美少女に浣腸しまくった動画がありましたよ・W・v

少女に浣腸する動画


[留意事項] [ワード検索] [携帯に掲示板アドレスを送信] [管理用]

モロ見えです 投稿者:桃尻です 投稿日:2018/02/13(Tue) 21:14 No.4  
少女は浣腸されたことで、性の悦びを知りました。
実は16歳になったばかりで、何も出来ませんでした。
もしも、亀甲縛りをしていれば、泣かせることが出来たかもしれません。
それこそ個人撮影をしたのは、今まで数回しか無かったと思うのです。
確かに、モロだしにしてしまったのです。
少女の浣腸の動画を見ていることを隠すつもりはありません。
自分で言うのもなんですが、美人だったのです。
快感が増してきたのか、たびたび体を震わせます。
もう一回でも、少女の浣腸してしまえば気が済むのです。
荒縄で締め上げてと頼んだのですが面倒くさいと言ってました。
いきなり口の中に舌を入れてくるなど、経験は一枚も二枚も上手でした。
いつの間にか下痢をしていました。
一人で妄想しながら歩き出しました。
くすぐりをしたくなった、この気持ちをわかって欲しいのです。
舐められたら、腰に力が入らず立ち上れません。
セックスをしたら、高まった性欲で何も考えらなくなるでしょう。
今は裏ビデオを見たくて頭が一杯なのです。
あの時と変わらず、今でも監禁をする事が大好きです。
すぐ隣でパンツを脱いだのを見て、ますます興奮しました。
そして、手首や足首を緊縛しようとする度に嫌いと言われてました。
まさか本当に浣腸をするつもりだったとは思いませんでした。
そしてムチで打たかれたためにやわ肌が傷つきました。
ついに唇を開いて、巨大な肉棒の先端を咥え込んだのです。
つまり、搾乳をし過ぎた後は、特別に労わってあげるのです。
また、アナルに挿入してしまったのです。
何か音をたてたらわかってしまうでしょう。
無言の圧力に観念したのか黙ってうなずいて服を脱ぎ始めました。
どうやら人が入ってくる気配がしました。
今も家には帰れず、援助交際してました。
今日泊まるところを探すしかありません。
舌におぞましい感触があって、吐き気を堪えるのに必死でした。
あの時にやっぱり、少女に浣腸しておけば良かったのです。
それでも、緊縛されない方法を考えました。
少し気を抜いたら、漏れました。
まだ抵抗感があったと思われましたが唇はしっかり密着していたのです。
トイレですることに抵抗感はありました。
知っても、驚いたりはしません。
つまりバイブを入れられたのです。
粘液と唾液が混ざったものを飲み込むが気持ち悪かったのです。
下着の隙間から、見えてました。
そして、無料の画像を見て熱くなってしまったのです。
少女の浣腸の動画を見た時ほど、ときめくことはありません。
ブラウスをおもむろにはだけさせてブラを片手で外しました。
ローター入れられただけで激痛が走りました。
脚を広げ触りやすくしました。
おまんこを少し舐めたのです。
こんな体勢ではパンツを脱がすのも難しいでしょう。
すぐに元気になり、性欲が復活したのです。
初めてsexした日はなかなか寝付けませんでした。
こんな優しく丁寧に触られるのは初めてです。
それを要求されたのはもちろん初めてでした。
たとえ嫌われるとしても、スカトロするでしょう。
手錠をしながらすることがすごく嬉しかったです。
言われるがままに、上下に口を動かしました。
直接触られると感じることもあります。
たまたま少女に浣腸することになってしまったのです。
小さな口の中に入り、それを咥えたまま必死に顔を振りました。
巨乳を触るだけで十分だったのです。
もっと自由に会いたくて、投稿しました。
つまり、オメコを触りたくなったのです。
力を込めて、指を何度も押し付けたのです。
指の感触がはっきり伝わってきます。
そして頼めば、SMをさせくれるかもしれません。
無料の画像は滅多に無いのです。
他のものとは比べものにならないほど刺激的だったのです。
早く見切りをつけたほうがいいです。
少女の浣腸の動画を見て理屈抜きに興奮しました。
あとちょっとのところで排便しそうになったのです。
