:20那覇03:05→05:25羽田)です。それにしても那覇行の羽田02:35発はさすがに深過ぎるような…。

ちなみにADO深夜便も拡大!毎金・日とGW・夏休み期間等計75日予定ですが、羽田21:30→23:05新千歳23:10→01:00羽田と、羽田発はSKYとモロ被りなのは…図らずも「SKYの独立性」の証左にもなるというもの?

ADO−2016年度上期運航計画について
http://www.airdo.jp/company/press/pdf/2016/1172_160120.pdf


SKY深夜便は最安6000円から! 投稿者---551planning (2016/02/19(Fri) 14:35) [No.1045]  

SKYが攻めてきました。

『深夜早朝便をご利用いただくことで、宿泊がいらない日帰り旅行や、お仕事後でも移動ができるなど、新しい発想で夏の北海道と沖縄を思う存分、お楽しみください。』
SKY−2016年7月1日〜10月29日ご搭乗分 各種運賃を届出 〜SKY Challenge「新しい発想で夏の北海道と沖縄を遊び倒せ!キャンペーン」〜
http://www.skymark.co.jp/ja/company/press/160219_press.pdf

いずれも連休等繁忙期を除き、火水木は羽田−新千歳・那覇は9月最安6000円、7・8月も最安7500円で、中部−新千歳・那覇(中部着は新千歳発が23:40着、那覇発は23:55着…二次交通はどうなる?)は7〜9月とも4500円に。茨城−那覇は7・8月が4500円、9月がなんと3500円で「SKYセール」が設定されています。ちなみに予約変更および払い戻しも不可、ですが。

ちなみにANAギャラクシーフライト(羽田−那覇)が最安9700円、ADO深夜便が新千歳発で最安7500円も現時点で05/02の1日限りですから…まぁ設定席数にもよりますが、どれだけ注目をあつめることやら。


国内線深夜便、冬ダイヤでは収束へ 投稿者---551planning (2016/08/26(Fri) 11:37) [No.1069]  

航空各社の2016-17冬ダイヤ(10/30〜03/25)が発表されましたが、個人的に注目していた国内線深夜便は収束傾向となるようで。

■ADOは繰り上げ
『本冬ダイヤにおきましては、今夏ダイヤに引き続きご好評いただいております深夜便運航を計画し、とりわけ「札幌発-東京着」便では、発着時刻を前倒しし「同発 21:45-同着 23:30」となるダイヤ改正を行い(中略)、お客様に一層ご利用いただきやすい運航計画としております』
http://www.airdo.jp/company/press/pdf/2016/1226_160824.pdf

羽田21:30→23:05新千歳は継続の一方、さすがに新千歳23:10→25:00羽田ではシンドかったですかね。とはいえ定刻23:30着ならある程度の2次公共交通機関移動も可能になるわけで、利便性を考えれば…と。ただし12/28・/29、01/03・/04では機材がB767となる一方で新千歳22:20→24:05羽田となる点が注目、もとい要注意ですね。

■SKY“新しい旅のカタチ”も夏時間のみ?
『「SKY Callenge」スカイマークは、これまでの既成概念にとらわれず、新しい旅のご提案や新しい取り組みに対し、積極的に挑戦して参ります』
http://www.skymark.co.jp/ja/information/morning_midnight.html

「夜ふかしフライト/目ざましフライト」なる特設ページも設けていた割に、冬ダイヤでは壊滅状態に…唯一、中部06:00→08:35那覇22:00→23:55中部が残るだけに。コレもさてどんなもんなんでしょうか。

***
ちなみに3年目のANAギャラクシーフライトは概ね好評なようで。

ANAの羽田―那覇深夜便、搭乗率80%超え 「新しい旅の形」好評〔沖縄タイムス 2016/08/21〕
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/58397

