女子高生 援助交際をリアルに追った【DVD】

女子高生援助交際です。


[留意事項] [ワード検索] [携帯に掲示板アドレスを送信] [管理用]

SNSを利用した。 投稿者:LINEを使いました。 投稿日:2018/01/05(Fri) 21:04 No.2  
女子高生と援助交際したかったのです。
よく見ると髪を切ってショートカットがよく似合っていました。
DVDを見て、とても満足することが出来たのです。
ちらっとみえる股下がとても刺激的だったのです。
乳首を指先でくすぐることで気持ち良くなったのです。
女子高生と援助交際したら気持ち良くて病みつきになりました。
全裸を見ると感じてしまうのです。
十分に愛撫されたので、後はセックスするだけになりました。
それならたっぷり可愛がっても文句はないでしょう。
女子高生と援助交際した時の快感が忘れられずにいます。
意識的に太股を固く閉じました。
何もしゃべらずに遠くを眺めるように見てました。
一応下の方だけタオルをかけておいたのです。
性的な要素は一切なく、さわやかでとても清純派な感じでした。
おへその下から膝にかけて舐めまわしたのです。
いっそのこと写真を撮ってしまおうと思いました。
考え過ぎだったのかなと、その時は思いました。
女子高生は援助交際して体からすっと力が抜けたのです。
徐々に露わになる太ももを見ることが出来だけでも幸せでした。
DVDを見たら、本気で好きになってしまうかもしれません。
素人と知り合うことが出来たので後で楽しもうと思いました。
やっぱり恥ずかしくて、胸を隠している腕を外すことはできませんでした。
見ていた事は前から気づいていたと言ったのです。
スカートの中を覗いていたのがばれたと思って、すぐに目を逸らして謝ろうと思ったのです。
手でスカートを押さえ、中を隠すだろうとも思っていました。
無修正で見られて本当に楽しかったのです。
セックスしてあげたのですが、本当は嫌だったのです。
一切文句を言わなかった理由がよくわからなかったのです。
見るならしっかりみなよと言っているように思えました。
覗いていることはばれているだろうと思っていたのです。
まるで全てを受け入れられているかのような錯覚に陥ったのです。
Twitterに投稿されないか待ち望んでいたのです。
両手首を両手で軽く持ち上げ、左右に広げました。
この興奮状態は、まだ相手と仲良くなる前の関係だからこそ起きるのです。
援助交際することなどあり得ませんと嘘をつくしかないでしょう。
恥ずかしさのあまり、顔を横に背けてしまいました。
気付いていたけど黙っていただけなのはわかったのです。
生地は薄っすら透けていて、あまりにも色っぽくて勃起してしまいました。
夏休みが明けてからも平穏に過ごす事ができたのです。
恥ずかしくなって答えることができなかったのです。
比率的に可愛い子もそこそこいました。
女子高生と援助交際ができると期待していたのかもしれません。
それとなく探りを入れてみましたがどうにもならなかったのです。
少し前に中出しされたのですが、まだ興奮が収まりません。
前よりも、ずっとsexが上手くなっているなと感じていました。
裸にさせるにあたって最初から興奮しっぱなしです。
真っ赤になって目を背けてた姿が色っぽかったのです。
赤のチェックのミニスカート履いたりと可愛い格好してました。
まるで挑発するように体育座りをしていたのです。
当時の状況として一方的に惚れてるってだけだった訳です。
少し冷たかったのですが我慢したのです。
毛布をかけてましたが半身に掛かってる感じで生脚は見えていました。
援助交際しようとしたら、避けるようになったのです。
お尻に入れられる痛みに耐えられなかったのです。
もう声を抑えることができませんでした。
乳首を摘んでいるうちに楽しくなってきました。
横から上へと小さな膨らみに向かって揉み上げてました。
ひょっとしてと思いましたが、やはりホテルへ連れて行かれたのです。
雑誌を取り出して見始めたため、顔が見えなくなったにです。
女子高生と援助交際するたびに自信を取り戻していきました。
一時の間だけでしたが、放課後に束の間のささやかな楽しみがありました。
付き会っている時に気付く事はありませんでした。
裸にエプロンを着てくれてから満足するようになりました。
元気で明るくて活発な子という印象でした。
懇願を斟酌する必要は全くなかったのです。
四方八方から見ても、健康的で肉感的な体でした。
終わりを告げると、ほっと安堵の溜息を吐きました。
太ももが丸出しで、丈が股下から数センチ下に位置しているほど、丈の短いスカートをはいてました。
おそらくこれから何が起こるかまでは理解出来ないでしょう。
写メしようとしているのに気付いて、すぐに逃げました。
責められた経験から峻烈な快感に襲われることが分かったのです。
感じる部分にはなかなか触れようとしません。
これからは毎日、エッチしようか考えていました。
徐々に押さえが利かなくなって援助交際したくなってしまうのです。
前回と同じ場所で青姦してしまったのです。
触れるか触れないかくらいの感じで円を描くようにさすってきました。
これまで味わったことのないような刺激に混乱しました。
