018098
Brio 掲示板

Brioのご感想、また疑問・質問などお寄せください。
演奏会のお知らせも是非どうぞ!


商品の注文、発送に関するご質問は
こちらまでご連絡ください。

[Home] [留意事項] [ワード検索] [携帯に掲示板アドレスを送信] [管理者にメール] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
イメージ   [イメージ参照]
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 を入力してください)
文字色

実名削除のお願い 投稿者: 投稿日:2017/03/15(Wed) 16:02 No.157  
./img3/nase.gif実名が出てしまいました。削除お願いします


Re: 実名削除のお願い Brio - 2017/03/15(Wed) 17:34 No.159  

./img3/npeko.gifお名前の部分を削除致しました。


Re: 実名削除のお願い k・k - 2017/03/16(Thu) 20:47 No.160  

./img3/nase.gif回答を有難うござい御座いました実名の削除していただきまして有難うございます。アルプホルンにも活用可能のようで購入したいと存じます。実は御社のすぐ近くにに
住んでおりますので電話をしてからお伺いしたします。


Re: 実名削除のお願い Brio - 2017/03/18(Sat) 14:16 No.161  

./img3/npeko.gifメッセージありがとうございます。

お待ちしております。


Brioとはどのような効果が... 投稿者: 投稿日:2017/03/15(Wed) 15:59 No.156  
./img3/nase.gifBrioブログ見ました。1、アルプホルンを練習中ですアルプホルンでも活用可能ですか。2、タンギングに効果がありますか?3、金属の材質は?、4、Brioとはどのようなもの意味ですか?5、音なしで練習が出来るとか1回何分位掛けますか?


Re: Brioとはどのような効... Brio - 2017/03/15(Wed) 17:31 No.158  

./img3/npeko.gifメッセージありがとうございます。

ご質問にお答えしていきたいと思います。

1、アルプホルンを練習中ですアルプホルンでも活用可能ですか。
 はい、アルプホルンの練習でもご活用いただけます。

2、タンギングに効果がありますか?
 はい、タンギングにも効果がございます。

3、金属の材質は?
 すべてステンレスでできております。

4、Brioとはどのようなもの意味ですか?
 Brioは、金管楽器を良い音で演奏するのに必要な、柔らかいアパチュアを
 維持するためのアンブシュアをバランスよく補正する練習器具です。
 ”Brio”とはイタリア語で「快活、元気」といった意味がございます。
 Brioを使っていただいて、快活に、元気に演奏することができれば、
 という願いを込めて製品名に致しました。

5、音なしで練習が出来るとか1回何分位掛けますか?
 Brioは、唇でそっとはさんで、息をしっかりと吹き込んでご利用いただきます。
 息を吹き込んでいる際に、演奏時の唇の振動箇所が柔らかい状態に維持できるよう、
 口周辺のアンブシュアのバランスを補正する練習器具です。
 ご利用に際して、口周辺に負荷が強くかかります。最初はロングトーンの練習と同じ要領で
 1分位からご利用いただき、慣れてきたら少しずつ時間を延ばしていかれることを
 お勧め致します。
 口周辺に疲れを感じましたら、必ず休憩を取りながらご利用ください。

他にもご不明な点等ございましたら、またご連絡いただければと思います。
どうぞよろしくお願い致します。
 

 


無題 投稿者:シトルリカ 投稿日:2016/12/02(Fri) 06:21 No.154  
./img3/nase.gifチューバ歴8年の高校生です
最近やたらとアンブシュアがぶれまくっていて、気になった商品がBrio なんですね。
でもチューバ吹きにも使えるの?
とかいう謎の疑問がういてきました。
また、この商品で起こる上達具合もしりたいです


Re: 無題 Brio - 2016/12/02(Fri) 09:16 No.155  

./img3/npeko.gifメッセージありがとうございます。

もちろん、チューバ奏者の方もご利用いただけます。

金管楽器は唇を振動させて演奏します。良い音で演奏するためにはより細かい振動が必要であると考えます。細かい振動を作るためには、演奏中に唇が柔らかい状態であることが必要です。
Brioは、良い音で演奏できるよう、演奏中に唇の振動する箇所であるアパチュアを柔らかい状態に維持できるアンブシュアをバランスよく補正することに優れた練習器具です。

Brioをご利用いただくことで、演奏中に口周辺が息の力に負けてぶれてしまわないよう、安定した音を出すことにも貢献できると思います。

また、チューバの実際のアパチュアに比べるとBrioの咥える部分は小さいと思いますが、問題はございません。
Brioの特徴の一つに”音が出ない”ということがございます。これは騒音が発生しません、と言った意味もございますが、バズィングなどの唇の振動音や楽器の”音”を意識しないでアパチュアやアンブシュアを意識することができる、ということもございます。
Brioをご利用いただく際は、実際のアパチュアを意識してご利用いただければ、より効果的にご利用いただけると思います。