ベリー便添乗で座席制限のあった初年度の2014年は16000人82%、旅客専用となった2年目は27300人87%、今年も昨年並みの由。『下り便(羽田22:55→25:40那覇)は仕事帰りにそのまま沖縄旅行へ出掛けたいと考える若いビジネス層に好評。上り便(那覇03:30→05:50羽田)は、沖縄を訪れた観光客が深夜まで滞在できるメリットがあるほか、羽田に到着後そのまま出勤できるメリットもあるといい、新しい旅のかたちを提案している』そうですが、じゃぁSKYは正味どんなもんなんでしょうねぇ。図らずもモバイルバッテリ発煙トラブルが発生した、08/22未明の新千歳発羽田行SKY732便は日曜夜とあって乗客170人とほぼ満席だったようですが。


西東京バス2題…サマーランド高速バス&深夜急行バス八王子系統 投稿者---551planning (2016/07/29(Fri) 22:18) [No.1068]  
【検証:】でも折りに触れ注目している、西東京バスから2題。

551planningリポート2010/06−遅寝早起き!西東京バスの「お出かけサポート」戦略
http://ken-show.net/gallery/report/20100601.html
2011/06−もっともっとサポート!〜「深化」する西東京バス“遅寝早起き戦略”
http://ken-show.net/gallery/report/20110601.html
2011/08−[MiniRepo] 番外編? 東京サマーランド発「ご帰宅高速バス」に乗ってみる

http://ken-show.net/gallery/report/20110601.html#l-02

今年で6年目となるサマーランド高速バス、今季から新宿は勿論バスタ乗り入れに。日数では8月全日から3日削られ、運行本数は昨季の行3/発5(新宿2・四ツ谷東京駅日本橋口2・新橋1)から行が1便減に。なおプレスリリースでは過去3季の利用実績も載っていましたが、着実に増えているのは何より。

乗り換えなしで移動がらくらく!バスタ新宿から東京サマーランドへは直通バスが便利!
http://www.nisitokyobus.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/07/20160727_newsrelease16-02.pdf

いっぽう深夜急行バスは、2009/12に中央線方面(西八王子・高尾・恩方車庫)と青梅線方面(拝島・福生・羽村・河辺)で運行開始。その後都心側バス停拡充や、2010/12〜2015/03には時間帯違いの通勤高速バス「楽々エクスプレス」を展開したりもしましたが、今回中央線方面経路をガラっと変えることに。

【深夜急行バス】直通八王子線開設!
http://www.nisitokyobus.co.jp/info/5253.html

これまでは中央道八王子IC第2出口から東楢原、日吉町を経由して西八王子駅、そこから四谷へ廻りこんでから高尾駅北口を経由して恩方車庫に至るジグザグルートでしたが、第1出口を出てR16を南下し京王・JR八王子駅を経由、そのままR20を経由して西八王子駅へ進み、高尾駅は南口にも寄って恩方車庫に至る、比較的シンプルなルート取りに。



というか、もともと1989/12から新宿駅西口→八王子駅間で深夜急行バスを運行、1990/03からは日野駅や豊田駅等も経由化、1996/06から楢原町まで延伸するなどテコ入れも1998/12で廃止に−という経緯があり、楽々エクスプレスでこそ実現していた八王子駅乗り入れが遂に復活することになるわけです。なお新宿駅西口01:10発で京王八王子駅には01:49着・八王子駅北口には01:51着となり、運賃は3000円です。
ちなみに京王も1989/12から京王線経由で京王八王子まで深夜急行バスを運行、こちらも変遷を経ながら現在まで継続しており(現行新宿西口01:05発→京王八王子駅02:15着・八王子駅北口02:16着、3100円)。この棲み分けもどうなるか、でしょうか。


【リポート】〔羽田アクセスバス〕久々な2路線同時開業!桶川上尾線&稲城若葉台線 投稿者---551planning (2016/07/28(Thu) 01:05) [No.1064]  
2000年代には爆発的な路線展開が図られた羽田空港アクセスバスも、2010年代に入ると新規開業は2010年の6路線(と深夜便)、11年の5路線から、12・13年の各2路線、14・15年の各1路線と一気に縮小し、さすがに飽和状態の感すらありましたが、2016/07/13、実に5年ぶりの2路線同時開業となりました! 昨年10月末開通の圏央道を経由する京急×東武バスイーストによる桶川・上尾線と、国分寺、武蔵小金井に続く“調布線ファミリー”東空交×京王バス東による稲城・若葉台線です。
なお、この日には渋谷地区線、吉祥寺線の増便と、東京ガーデンテラス紀尾井町への乗り入れ開始も併せて実施される大型改正となりましたが、なにはともあれ新規2路線のファーストインプレッションをば−。