心の中で恥ずかしいという気持ちは徐々に薄れてきました。
散々刺激されたことで固くそそり立っていたのです。
見知らぬ人にナンパされるスリルに酔ってました。
裸されたあと、胸を押さえて呻いていました。
後姿をみて、なんていう姿態なんだろうと感動しつつもあらぬ事を想像してしまいました。
痛みではなく快感を感じ始めていたのです。
女子高生と援助交際するのって難しいと感じました。
普段から階段のすれ違いを利用して覗いたりしました。
渡り廊下に行く途中にあるいつもの階段のところで、チャンスが突然に訪れたのです。
完全無防備な状態で写し出される絶景に勃起が止まりませんでした。
階段を上がろうとする時には、周りには誰もいなかったのです。
そして、後ろからそっと近づけば楽勝という言葉を真に受けたのです。
まんこに入れられて今までとはまったく違った快感を覚えたのです。
あともう少しで、流出させることができそうです。
薄目で顔を見つめながらそう思いました。
しかし、いざ実行となると楽勝なタイミングなど滅多にありません。
援助交際してあげることで、気持ちよくなって欲しかったのです。
よからぬ事を考え出してしまったのです。
妊娠するようなへまはしないつもりです。
しばらくの間は、妊娠しないように注意して関係を持ったのです。
階段だから他の場所からは基本的に死角になっていました。
責めを行う方法を幾つか考えたのです。
刺激によって切れ切れの悲鳴を上げてました。
堪えることが徐々に快感になっていったのです。
気に入った人とは一度でなく数回してました。
それだけで体が反応してしまいます。
もし暇ならに援助交際してみませんかと誘ってみたのです。
エッチさせてくれるよう口説いたのです。
気分が良い時なら、パンツを脱いでくれるかもしれません。
このまま一晩置き去りにすることにしました。
少し痛いくらいに強弱をつけて弄っていました。
ようやく状況を理解したらしく、険しい表情に変わったのです。
週に10人くらいの人と連絡することもありました。
溢れ出たお汁が足まで垂れてきてるのがわかります。
女子高生と援助交際したがるなんて性欲が強すぎるということです。
すでに30分以上も愛撫されていたのです。
その声には何処か怯えが混ざっていました。
そして、思いっきり手を伸ばして、再び揉みだしたのです。
そしたら、なんと微妙に腰を振っていたのです。
結局その日はメルアド交換だけで帰りました。
おっぱいを揉まれていくうちに感じるようになったのです。
タオル越しですが、薄いので直に感じました。
その惨状は見えないだろうから、口で説明してあげました。
その両脚の間から見える、股間部分の下着に視線がいきました。
すでに自撮りされてしまったので、もう従うしかありません。
執拗なまでにフェラをしていたのです。
スカートの中から伸びる長くて肉感的な両脚が魅力的でした。
どんなに声をかけても、 援助交際することはできないと分かったのです。
汚れがなく真っ白の布地だったのです。
何日も繰り返せば癖が付いて元には戻らなくなるのです。
何も言わないのをいいことに、大胆に擦り付けてきました。
猜疑心に満ちた視線を向けてきたのです。
半分くらい露出したまんまでしたが、それを直そうともしませんでした。
誰かが通ったら床を拭いてるふりをして覗きこむのです。
濡れててしまうことがあるので下着を脱ぎました。
約束の時間を大幅に遅れたのに待っていてくれました。
体の上に唯一残されていた布までもが、取り去られようとしてました。
一日に複数の子のものを覗き見ることに成功した日もあったのです。
いつの間にか、援助交際することをしつこく求めるようになっていたのです。
この後どうなるかを予知することなど出来ません。
無防備で覗きやすい人でも多く、いつも楽しみにしてました。
その横には脱いだ服が広げて置いてありました。
生脚を触わりたくても我慢しなければならないのは辛かったのです。
この状況の中では何をすることもできませんでした。
今まで一回もばれず、成功率も上がり変な自信を付けていたのが仇となったのです。
されるがままに体か反応してしまうんです。
何かを言われるわけでもなく、ただ時が止まったように感じられました。
その様を凝視してから、足をもとに戻しました。
少し迷いながら、おまんこを見せてくれました。
毎回お小遣いをもらう形で一晩供にしました。
援助交際することが出来たら、きっと感激するでしょう。
指は徐々に、徐々に下へと進んでいきました。
このままではフェラチオさせられると思い、この場から急いで逃げようとしました。
内側へ両方から指を滑らせてきたのです。
散々責められたせいで警戒心が高まっていたのです。
いつから、パンツを脱いでいたのか気になりました。
そう疑問に感じつつも、覗くのはもうやめたのです。
何も言えないでいると、膨らんだ部分を何回も握ります。
座ってからスカートを回して見えないようにしようとするのです。
よりも刺激の強いもの見てしまったことに動揺してしまったのです。
もちろん、制服で練習していて、どんどん動くので見放題でした。
断われないと分かっていて、援助交際しようと言ってきたのです。
