女子高生おっぱい-

女子高生おっぱい


[留意事項] [ワード検索] [携帯に掲示板アドレスを送信] [管理用]

モロ 投稿者:丸見え 投稿日:2018/01/18(Thu) 22:01 No.4  
女子高生のおっぱいを指先で摘んだら恥ずかしがっていました。
上着を広げて、Gカップを見せてくれたのです。
一人きりになって油断したため丸見えになってしまったのです。
女子高生のおっぱいを見ることをやめる気はまったくありません。
細く綺麗な足はやはり魅力的でした。
その事に強い罪の意識を感じてしまっていたのです。
女子高生のおっぱいを見たくなってしまったのです。
日常、制服の下に潜んでいるものに目を奪われていたのです。
それで全てが解決したわけじゃないのです。
声を出してしまったら、どんな目でみんなから見られるか心配でした。
上半身裸で手ブラをしながら座っていたので、びっくりしました。
声を出すまいと我慢したけど執拗にその場所をいじりまわすのです。
まるで自分の物であるかのように遠慮なく揉んでました。
たまたま視線を上に向けたら、大きく乳房をゆらしていたのです。
あまりにも凄まじい動きに負けてしまい、ついに本音を言ってしまったのです。
美乳のすべてが惜しげもなく晒されていました。
相変わらずの我がままぶりでした。
いい感じになったのでエロいことをしました。
その姿勢を保って終わってから、急いで仕舞い押し込んだのです。
あるいは性欲を満たすため掲示板を見ていたのかもしれません。
引っ張られて胸の谷間も深く刻まれました。
今は何とか生来の明るさを取り戻していってくれつつありました。
わざと大きさを強調している様にも見えました。
少しずつ奉仕癖を無くして貰うように仕向けました。
女子高生のおっぱいを見ることもあるのです。
つままれて、少し上を向いた陰核の頂点に敏感すぎる部分が顔を出しました。
体の成長にともなって乳輪も次第に大きくなっていきました。
みんなに見られてしまって、とても恥ずかしい思いをしました。
どちらかといえば内向的な性格だったので、自撮りするのも勇気がいったのです。
しかし、目の前でいやらしく動く膨らみをずっと見せつけられて興奮してしまいました。
貧乳だったので、男子からよくからかわれました。
その後も、体操は続き状態をそらしたり、体をねじったりするたびごに胸が揺れました。
胸チラを見て性欲を感じていたことを隠してました。
みんなに見られて緊張しているみたいでした。
それを聞いて意地悪そうに笑ってました。
本気で、女子高生のおっぱいを見たいと思ってました。
両手でHカップを覆いながら近づいてきたのです。
盛り上がった胸に腕が当たり適度な膨らみと、弾力を感じたのです。
どうやら最初に止めとこうよと言っていたのはこの事らしいのです。
これから、Iカップを拝めると思うと平静でいられませんでした。
おそらくあのスタイルに合う物は無いのでしょう。
おっぱいを吸われてもいいと思いました。
何が何だか分からない状態で割れ目を触られたのです。
手ブラをしながら立っている姿が哀れでした。
たまたま、丸見えになったのです。
二方面から刺激が来て、体が動いてしまいました。
独り暮らしには、別の個人的な理由があったのです。
女子高生のおっぱいを見て興奮気味になりました。
愛撫されたせいで、パンツが濡れていました。
おまんこを舐められることはないだろうと高を括ってました。
ハミ乳しているところを撮りたいと思っています。
モロ見えにしたことで気分が高揚しました。
中指の先をそこにそっと当て、デリケートな部分に刺激を加えたのです。
努めて冷静に褒めたものの頰を赤く染めてしまいました。
体中に電気が走っているようで、脚を閉じることも出来なかったのです。
触らせるかわりに股間を見たいらしいのです。
着替えると視線を集めてしまうのです。
パンツを脱がされそうになり端をギュッと掴み、必死に堪えました。
思ったことを遠慮なしに言うあっさりとした性格でした。
おっぱいを吸わせてくださいと言ってきたのです。
先程までより、強く刺激を感じたのです。
ただでさえ、持ってはいけない感情を抱いていたのです。
指で悪戯されただ悶えることしか出来なかったのです。
自分で援交すると決めたのだから、堂々としていれば良いのです。
しっかり感じさせるとこんな風に濡れて来るのです。
いつか告白を断らず付き合う事になるでしょう。
エロいことし過ぎて、もう腰が抜けそうです。
ずいぶんと待たされたあと、ようやく援助交際することを決心したのです。
オイル塗りをしながら、その柔らかい感触を堪能したのです。
なぜか、おっぱいを見ていると黙り込んでしまうのです。