〔羽田アクセスバス〕久々な2路線同時開業!桶川上尾線&稲城若葉台線
http://ken-show.net/gallery/report/20160701.html


Re: 【リポート】〔羽田アクセスバス〕久々な2路線同時開業!桶川上尾線&稲城若葉台線 投稿者---kkbs165 (2016/07/28(Thu) 19:05) [No.1065]  

ご無沙汰しております、川崎京急バスです。あの〜東武バスウエストですよね・・・
しょーもないツッコミは置いといて、当方も2路線乗車してきました。

まずは若葉台、京王で空港からは15人ほど、予想どうり調布でほとんど下車で稲城1、若葉台1.
戻りは東空交、研修を兼ねてか2人乗務。停車中に通行人から声を掛けられるとパンフを渡し「ぜひ乗ってください」とPR。
当方のみで発車、稲城0で貸切決定。TIAT直行ということで東海JCTから羽田線空港西ランプ降りとなりました。

やはり空港発の矢野口付近のルートは謎ですが免許の関係でしょうか。

数日後に上尾線も乗車しましたがそちらはツイッターの方を参照していただければ幸いです。

駄文失礼いたしました。


お恥ずかしい限り… 投稿者---551planning (2016/07/29(Fri) 05:50) [No.1066]  

川崎京急バス様、御指摘ありがとうございますです。耄碌したとしか言い訳しようも…お恥ずかしい限り。

桶川上尾線は07/24(日)に往復御利用ですか…時間帯が、という感じですが、暫くは知名度向上が求められそうですねぇ。
稲城若葉台線の御利用曜日と時間帯は如何だったんでしょうか。往復は別日かと思いますが。やはり矢野口のルート取りは気になりますよね…。


乗車日&諸々 投稿者---kkbs165 (2016/07/29(Fri) 21:12) [No.1067]  

551様、稲城若葉台線の乗車日は開業日の7/13でした。
実は1日で往復しまして、TIAT発は11:45の京王バス東便、若葉台発は16:15の東空交便です。
桶川上尾線共々中途半端な時間なのでこの程度の乗りなのかと。

以前は551様のように早朝出撃や徹夜など結構したのですが最近は寄る年波には勝てず(笑)無難な時間に乗車するようにしております。

今回桶川上尾線では桶川から貸切にになったのでドライバーさんが話しかけて来てくれて上尾到着まで色々お話させて頂きました。到着後は撮影の時間まで取ってくれた上に、飴を貰うという破格の待遇でした。

そのドライバーさんによると朝の空港行は道路渋滞で上尾-桶川15分は結構キツイそうです。桶川からの乗車も多く、荷物の積み込みや運賃授受などでギリギリか遅延してしまうことも有るそうです。

更に551様や他のバスファンの方々も指摘しているS5-与野-新大宮BP経由ですが、このルートにならなかったのは「京急が下道を走るのを嫌がった」からだそうです。この路線は上尾、桶川発進でしょうからまず地元の東武に話しが行き、東武から長年のパートナーである京急へという流れでしょう。故に御機嫌を損ねないように京急の言い分を聞いたということでしょうか。真相は分かりませんけどね。

ともかく2路線の今後が楽しみですね。


「生活バスちばにう」の新展開…牧の原、白井へ拡充もあれ高花は? 投稿者---551planning (2016/06/09(Thu) 12:17) [No.1059]  
昨年、運行開始1周年を前にして延伸等の検討が伝えられていた「生活バスちばにう」、当方も時折の実見からその後一進一退な状況かなと感じていたところ、いよいよ“第2フェーズ”が明らかとなりました。

北総線代替バス、秋にも2ルート新設〔朝日 2016/06/04〕
http://www.asahi.com/articles/ASJ634WBDJ63UDCB010.html
「ちばにう」2路線新設へ 秋にも、NT内ビジネス街巡る 北総線代替バス〔千葉日報 2016/06/08〕
http://www.chibanippo.co.jp/news/local/329097