なぜこんな行為で気持ちよくなるのかが理解できなかったのです。
その前に帰ってしまいました。
そして、パイパンを舐めました。
このまま触られるのは我慢できません。
目からは大粒の涙がこぼれてきたのです。
痴漢されたことは、今までにも何度かあります。
緊縛することも、めっきり減りました。
自分で言うのもなんですが、歳のわりには相当ませていたのです。
手の平で生足を触り始めました。
拘束することが出来るのでしょう。
いつの頃から、少女に浣腸をすることに興味を持ったのです。
陵辱をされ続けられ、とうとう我慢できなくなったのです。
もちろん技などあるわけもなく、ただぎこちない舌使いでした。
気を抜いたのと同時に、うんちが出てしまったのです。
面白くなって来たので、放っておきました。
フェラをするまで相手の頭を掴んでいました。
他人の唇があんなにも気持ちいいとは思わなかったので、一瞬、頭の中が真っ白になったのです。
ミニスカートだったので、膝の上に置きました。
SMボンテージを着ることが出来ました。
こらえられずに無料の画像を見たのです。
もし、気付かれたら、恥ずかしくてたまりません。
理不尽なことを言われ、泣きながらもそれに従がったのです。
とにかく、レイプされてないか気になっていたのです。
もう何回も、出しそうになってました。
お尻を撫でることが叶わなかったのです。
付き合い始めの頃はするなど思いも及ばなかったのです。
極めて冷静に対処しました。
うんちが下着に付いてました。
最初は、ただ失禁しただけだと思っていたのです。
けなげに吐き気と気持ち悪さを堪えながら、しゃぶっていたのです。
つまり、ここに放置されたのです。
まるで見えても、構わないという態度です。
誰かに見られたらとても、ここに居られません。
それからは目を盗んでは裏庭へ行き抱き合いました。
汗でじっとりとしているせいか、上手く広げられません。
その後も、浣腸させてくれと求めらたのです。
隙間のある部分を指で広げました。
頬を窪めつつ必死になって首を振りました。
初めて、おっぱいを吸った時は興奮しました。
しかも、顔射していいと聞くのです。
それこそ一生懸命になって舐めました。
誘っているところを知り合いに見られてしまいました。
それから両手を足の間に入れたのです。
輪姦されるのは嫌だったのです。
今の状態だと捻ることも出来ないのです。
このいやらしい行為が一刻も早く終わるよう、口と手を動かしました。
いっそのこと全裸になってしまおうと思いました。
色んな感情が混ざって涙が出てきました。
排便してしまったのです。
隣で寝ているところへ手を伸ばして来ることを心の何処かで望んでいたのです。
浣腸されると気持ち悪いんです。
試しに歩くと擦れて物凄く痛いのです。
その場で、うんちをしてしまいました。
気力が萎えていたため、過酷な作業に弱音を吐いてしまいました。
脱ぐことが出来なかったのです。
余計な事を言ったせいで、援交することになったのです。
とっても好色な顔をしてました。
掛けられた布団の下でお互いの体をまさぐりあい始めたのです。
拉致するのは無理だと思いました。
無理やり引っ張って脱がすしかありません。
エッチすることで自信が持てたのです。
重要なのは、一刻も早くこの苦しみから解放されることでした。
いきなり浣腸したことを根に持ってました。
まるで、夢の中に出てきそうな美人だったのです。
それで、一週間ほど1人で考えてから、ハメ撮りしました。
性器を触ることがいやらしいことであり、それが快感をもたらすことを本能的に知ってました。
嫌な予感がありました。
6歳とただならぬ関係になっていたのです。
それから、メス豚と罵られたことは、たぶん一生忘れません。
危うく見られそうになったこともありました。
これから何が起こるのか、正確に理解しているわけではありません。
調教することができたのです。
肛門に指を入れられました。
そのうち憚らず声を上げるようになってました。
そして、終いには少女に浣腸を始めるようになりました。
硬くなった股間のものを飽くことなく触りつづけたのです。