股間を自撮りしようとして、窮屈な姿勢になっていたのです。
一回、エッチをしてから、より親しい間柄になったのです。
2人でやらしい話をしているのを聞いたのです。
肩ヒモに指を掛けるとと強引に脱がしに掛かったのです。
18歳だというのに飛びぬけて体の発育が良かったのです。
自画撮りすることが、こんなに気持ちいいとは知らなかったのです。
これが挿入の時の潤滑剤になるので、きちんと濡らさなければなりません。
一瞬の事だったので全く抵抗出来ないでいました。
今までよりずっとぬるりとした感触が感じやすい部分を襲いました。
可愛いくて美人だからいつ彼氏出来てもおかしくなかったのです。
その時聞いた内容によると3人以上経験しているらしいのです。
巨乳を見たら充実感が味わえました。
女子高生のおっぱいを触った快感を今でも覚えています。
この中では自分だけが援交していることは明らかでした。
誰にも絶対に触らせないという態度でした。
むしろ、あどけなさを残しつつも整った顔立ちの童顔だったのです。
制服の上からですが、胸を触らせていたのです。
モロ見えにしたため、周りに人が集まってきました。
愛液にまみれ先程までより遥かに滑りが良くなってました。
エロいことができそうだったので、付き合うことにしました。
骨盤の中が熱く、燃え上がるようでした。
素人を抱いた時の体験をぜひ聞いてみたかったのです。
セックスすることを許したことが意外だったみたいです。
おっぱいを吸われてしまったことを一人で悩んでいました。
いったいどんな顔をして自画撮りすればいいのでしょう。
そしてあっけなく憧れの膨らみが目と鼻の先でお披露目となりました。
最後にsexしてから、もう何年も過ぎました。
股関節には電撃が走るようで開くことしか出来なくなっていたのです。
背丈は確かに小さいが、胸は誰よりも発育が良かったのです。
ようやく打ち解けてきて、お尻を撫でさせてくれるようになりました。
そして掴むと、左右逆に上下に思いっきり盛大に揺さぶったのです。
頭を下げられ仕方なくフェラチオしてあげたのです。
何度もやり直しさせられたり、長くやるように命令されているような気がしました。
わざわざ、おっぱいを見せて誘惑してくるのです。
偶然にもその光景を目にして一日中勃起してしまったのです。
今は何も考えずに美乳を見てました。
揉まれ続けながらも顔を真っ赤にさせて少し微笑んでいました。
困った顔をしながらも裸になってくれたのです。
あんまり脚を高く上げると、見えてしまうのです。
数日前から様々な場所で援交するようになってました。
直ぐに着替えて帰るように言われました。
制服のブレザーとシャツの胸元がはち切れ、乳房がこぼれ出しそうでした。
16歳になってから、一緒にお風呂に入らなくなりました。
手でこね上げられ、存分にいたずらされ絶頂に至ったのです。
乳首を見ているうちに我慢できなくなったのです。
学校の制服のボタンが胸に押されてちょくちょく飛んだりしました。
フェラチオされている間中、目をつぶってました。
今日こそ美人に会えるはずでした。
おっぱいを噛むのがいいと言ってきたのです。
何か絡まれないうちに早くこの場を立ち去ろうとしました。
それから、巨乳を吸った時の様子を自慢げに話していました。
体を反らしたので、胸ポチが強調されたのです。
胸の谷間に顔をうずめたら、柔らかく暖かい感触が伝わってきました。
ワレメを両手で押さえて触られないようにしてました。
控えめでしたが、おどおどしているわけではなく真面目なしっかり者でした。
服を脱ぐのが待ちきれずに下着を剥ぎ取って裸にすることがあります。
草むらに入って、エッチしていました。
そそくさと更衣室に向かおうとしたのですが、この考えが甘かったのです。
乳首が見れるかもと勝手に思い込んでました。
きっと、おっぱいに触られると思っていたのです。
本当の妹では無い事もあってその辺りは控えめにしてました。
少し鼻にかかった甘い悪魔の声がしてました。
あまりにも露骨な視線に対し小さな手で隠そうとするのが常でした。
胸ポチがはっきり見えるのに周囲の視線をまるで気にしてません。
反射的に注意すると、油断して忘れていたのか、慌てて口を押さえました。
そしてしばらくしてもその余韻で揺れていたのです。
世間体の問題があるし、気恥ずさで声がかけられません。
こんなにいやらしいものを隠し持っていたとは驚きでした。
豊満な体を抱く時は十分な注意を払うのです。
おっぱいを見ることなく帰ってしまったのです。
声を掛けられたとあってはどうする事も出来ないのです。
プールサイドに座って片足を上げたり足首を手で持って回したりしました。
17歳は自慢の胸の谷間を見せつけていました。