06/07付で千葉運輸支局に下記2路線を申請したもので、早ければ秋にも運行開始を目指す由。両記事では詳細までは取れなかったところ、有り難いことに生活バスちばにう友の会員氏のブログに月刊千葉ニュータウン最新号の画像添付があり、読み取ってみました。

しばた圭子ブログ−生活バスちばにう 2周年!
http://blog.livedoor.jp/shibata_keiko/archives/51874718.html

・牧の原循環ルート:1日15便
 千葉NT中央駅北口→ビジネスモール→グッドマンビジネスパーク→ジョイフルタイヤセンター→牧の原駅北口→カスミチェーン入口→グッドマンビジネスパーク→ビジネスモール→千葉NT中央駅北口(全16停留所)
・北環状線ルート:1日9便
 千葉NT中央駅北口−ビジネスモール−小倉台郵便局−桜台中学校−小室旧官舎前−千葉白井病院−白井駅北口−新鎌ヶ谷駅南口(全14停留所)


https://www.google.com/maps/d/embed?mid=1d_4tmY9OR9YKhi_7k90F_LSXv3I&hl=ja

新設2路線は全日運行となる一方、既存直行ルートは平日運行ダイヤ(1日46便)に変更なしのようで。新設路線では運賃が100円から50円刻みで最大300円の設定に。さすがに運賃箱を積むでしょうか。
ルートやバス停も再現してみましたが、『白井では市役所とともに2つの病院の前で停車する』とありつつ、「聖仁会病院」と読み取れるバス停位置と、白井聖仁会病院の位置が全く異なる(病院は白井駅南口からさらに南側)のが気になるところ(加えて云うなれば、白井市役所前を通りつつも「白井市役所バス停」はなさそう)。あと既存バス停とは微妙にズレや別名称が生じそうですね。

朝日記事では『同社の乗り合いバスは現在5台。6台以上だと地元自治体や既存のバス会社などが入る「地域公共交通会議」にかけずルートの認可を受けられる利点がある。新路線の開設に備え、59人乗りの中型バス2台(1台約2千万円)をメーカーに発注済みという』とありましたが、そういえばエルガミオ2台でスタートし、2014年秋には年度内の4台体制化も検討−との言がありつつ、翌年4月には国の補助金があれば…と若干トーンダウンしていたところ、そういえばその後増えてたっけ?と。実は過日、鎌ケ谷観光バス本社前を覗ってみたところ、なんとポンチョの存在を確認!その後ちばにう乗車時に運転手氏にそれとなく聞いてみると、そこそこ前からいるらしく時折代替投入されているほか、グッドマンビジネスパーク送迎をやるとかやらないとか…と。
ブログ情報ではそのポンチョに加えもう1台発注済で数か月後納入な様子、数が合わない気もするのですがどうなんだろ。

ところで2紙とも記事タイトルに「北総線代替バス」とあるところ、今回は北環状線ルートはその志向を強めた一方、もともと2013/10の住民グループによる社会実験時には高花地区と新鎌ヶ谷駅との直行ルートだったのが、やはりそちらでの路線開設は既存ちばレインボーバス路線もある中で厳しかったのかなとつい…北環状線ルートも9便と朝晩ピンポイント運行からと思しきところ、御機嫌を伺いつつ、という感じにも思えたり。
牧の原循環ルートはビジネス需要をあてにしつつ、牧の原エリアの買い物需要を拾うスタイルかと。北総線代替バスという位置付けから変わったようにも思われるところ、月刊千葉ニュータウンではこのように記されています。

『生活バスちばにうというのは、どこから補助や支援の手が差し伸べられたり、赤字が生じたら補填してもらえるような事業ではない。自らの企業努力で採算を確保していかなければならない。
今回、2本の新ルートにバスが走るようになっても、生活バスちばにうをうまく利用できない地域や人々は残る。しかし、今回の新ルート開拓により、たくさんの通勤者や事業所がこのバスを使ってくれることで、バス事業全体の採算が良くなれば、そうして生まれた余裕を生かして、たとえば昼間だけさらにいろいろな地域に乗り入れることも可能となる』