マンコを愛撫されて痛みと快感に悶えました。
初めてそれを生で見た時は、あまりの衝撃にめまいがしました。
その動きに合わせて、段々と大きくなっていきました。
あまり時間は取れなかったので、トイレの中で抱くことにしました。
あまりにも扇情的な服を着ていたので、すぐに裸にしてしまいました。
今考えると、この後一生忘れられない出来事に出会えるのです。 
ぴったりと肌にくっついたままで、全く歯が立ちません。
その気になってくれたみたいでフェラを始めたのです。
ここまで理性的な判断を低下させてしまう魅力がありました。
援助交際することを強要することはできないのです。
自分のものにしたいと、どうしようもないほど強く思うようになったのです。
この中で着替えるしかないと気付いた瞬間、顔がにやけてきました。
いい加減にその事を忘れないと帰ることができないと思いました。
壁を背にして内側を向いてましたが。どこにも隠れるところはないのです。
脳裏に強烈に焼き付いて消えずとても厄介でした。
でも、こんなおいしい場面そうあるわけではないと思いました。
そして、ついにその時間が来てしまいました。
気分のおもむくくままに女子高生は援助交際したのです。
その姿をよく見ると目に何か白いものが映りました。
DVDを見て気分を晴らすのです。
2周りどころか、何倍にも大きくなっていました。
まったく乱されていない制服姿だったのです。
自分の体の一部を甚振られて、すごく惨めに感じました。
体をくねらせてその愛撫に身を任せたのです。
意志とは関係なくぴくぴくと痙攣しています。
以前よりも美しく、魅力的になっていました。
下着姿なんて、一生かかっても見れるものではありません。
出会い掲示板を利用したことを、人に知られるのが、とても怖かったのです。
人が入ってくるかもしれないので、急いで脱いだパンツを探さなければいけません。
しぐさからして、ブラのホックをはずしているようでした。
女子高生と援助交際したらすぐに出てしまい、あっけなく終わってしまいました。
脱ぐのに少し手間取ってる姿を見て興奮してしまったのです。
DVDが見れるまで頑張るつもりです。
大きすぎて、覆うどころか隠すことも叶いません。
自分の席に座って下のジャージを脱ぐところに出っくわしたのです。
もちろんそれが顔に表れないように、普段は普通に過ごしていました。
相変わらずいやらしい遊びを教え込むことに熱心でした。
それなのに、胸の高鳴りが次第に早くなっていきました。
オメコを見ていたら股間が膨らんできたので手で隠しました。
走った後でもないのに息遣いがごくわずかに荒くなってしまっていました。
好色な視線を隠しもせず に体を見つめました。
こんなことされても悦んでいることに戸惑いを感じました。
無理やり外へと連れ出すことができました。
あんまり無茶しないように言い含めておいたのです。
何度も援助交際しようよと、お願いしたのです。
すぐ横でされた話は、なんとも恐ろしいものでした。
ようやく視線に気付いて、手招きをしたのです。
少し時間が早かったためか、お出かけ中で部屋にいなかったのです。
その言葉に、黙り込んで俯くことしかできなかったのです。
そちらに手を伸ばし、自身の側に持ってきました。
大きな乾いた手が股間へと伸びました。
本格的に気持ちよくしてあげようと思ったのです。
まさか本当に乱交するとは、思ってもいませんでした。
最近いじられていなかったので、少し触れられただけで感じてしまうのです。
中途半端に弄られることが余計にいやらしく感じられました。
見た後はしばらくの間、興奮状態が冷めなかったのです。
少しあどけなさが残るけど、とても美少女だったのです。
真っ白な生地のものでなければ興奮できないという一種の確かなこだわりがありました。
まんこを舐められた時の興奮が、まだ残っていました。
初めて女子高生と援助交際した時のことを思い出したのです。
素人に声をかけても無視されることが多く、もう慣れました。
DVDを見たことで嬉しさを感じたのです。
あの時とほぼ同じ状態なので、勘違いしょうもありません。
あまり気に入った子がいなかった為、少し待つことにしました。
単にいじりたかっただけだと分かりました。
自画撮りしているだけで性欲が湧いてくることに気付いたのです。
目的はちょっとしたお小遣い稼ぎとのことでした。
手前から奥の付け根まできっちり濡らしていきました。
思い切って誘ったら、その気になってくれて、とりあえず会ってくれることになりました。
股にとても心地よい暖かさが広がっていきました。
OKの返事をもらいましたので、ラブホテルに入ったのです。
素敵な香りが鼻の中に浸透していきました。
とっくに見当はついてましたが、しらばっくれて聞いていたのです。
痙攣しながら膨張を続けてました。
ホテル代も含めて総額で3万円くらい使いました。
度目かの絶頂を迎えてしまったのです。
DVDを見ることに魅力を感じてました。
誰にも教わらなくてもちゃんと掲示板の投稿できました。
女子高生と援助交際したあと 、やるせない気持ちになったのです。

NO: PASS:

無修正動画

無料掲示板レンタル「ADVEN-BBS」/右玉/将棋/ガジェット
original:KENT