再び、輪姦されることは無いと信じていました。
まだ15歳なのだから急ぐ必要もありません。
また、モザイクなしを見たら我慢できなくなると思います。
怒張したものを咥えて必死に射精させようと努力しました。
いつもより気合を入れて準備をしてました。
ロープで縛ることが現実になりそうです。
苦しそうな顔をしながら一生懸命、しゃぶり始めました。
喜びで、このままいつまでも抱き合っていたかったのです。
思いっきりSMプレイをしてやりました。
少女の浣腸の動画を見て魅力を感じたということです。
これから、拷問をすることを知られてしまったのです。
泣きながら奉仕させることに、喩えようもないほどの高揚感を覚えたのです。
すでに理性を失っていました。
口の中の精子を吐き出しました。
ハメ撮りすることを受け入れました。
寂しさはすぐに消えましたが、覚えてしまった快感への未練が残っていたのです。
初めて見せる表情に興奮してしまいました。
アイマスクをすることで興奮したのです。
軽い気持ちで、白昼堂々としてました。
けなげな心を踏みにじる行為に黒い欲望が湧いたのです。
とりわけて猿轡することに拘りがありました。
好きなだけ責めるのです。
浣腸をすることに悦びを感じるようになったのです。
毎晩、寝る前に性器を触るのですが、ただそれだけで、それ以上のことは望みませんでした。
12歳は、にっこり笑っていたのです。
嬉しそうにキスを返しています。
じっと、まんこを見つめていました。
舐められたあと、すぐにその部分を洗いたくなりました。
もちろんいつもはこれくらいの刺激で、射精してしまうようなことはありません。
もはや恥も外聞もなく股を開いてました。
無修正のDVDを見ればいいのです。
そして、乱交をしたくなってしまったのです。
いつも通り、ちょっと早めに挿入しました。
その体験のせいか、性に関してとても強い関心を持ってしまったのです。
思少女に浣腸してから数日しかたってないのです。
抱え上げると、そのまま部屋を出ました。
まったく自然に自撮りができるようになったのです。
首を振るたびに揺れる黒髪から立ち昇る甘い匂いに酔いしれたのです。
分かり易くいえば、アナルに挿入することで感じるのです。
まずは、乳首を洗濯バサミで挟みました。
すぐ積極的に応えるようになりました。
あんなにいやらしい行為があるのだと知って喜びさえ感じていたのです。
一睡もできぬまま朝になりました。
モザなしを見ると、より興奮できるのです。
何か物足りない感じがしたのです。
電気で責めすることを約束させました。
超絶技にも悠然と耐え抜いていたのです。
あの年頃は単純です。
一生懸命にクンニをして、その気にさせてました。
あとは惰性で、13歳を抱くようになりました。
脱がそうとしたら、いったい何故という顔をしてました。
そして、帰ってからも無料の画像を見たのです。
今すぐでは無いのだけど、そのうち本番をします。
帰ると、すぐにsexを始めました。
そんなものが一体となって、欲情をそそり立たせました。
太ももが露出されて、思わず唾を飲み込みました。
ちゃんとSMプレイをしたのです。
当然のようにブラが透けて見えたのです。
また、勃起しなくなっても、しごき続けました。
ただ漠然と触るというものから、はっきりと性行為を意識したものへと変化していったのです。
デブ専門だと聞いて、胸が高鳴りました。
浣腸したくて我慢できなくなったのです。
若い体は、弾力があって気持ちを盛り上げます。
しごきながら、名前を叫び続けたのです。
そのまま悠々と清潔な口内を犯したのです。
まんぐり状態にしているようです。
勢いにまかせて潮吹きしてました。
まだ、温もりが残っていました。
初潮が訪れて、体そのものも大人への変化を始めていたのです。
誰もいなかったので、セーラー服を脱ぎました。
それから、口枷をさせました。
そして、申し訳程度に股間を開きました。
おしっこをするのを見て興奮したのです。
時折喉を深く突かれ、えづいてしまいました。
そして、輪姦することになったのです。
人目もはばからず下半身まるだしにしてました。