個人的には新規路線が採算ライン未達とされる既存直行便を支え得るかは微妙な感もあるような(仮に、直行便の一部が牧の原循環ルートと運賃ともども連続運行されるならばその可能性は否定できないまでも、少なくとも現状では別便乗継となる様子)。車両増備で地域公共交通会議に掛けず云々のくだりもつい引っかかってしまいそうになるところではありますが、『生活バスちばにうは、ここに住む住民が地域の交通事情を改善したいとの思い出、地元の小さなバス会社にお願いしているものだ。だから、何か協力できることがあれば、何でもやる覚悟で望んでいる』たる言葉の重みもまたニュートラルに忖度する必要があるのかな、と…ともあれ、個人的には引き続き生暖かく見つめていこうとの思いを新たにするのでした。

新鎌ヶ谷駅“火曜日定点観測”からの「生活バスちばにう」(2014/09)
http://ken-show.net/gallery/report/20140901.html


Re: 「生活バスちばにう」の新展開…牧の原、白井へ拡充もあれ高花は? 投稿者---インコ (2016/06/09(Thu) 18:43) [No.1060]  

自分は何も出来る力もないにの人が何かをするとねたましいというネット民特有の感想ですねw


言い得て妙かも 投稿者---551planning (2016/06/10(Fri) 07:53) [No.1061]  

インコ様、当初は意図を測りかねましたが、ある意味仰る通りかもしれません。
当方は部外者ですし、これまでの経緯を深く追究したわけでもないのであくまで表面的にしか過ぎず、なわけですが、「ねたましい」をどう捉えるかは異論を持ちつつ、究極「ぼくのかんがえたばす」が現実になれば−とも素人ながらに感じること自体は否定しません。
その意味では、北総線高運賃と生活水準向上を考えれば、当初社会実験されたような、地域内ブロックと新鎌ヶ谷や都心方面(適当な高速道路がないのでまだ非現実的ではありますが)を直行するようなスタイルならば、という気がしていたりはしますが。スバリ、マイタウンダイレクト系な訳ですが、こちらも優勝劣敗が見えてきているところ、CNT地域が強いかというと…かもしれませんけど。


進取の意欲は買えても、採算性は・・・ 投稿者---しょーた (2016/06/16(Thu) 21:45) [No.1062]  

牧の原循環が15便ということは1時間に1便(一部時間帯が2便)ということで、しかも逆ルートがないワンウェイということですか。
既存のバス路線がない地区を結ぶという意義はあるものの、固定客のビジネス街への利用という点では、グッドマンも華々しいリリースに現状は未だ遠く及ばす、自ら送迎バスを走らせていますし、採算性は厳しいでしょうね。
牧の原駅〜中央駅間は、レインボーバスが南環状線経由で8〜9便/日、印西市のコミバスが1日4便走らせていますが、この区間では乗客は一桁です。
車のない人が、ジョイフルホンダへ買い物に行くのが不便という声は確かにあるものの、一時期買物巡回バスを試行したものの予想外の空振りに終わった過去があるだけに、果たして採算度外視で運行が続けられるのか。。。

一方の北環状ルートが9便とは、これまた判断が難しいですね。駅まで遠い大塚、小倉台、桜台の各地区、そして本丸の白井駅も「ちばにう」の恩恵にということなのでしょう。1時間1便見当で、白井市コミバスとかなりダブっていますから、うまくコミバスと時間がバラければ使えるかもという反面、直行便の地元利用客の共喰いにならないかという心配もあります。

※ちなみに、聖仁会病院は、今の白井駅南側から、この夏以降に白井市役所脇に移転してきます。








Re: 進取の意欲は買えても、採算性は・・・ 投稿者---551planning (2016/06/17(Fri) 06:31) [No.1063]  

しょーた様、ありがとうございます。特に聖仁会病院移転は改めてサイトを見てバナーに気付いた次第…こういうところが何も出来る力もない部外者のスタンドプレーな点ですわなと反省しきり。