フェラしながら小さな声で喘ぎ声を上げるのが健気でした。
公私の区別はつけないといけないと思ったのです。
胸ポチしていることが一瞬よくわからなかったのです。
乳輪が少し見えたことで特別な感情を持つようになったのです。
校内では気軽に話もしない方がいいと思いました。
処女を奪われて放心状態になってました。
女子高生のおっぱいを見れたことが今でも信じられません。
生で見れる権利を勝ち取ったことで満足そうにしてました。
中途半端な気持ちで、パイズリしたわけではありません。
もっこりした部分が見えるので、恥ずかしくてあまり見られなかったのです。
自画撮りするために浴室へ向かったのです。
その間、股間の部分を品定めでもするかの様に見つめていました。
下着をずらせて、お尻を見せてくれました。
出るとこは出て、引っ込むところは引っ込んでいる体で確実に性欲を煽りたてられたのです。
小さく悲鳴を上げたのですが、やはり抵抗出来ないでいました。
部屋に勝手に入っていた教え子の笑顔に出迎えられる事になったのです。
さっきから強引な要求の言いなりになっていました。
ちょっと、屈んでくれないと上着を脱がす事ができないのです。
今まで、おっぱいを触られたことはありません。
まんざらでも無いらしく、目を閉じて深呼吸をして備えてました。
フェラさせるのも、これで最後にしようと思ったのです。
ちなみに、この時点で全員の股間がかなり膨張していました。
乳首を見ようとして服を脱がそうとしたら帰ってしまったのです。
暫くたわいも無い話しをしていました。
女子高生のおっぱいを見ることを気に入ってしまったのです。
次の一言で息が詰まりそうになってしまったのです。
これをやると、人前にさらすことになるので、あまり好きではなかったのです。
同年代の子達と比べるとかなり小柄でした。
巨乳を前にしたら、何も考えられなくなったのです。
ほっとして相槌を打っていました。
しかも、周りにいるのは全員男子の視線が明らかに集中していました。
おっぱいを吸わないなんて実にもったいない話しです。
大体目つきとか見てたら分かるはずです。
後ろから手に載せて上手に揺らしていました。
胸チラを見たくて、それとなくTシャツを引っ張ってみたのです。
一緒に公衆便所の中に入って、マンコを舐めたのです。
同年代と比べると体格差も相応にあったのです。
体をじろじろ見ていたことを知られてしまいました。
視線が合っただけで嬉しそうに表情を華やかに綻ばせました。
女子高生おっぱいを吸われて思わず体が疼いてしまったのです。
正直に言わないと犯すと脅されたのです。
勝手に触っておきながら、堂々と迫ってくるのです。
当たっているので返す言葉に詰まってしまいました。
日焼けのあとが残った、Eカップは妙に色っぽかったのです。
もう少し身長欲しいと思わずにいられない程の差がありました。
まんこが見えてしまったため慌てて下半身をタオルで隠しました。
一回かぎりでなく何回も、おっぱいを見て楽しみたかったのです。
何故か上機嫌で軽くスキップしながら戻ってきました。
両手で鷲掴みにすると、こちらに向けて見せつけてきたのです。
巨乳だと知って浮かれてしまったのかもしれません。
背中に当たらないように細心の注意を払いながら手をまわしました。
勝手に手が動いて、胸ポチを触ってました。
目をそらしているので、それに気付かなかったのです。
胸チラを見たことで興奮が治まらなくなったのです。
突然の行動に驚いていしまい抵抗出来ず固まってしまいました。
Fカップを触ると生暖かい感触が伝わりました。
胸は、目のやり場に困るほど大きく揺れていたのです。
女子高生のおっぱいを舐める感触を楽しみました。
反応してしまいそうな股間を努めて自制しようとしました。
安心させるため15歳に声をかけました。
それを良い事に構わず乳を揉みしだいていたのです。
仕方なく、もう一度両腕を高く上げ、首の後ろに回しました。
早く処女喪失したくて、思いきって下着を足元まで下ろしました。
興奮したせいか暑くなりました。
特に胸の谷間を見た時に、ときめいてしまうのです。
体をねじった拍子に、急に開放感があったのです。
卑猥な考えを抱いた事に自己嫌悪せずにはいられなかったのです。
そして、寝ている間に盗撮してしまったのです。
焦らすように乳輪のまわりを指でなぞったのです。
その頃は、結構、我がままで小悪魔的な女の子だったのです。
トイレの中に入って、オメコを見せてくれたのです。
抵抗出来ないのを良いことに思いっきり揉んでいたのです。

NO: PASS:

女子高生のおっぱいを見ました。

女子高生盗撮

無料掲示板レンタル「ADVEN-BBS」/天才なら?/DQ10
original:KENT