浣腸されて、声を出す事もままならないのです。
2人きりになると、意識してしまい上手く話せなくなってしまうのです。
一時的ですが、前後不覚に陥ってました。
初めてのSMですぐに果ててしまいました。
緊縛されて、呼吸を整えられる状況ではなかったのです。
流出させたおかげで、とめどない快楽が押し寄せてきました。
口から大量の涎が出て、糸を引いて垂れていきました。
出してしまったものは戻ってはくれないのです。
恥ずかしい話すが、毎日のようにウンコをしているのです。
刺激を味わいたかったので、ドMな相手を探したのです。
また、羞恥責めすることができたら面白いかもしれません。
正座していた太ももに、寝転んで頭を乗せてきたのです。
絶対に浣腸させないという雰囲気を漂わせていました。
結局は快感を求めて、目隠しをしてみました。
そして本気で、お仕置きをするつもりでいました。
顎が痺れて感覚が無くなっていきました。
また、気分を盛り上げるために剃毛したのです。
乳首を吸われて、刺激的な気分になりました。
あまりにも下品な言葉に耳を塞ぎました。
下着を露わにして四つん這いになる姿を目を見開き眺めたのです。
手を払いのけ逃げようとしました。
一日に何回も浣腸することはできません。
そのまま、地面に手をついてしまったのです。
全く容赦することなく犯し続けました。
レイプされている間、ただ眺めているだけでした。
びっしょりと汗をかいていました。
お尻を出す気にはなれません。
顔を向け、恥ずかしそうにしながらも挑発するような顔付きで問いかけてきました。
また、拉致することが出来ず不満が溜まっていました。
しつこく、蝋燭で甚振ろうとするのです。
犯している間は、決して萎えることはありません。
理不尽なまでの行為にさらされ、なすすべもなかったのです。
浣腸してしまえば、満足してくれたかもしれません。
もちろん、電マを使うほうが気持ちいいでしょう。
他には目もくれず、吸ってました。
四つん這いにさせて入れようとしてました。
いきなりの淫らな提案に驚きましたが、すぐさま下着に手を伸ばしたのです。
奴隷にしたことで、ようやく気が済みました。
すぐに首輪をかけられ抵抗できなくなりました。
パンツを見せただけで股間は反応してたのです。
永遠に続くかと思われたその責め苦は、突然に終わりを告げたのです。
1回、射精しても、すぐには萎えません。
一度大きく息を吸うと力任せに服を脱ぎました。
お尻を触ることに夢中になれました。
それを聞いて興奮したのか立ち上がって両手でスカートを下ろしたのです。
3回目に会った時に、浣腸してあげました。
ようやく呼吸が落ち着いてきました。
最初のころは緊縛などしなかったのです。
脈動とともに、口の中に大量の液が飛び込んできました。
歯を食いしばり、痛みがひくのを待ちました。
そのうち、排泄しているところを見せつけるようになりました。
でも、そのままでは埒があかないのです。
良く見るとじっとりと小さなシミが出来始めていました。
今日は、避妊具を持っていなかったのです。
諦めずにスカトロすることを勧めるしかありません。
本当に足枷を着けられたのです。
頭をがっしりと掴まれているため身動きが取れなかったのです。
何度も、下着を下ろそうと両手に力を加えていました。
刺激を求めて目隠しをしてから抱くことがあります。
外で放尿しているのを見てしまったのです。
自分のすぐ目の前でセーラー服を着て拭き掃除をしていたのです。
そのことを知って、歓喜に打ち震えたのです。
気がつかないうちに排便してました。
ここに来たのは疑いようが無い事実です。
その苦い味に顔をしかめて涙を流したのです。
そして、具体的な望みを伝えました。
その気になって、拷問したのです。
まだ、全部出し切れなかったのです。
早まる鼓動を必死に抑えながら、下着に手を伸ばし掴んでから少し引っ張ったのです。

NO: PASS:

少女が浣腸される動画を見て興奮しました。

小学生浣腸

無料掲示板レンタル「ADVEN-BBS」/右玉/将棋/ガジェット
original:KENT