ルート、ダイヤは現時点では推測の域を出ないのでなんともですが、まぁ長期戦は覚悟のところでしょうが…さて。


いよいよ「内房の表玄関口」へ?! 金田総合高速BTの開業は? 投稿者---551planning (2015/07/14(Tue) 22:19) [No.1012]  
【検証:】では東京湾アクアラインバスについて折に触れ見つめてきましたが、中でも袖ケ浦と木更津金田という2つのバスターミナルの存在を抜きにすることは出来ません。下記リポートもはや7年以上前のことですか−その後も木更津新宿線開業やMOP木更津オープン、圏央道開通など転機がありましたが、いよいよ局面が大きく変わるときが近づいているようです。

【検証:】リポート2007/12−アクアラインバス10周年の“現在”袖ケ浦vs.木更津金田 「高速バス通勤」の現状を見る
http://ken-show.net/gallery/report/20071205.html

1997/12のアクアライン開通と同時開業した袖ケ浦BTは小湊管理で川崎・羽田・横浜・品川・新宿系統が発着し年間利用客数は100万人をゆうに超え、周辺には雨後の筍のように民間駐車場が展開するなか、2009年までにBT機能の拡充整備が行われたものの、待合室等は未だにやっつけ感が拭えないのはなんともな感じも。一方の木更津金田BTは、1999/07のアクア連絡道高架下への金田駐車場整備に合わせた側道路上バス停から、連絡道南西側のアクアわくわく市場隣に2004/12に木更津金田BTとして移転オープン。路上バス停時代のアクシー号を端緒に、大当たりとなった木更津・君津東京系統など京成系で占められるのと裏返しに行先も東京駅八重洲口方面に限られてきたところ、2007/07になってようやく木更津羽田線が一部経由するように。また紆余曲折を経ながらも成田とも結ばれるようになっており、こちらも年間50万人超が利用するまでになっています。

この2つの拠点にとって直近の大きな話題が2012/04のMOP木更津オープン、そのアクセスとして両BTが路線バスで結ばれたのでした(しかも小湊&日東が仲良くコンビで…PASMO利用可否などの問題も孕みながら)。そのMOP木更津進出を契機に金田西地区の開発に拍車がかかり、ほぼ手付かずな感のあった金田東地区でもいよいよ区画整理が進展。そして毎朝通勤客が乗車待ちの長蛇の列をなしていた金田BTでも拡充整備が行われることに−それが「金田総合高速バスターミナル計画」でした。実は暫定という触れ込みだった現BTの更に南西側に整備が進められ、今春にはほぼ全容が出来上がっていた感じでしょうか。
焦点はいつ開業か−それを待って実見、と考えていたものの、その後梨の礫というかなんというか、漏れ聞こえてくる話もありません。そんな折たまたま近くへ行く際に立ち寄ってみたのですが、改めて感じたのはその規模の大きさ!現BTとほぼ同じスペースを、駐車場を除いたバスロータリーのみでたっぷり確保しているではないですか。外周に風防2本もしっかり整備され各5バースずつ計10バースも確保されています。現BTの4バース、袖ケ浦BTの5バースとくらべても余裕たっぷり…。

前振りが長くなりましたが、その謎が思わぬカタチで解けたのは、当方のちょっとしたチョンボで乗る羽目となったタクシーのドライバーさんとの会話から。BTがデカくなるんですねぇと何気なく振ったところ『(高速バスの)乗り入れで揉めてるらしいよ』と返してくるではないですか!なんと袖ケ浦BT発着路線の一部経由化が予定されているものの、その配分調整が…な様子。『モノはもうほぼ出来てるのにねぇ』と。一応年内か年度内には…とのことらしく。

改めて検索してみると、なるほどこんな文言も見受けられますなと。

・本地区には広域交流拠点として金田高速バスターミナルが整備されているものの、バスバースが少ないことを理由に、2つの都市間を結ぶだけのルートのみの運行となっているため、アクアライン効果を活かすことができず、本地区に求められている高度な機能を果たすことが出来ない状況にある。そのため、バスターミナルのハブ化等により、東京湾アクアライン効果を最大限活かし、高度な機能を持つ地区として整備することが喫緊の課題となっている。
 なお、バスターミナルのハブ化については、本市を含めた南房総地域における、観光、企業誘致等の地域振興を図る上で重要な課題となっており、ハブ化実現に期待が掛っている。

