中学生の放尿の動画です・・JC


[留意事項] [ワード検索] [携帯に掲示板アドレスを送信] [管理用]

丸見え 投稿者:モロ 投稿日:2016/11/24(Thu) 19:25 No.1  
私は、心の底から中学生の放尿を見たくなったのです。
なぜ、盗撮されたのか思い当たるところを考えてみました。
もったいつけずに最初から、おまんこを見せて欲しかったのです。
私は可能な限り早く中学生が放尿を済まして欲しいと思いました。
私は器用に指先を使いワレメを刺激したのです。
前に騙されたことがあったので、ちょっと警戒してしまいました。
私は、中学生の放尿の動画を見てイってしまったのです。
私は本当に心の底から安堵していたのです。
そして、アナルに挿入されたら体が勝手に動いてしまいました。
一時間くらい一緒にいて、ようやく親近感が沸いてきたのです。
私は足を押さえつけられ、強引にM字開脚させられたのです。
自分の生活を充実させるために脱ぐことにしました。
私は裏ビデオを見ているうちに体にあれが入った時の感覚が蘇ったのです。
いかにも唐突に誘ってきたので面食らってしまいました。
まだに触ってもいないのにこんなに放尿ができるほど感じていました。
私は器用にパンツを脱がされてしまいました。
いつ掲示板の投稿されないか待ち望んでいたのです。
自分がどれだけ気持ち良いか、多少誇張して伝えました。
下着が濡れたため透けてしまい、お尻の形が分かったのです。
私は、顔射されるのが好きだったのです。
また誰も、それを見てくれません。
その当時は、Twitterで煽られていたので、簡単に会う約束をしました。
それで快感を味わいたいです。
私は、どうしても中学生に放尿させたくて、部屋に閉じこめておきました。
今はもう、前ほど女子を意識することはなくなりました。
もしかしたら気を使っているのかもしれません。
まだ13歳になったばかりなので、見栄を張る必要はないかもしれません。
私は、パイパンを見られて純粋に嬉しかったのです。
私としては前戯にも時間をかけてもらいたかったのです。
そして、sexが終わった後、私のことを顧みることもなく放置されました。
まだ刺激を受けていないのにすでに放尿して、私は真っ赤になって顔を手でおおいました。
あまりにも簡単に潮吹きしてしまったので、なんだか拍子抜けしてしまいました。
それからJCの体を起こして、その姿を眺めていました。
私は愛撫されて悶える姿を見たかったのです。
全く遠慮のない態度で、モロ見えにするように言ってきたのです。
指で触れられた瞬間に全身を震わせてしまったのです。
人前で、放尿するように頼まれても、きっと尻込みしてしまうでしょう。
この状況で誘うためには、気合を入れなければなりません。
例え疲れていても、今セックスをしなければ今後、二度と出来ないかもしれないのです。
もしかしたら、野外で見れるかもと期待していたのです。
私が断っているうちに声をかけて来なくなりました。
お漏らしをして濡れてしまったパンツは、あらかじめ新しいものに替えておいたのです。
私は、やる気が出てくるよう中学生の放尿の動画を見たいのです。
こんなに時間をかけて愛撫したのだから、きっと感じたに違いないのです。
こんなところで、丸見えにするなんて、一体、何をしたいのかはわかりません。
恥丘の膨らみがくっきりと透けて見えたのです。
もし、調教をしたいのなら、まず相手を感じさせることが必要です。
ちょっと足を動かしたら、すぐにも出てしまいそうなのです。
私は、放尿してしまった後、その部分を念入りに舐められてしまいました。
自分でも分かるくらい、すでに顔は真っ赤になっていたのです。
私は、おっぱいを吸われて、何度も体を震わせたのです。
いつかは、下着を渡してもらえる時が来ると信じてました。
だから流出させたのだけれど、あまり意味はなかったかもしれません。
仕方なく言う事を聞いていましたが、でも、これ以上は無理です。
たとえ 気が合わなくても、オッパイを触れるような関係になりたかったのです。
でも、ここで出すのは嫌と言われた時、なんかがっかりしてしまったのでした。
そのやり方ならば、中学生が放尿をする気になると思いました。
そういうふうに言えば私がなんでも言う事を聞くと思ってるみたいです。
私は援交をしたくて、ものすごく物欲しそうな顔をしていたと思います。
私は、送られてきた写メを直視できずに目を背けたのです。
腕を掴まれて、トイレに無理やり連れ込まれたのです。
もしも断われ切れなくなったら、いったい何をされるのでしょう。
私は、人前で放尿させられた屈辱から立ち直れないのです。
服を着ていたため、漏れていることに気が付かなかったのです。
すごく軽い考えで無修正のDVDを探していました。
まだ、15歳になったばかりだけど、私の思いは伝わっているはずです。
もうその時は、軽く触られるだけで気持ち良くなっていました。
私に無理矢理、放尿させて楽しんだ人を許すことは出来ません。
いくら草むらの中とはいえ抵抗感が大きすぎて、出せないでいました。
私は、その場の勢いでザーメン中出しをするのは、さすがにやめたのです。
援助交際をするために声をかけてきたことが分かって白けてしまいました。
私は、摩るるのが上手なので気に入られる自信はありました。
私は、クンニをされて悶えてしまい体を激しく動かしました。
よほど飢えていたのか体を洗わずにベットに行こうとしたのです。
私は、これから先ずっと、中学生の放尿の動画を見ることを楽しみにしているでしょう。