・金田総合高速バスターミナルのハブ化(乗り換え乗り継ぎ機能)に向けた高速バス、路線バスの路線参入への誘致を促進する。

木更津市−都市再生整備計画(第1回変更)金田地区(2014/07)
http://www.city.kisarazu.lg.jp/resources/content/22429/20140925-133327.pdf

…となると乗り入れ路線が気になるわけですが、まぁ新宿・横浜は当確、品川はどうかな、川崎はさて…てな感じですかね、勝手な憶測ですが。一方で木更津駅利用者とすれば所要時間が延びる懸念も…というか木更津駅東西両ロータリーの飽和化と、市としての西口整備の意図もあったりするのですが。

鶴岡大治公式ホームページ−私流の6月議会報告(2013/07/30)
http://www.tsuruoka-daiji.com/archives/852

一方、豊富なネットワークが強みであった袖ケ浦BTにとっては、金田BT拡充と系統多様化が脅威となるかどうか…こと朝の需要を考えれば確実な着席性という意味で競争力は保たれる反面、MOPアクセス等の面で役割分担が明確になる(≒外される)ことはあろうかと。また袖ケ浦市としてはこちらも区画整理がようやく成った駅海側の発展が喫緊の課題でもあることから、例えば長浦品川系統を袖ケ浦BT非経由の金田BT経由化に分離して駅北口発着に−なんてことが想定されるかも。同様に横浜線然り、新宿線まで引っ張ってこれれば、なんて展開も有りや無しや。袖ケ浦BTのスロットが空けば、茂原系統の経由化なんてことにもなるかも…なんて、ここまで行くと妄想が過ぎますね。ともあれ俄然楽しみになってきました。


Re: いよいよ「内房の表玄関口」へ?! 金田総合高速BTの開業は? 投稿者---名無し (2015/07/15(Wed) 14:44) [No.1013]   HomePage

市議会録に金田総合完成後の運用が書かれてますヨ


Re: いよいよ「内房の表玄関口」へ?! 金田総合高速BTの開業は? 投稿者---551planning (2015/07/15(Wed) 19:53) [No.1014]  

> 市議会録に金田総合完成後の運用が書かれてますヨ

御紹介有難うございます。オフィシャルの方だとまだ掲載されていないですかね、ともあれ4路線乗り入れ大筋合意ですか。なにより朝ラッシュ時の袖ケ浦BTとの配分が何より難しそうですが…。


06/11木更津金田BT移転…とりあえず新宿線のみ新規乗り入れ 投稿者---551planning (2016/06/01(Wed) 19:19) [No.1058]  

悔しさが滲むような…。

木更津市―新「木更津金田バスターミナル」 6月11日(土)オープン!!
http://www.city.kisarazu.lg.jp/13,52272,32,215.html

「乗入路線拡大!金田から新宿、品川、横浜、川崎へ」と掲げられているものの、とりあえず新規乗り入れは新宿線のみ。品川・横浜・川崎は「今後、乗り入れ予定」とされています。
新宿線も全便乗り入れとはならず…そういえばこんな記事もありました。

高速バスターミナル、攻防 木更津金田、来月開業〔朝日 2016/05/13〕
http://digital.asahi.com/articles/ASJ4T3QMLJ4TUDCB002.html

「将来は金田BTで乗り換えて様々な方面に行けるハブ化を目指す」と力を込める木更津市に対し、「木更津市民も山側の新興住宅地は袖ケ浦BTまで自家用車で来る。月決めで駐車場を借りている人も多い。中心部の人は木更津駅から直接高速バスに乗る。パークアンドライドの生活が定着している」「現在の利用客が不便にならないように」と現状維持を求める袖ケ浦市。木更津市が両BT経由化を求める一方、時間の無駄との利用者の声や事業者にとっても利が薄く交渉は難航、「本当に困っているんです」と頭を抱える日東交通の本音も。

のりばは10バース用意され、発券窓口も新設される待合所側2番を東京駅・浜松町・東雲行、3番を新宿駅、5番を羽田空港・成田空港が利用。空きの1番に横浜、4番に品川でしょうかね?ロータリー向かいの8番をMOP経由袖ケ浦BT行が、9・10番を降車で使いつつ9番で安房鴨川駅行を扱うということで、7番に耳目集まる三日月行でも入るのか、別の路線バス乗り入れ用か。
ちなみに木更津市は愛称を募集するそうですが…「バスタ木更津金田」が結構得票しそう?にしても下記チラシをBT待合所の応募箱へ投函するかFax送信するか、市街地整備課窓口へ持参するか…って。

木更津市―木更津金田バスターミナル愛称(ネーミング)募集
http://www.city.kisarazu.lg.jp/resources/content/52282/20160531-173136.pdf

さて、小湊サイトでは「東京線、成田空港線は時刻変更ありません」とある一方、京成・日東サイトではアクシー号の改正が。1往復増え全21往復となるとともに、「特急」「急行」が各1往復新設されるもの。「特急」は木更津金田通過となり、木更津金田停車便の数は変わらないということで。なお特急が木更津金田〜笹、急行が富崎神社〜笹間通過となります。


首都高バスの現在 投稿者---山崎の人 (2016/05/18(Wed) 12:55) [No.1056]  
2010/8/6にレポートされている、首都高経由のさいたま新都心東口-東新井団地間の東武バスの件ですが、地元民が最近の状況を報告します。

レポ後、何回か行われたダイヤ改正により平日の運行は朝と夕方の通勤時間帯に集中しました。山中橋基準の上りが6時台1本、7時台3本、8時台2本、そして16、17時台各1本、18時、20時台各2本で夕方の便は新都心からの折り返しに向けた運行です。
利用状況はかなり盛況です。山中橋で待っていると、北浦和行きや西高経由の新都心行きは皆スルーし、混雑したこのバスに5〜10人が乗り込みます。朝の時間帯、一般道(西高)経由のバスが同区間を15〜20分かかるところを、5分で走破しますし、信号や渋滞がほとんどないので電車並みに時間が読めるところが通勤時間帯にはありがたい存在です。
個人的には送りの車で道が混む悪天候の朝に重宝しています。ただし、この区間の首都高は雪のときすぐ通行止めになるので使えません。

できることならこの実績を背景に、東武バス天沼営業所にもさいたま市立病院方向から新都心に行くバスの一部を、首都高経由に振り換えてもらいたいと思います。その際は、第2産業道路上に専用の山崎バス停を新設するとより多くの利用が望めるはずです。


Re: 首都高バスの現在 投稿者---551planning (2016/05/18(Wed) 13:36) [No.1057]   HomePage

山崎の人様、近況報告有難うございます!後出しながら実は当方も昨今都度再訪をと考えつつ、なかなか機会がなくて…確かに次なる展開があっても良さそうですよね。

[MiniRepo] 首都高を乗合バスが走る!その狙いを探ると…(2010/08)
http://ken-show.net/topics/neotrans/log3-100801.html


[MiniRepo] 日本最南西端の“特殊索道”「ザ シギラリフト オーシャンスカイ」 投稿者---551planning (2016/04/29(Fri) 16:54) [No.1055]   HomePage
2015/01の伊良部大橋架橋で注目を集める宮古島に、ANAが本気を出してきました。2016/03/27から羽田直行便を新規就航、季節運航だった関西線も通年化したのです。未訪だった当方もコレを逃す手はないと01/27の販売開始日に早々確保。こちらも未訪な石垣島と絡め、帰路はB787国内最長路線で…として、04/26〜/28の2泊3日な旅程に。旅割75で宮古10,000円、石垣11,000円の最安値で無事ゲットしたのでした。
早速仲間内からあちらこちらと見処紹介を受けたところ、ココを逃すな!とされたのが、日本最南西端の“特殊索道”でした…御興味ある方、利用はお早めに?

日本最南西端の“特殊索道”「ザ シギラリフト オーシャンスカイ」
http://ken-show.net/topics/neotrans/log3-160401.html

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |

NO: PASS:



無料掲示板レンタル「ADVEN-BBS」/3/25更新/DQ10アンテナ 国際通り
original:KENT