まさか股を開くなんて、自分がわからなくなってしまったのです。
私は無修正のDVDを見て、明らかに快楽に溺れ始めていたのです。
私は、クンニされて、自然と漏れる喘ぎ声を噛み殺そうとしたけど無駄な抵抗でした。
さらに刺激しようとしましたが、まだ14歳の体は耐えられないと思いました。
また、隠し撮りされていたことがわかっても別に残念という思いはありませんでした。
初めてのエッチなので、ちょっとした刺激でも感じてしまいました。
私は、どうするつもりと詰めよったら、態度は急変させて出て行ってしまいました。
顔に向かって、放尿してもらったおかげで、もう頭が上がらない気がいたしました。
私は相手が若いことがわかっていて脱がそうとしたのです。
モロ見えにされたことで、自分でも驚くほど感じてしまったのです。
本当は嫌だったので楽な姿勢になろうと体位を変えました。
私は裸にしてから、柔らかい肌の感触を楽しんだのです。
私は、自分の体では無いと思ったくらい違和感がありました。
それと同時に個人撮影されていることに気付いたのです。
それは悲しい出来事なはずなのになぜか、自撮りしてました。
私は、モザ無しを見た時の快感を忘れることが出来ません。
私は、野外でしたら、感じてくれるだろうかと考えてました。
付き合い始めてまだ1ヶ月なのに、もう中学生に放尿させたのです。
まさか本当に、おしっこをしなければならない雰囲気になっていたのです。
性欲が強いほどSMをしたくなると言われてしまいました。
私の態度がちょっと紛らわしかったみたいです。
私は無料の画像を見て、電流が流れるような快楽が走りました。
お互いに分かり合えたという気持ちが生まれたのです。
私がフェラをしている最中に、口の中にあるものが硬くなっていくのが分かったのです。
もし、一度でも、見せてもらうと虜になってしまうでしょう。
私を座らせると、さっそく下腹部を押して、放尿させようとしてきたのです。
まだ、胸の大きさとか聞いていませんでした。
そんなにマンコを舐められたら、すぐにイってしまうと感じてました。
私はこれも分かり合えた証だと前向きに考えました。
私は、肛門を舐められて、体の力が抜けました。
私が経験済みであることは向こうも承知しているはずです。
私は全身の感覚を研ぎ澄まして、中学生の放尿の動画を見ることに集中しました。
体を触られて、どんな感じがしたか聞いてみたのです
初めての刺激に快感が走り、あそこからオシッコが溢れたのを感じたのです。
それなりに体には自信がありましたが、会うことを迷っていたのです。
まんこを舐められているうちに本当に感じてきたのです。
もしも、トイレを覗いたら興奮するかもしれません。
私は、もう限界になっていて、恥を忍んでスカートを捲り上げ放尿しました。
道を歩いていて、何度かナンパされたこともありました。
オメコを舐めたらどんな感じがするのでしょう。
私はこういう時のためにあらかじめ用意していたものを取り出しました。
それから少し強めに巨乳を揉まれたのです。
しかし、パンツがしみ付きになっても良いと思っているかもしれません。
私は、下半身を露わにしたまま立って放尿したことで顔が熱くなるのを感じたのです。
一応、入れようとしたのですが、まだ十分に濡れてなくて無理でした。
もちろん初めてセックスをした時の気持ち良さは忘れられません。
それでもこのまま我慢していたら、漏らしてしまうことぐらい分かってました。
なるべく優しく乳首を舐めてあげたら、いつしか本当に好きになってくれるかもしれません。
挿入しなくていいけれど、その感触を知りたいのです。
私は腰を持ってあげて、中学生が放尿しやすいような姿勢にしてあげました。
いくら股間を手で押さえても、もう限界まできていることは分かってました。
私は、この無修正のDVDを見て性欲を煽りたてられました。
勢い余って出ないように気を付けなければなりません。
どうやら盗撮をするのは初めてではないらしいのです。
ここでは身を隠すものは何も無いのです。
こんな風に放尿することは、やはりとても恥ずかしかったのです。
覚悟していたこととはいえ、初めての人の前です。
もっとシックスナインをしたくて、止めようとするのを必死になって押しとどめました。
どんな、お仕置きをされるのか体験してみようと思い始めていました。
私はできれば、このまますぐに家に帰って、中学生の放尿の動画を見たかったのです。
私が制服を着たまま漏らしたら、きっと興奮するのでしょう。
目の前にそれが迫ったかと思うと、次の瞬間に生ハメされていたのです。
それまでは、自分には関係ないものと思い、無意識に無視していたのです。
一緒に過ごす時間を長くすれば、個人撮影をさせてもらえるかもしれません。
そして、抱かれることになりましたが、相手も納得していたのでよしとしました。
私の手が触れたかと思うと、間を置かずに中学生は放尿してしまいました。
私は、興味本位について行ってしまったのです。
また、クリトリスを舐められることに、こんなに敏感になるなんて思ったわなかったのです。
正直言って、私の性欲を見事に満たしてくれたのです。
相手には内緒でハメ撮りしたのですが、幸いにも、それで気分を害することはありませんでした。
それでも、ちょっと脱ぐだけならいいのではないかと考えたのです。
実は、未だに中学生の放尿の動画を見て性欲を抱いてしまう自分に気づいたのです。

NO: PASS:

女子高生放尿

無料掲示板レンタル「ADVEN-BBS」/3/25更新/DQ10アンテナ 国際通り
original:KENT