ご利用方法や頻度によって、効果には個人差があると思いますが、継続的にご利用いただくことが理想的と思います。

ご不明な点などございましたら、お気軽にご連絡ください。
どうぞよろしくお願い致します。


brioの咥え方について 投稿者:湯豆腐 投稿日:2015/11/03(Tue) 22:02 No.151  
./img3/nnn.gif自分の咥え方があっているか不安です。
特に下唇。少し巻き気味になってしまいますが、改善した方が良いのでしょうか。
実際、楽器を吹くときもそうなってしまいます。


Re: brioの咥え方について Brio - 2015/11/04(Wed) 10:30 No.152   HomePage

./img3/npeko.gif湯豆腐 さん

ご連絡いただきありがとうございます。
Brioをご利用いただく際は、唇を巻き込まずにご利用いただいた方がより効果的にご利用いただけます。鑑を見ながらご利用いただいた方がわかりやすいのかなと思います。

Brioをご利用ただく際に、下唇にBrioの咥える部分をそっとおいて、そのまま優しく口を閉じます(口を閉じる瞬間に唇を巻き込んでしまいやすいですので注意してみてください)。
最初は普通に息を吹き込んでください。息を吹き込んでいる時に唇を巻き込んでしまっていないか確認してみてください。
大丈夫でしたら、吹き込む息を少しずつ強くしてご利用ください。この時も吹き込む息が強くなっても唇を巻き込んでしまっていないか確認しながらご利用ください。特に楽器でffを吹いている時と同じくらい息を吹き込むと、唇を巻き込みやすくなりますので注意深くご利用ください。

Brioは、金管楽器を良い音で演奏するのに必要な、柔らかいアパチュアを維持するためのアンブシュアをバランスよく補正する練習器具です。
唇を巻き込まないように注意してご利用頂いていると、口周辺(特に口の両端)に強く負荷を感じることがあると思います。疲れを感じたら必ず休憩を取りながらご利用ください。

また、Brioをご利用頂いている時のお写真を拝見して、Brioのご利用についてのアドバイスも承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

info@biro-brass.com

どうぞよろしくお願い致します。


無題 投稿者:イナミ 投稿日:2015/09/19(Sat) 16:26 No.149  
./img3/nmemo.gif豊かな音色を広い音域で出せるようなトレーニングをしたいと思い、Brioを購入しました。
Brioを使用するにあたって、質問があります。

@
昔から息を入れるとマウスピースに触れていない部分の唇が裏返る(?)状態になります。
これはあまりよくないと聞くのですが…、やはり改善した方が良いのでしょうか?
また、Brioで改善は期待できますか?

A
息を吹き込みながら「ギュッと咥えすぎない」事を意識すると、Brioがズレてしまいます。
特にff程の息を吹き込むとBrioが抜けてしまうのですが、息の量を減らして利用すればそのうちできるようになるのか、
それとも使い方に問題があるのか判断できず困っています。

Brioの動画を拝見して、私はどちらかというとアパチュアを締めて使っている気がして、緩めるよう心がけているのですが…

よろしければアドバイスお願いします><


Re: 無題 Brio - 2015/09/19(Sat) 19:28 No.150  

./img3/npeko.gifイナミ 様

ご連絡いただき、ありがとうございます。
Brioをお買い求めいただき、ありがとうございます。

イナミ様はどの楽器をご利用されているのでしょうか。
「マウスピースに触れていない部分」がトランペット・ホルンの、マウスピースの外側の唇の内側の柔らかい部分が見えている状態でしたら、口の両端が息のスピードに対して弱いのではないかと思います。
また、トロンボーン・チューバを含めて、マウスピースの内側の唇の振動する部分が裏返ってしまうのであれば、振動箇所が息のスピードに対して弱いのではないかと思います。
いずれもBrioをご利用いただくことで改善いただけます。

Brioをご利用いただくことで、金管楽器を豊かな音色で吹奏するために必要な、柔らかいアパチュアを維持するためのアンブシュアをバランスよく補正することができるようになります。

Brioをご利用いただく際に、まず、下唇にBrioの咥える部分をそっと置いて、口を閉じてください。この時、唇に力をいれてをギュッとならないように気を付けてください。「ギュッと咥えすぎない」ことを意識してBrioがずれてしまう時は、Brioの筒部を手で持ってご利用ください。そして、息の量は減らさずに、むしろしっかりと息を吹き込んでご利用ください。その時に、唇の中央(Brioを加えている部分)には力が入らないように、そして口の両端はちゃんと閉じるよう意識して、ご利用ください(唇の両端をつまむように意識するのがポイントです)。

口の両端に負荷が強くかかりますので、疲れを感じたら休憩を取りながらご利用ください。

唇の両端でつまむように意識してご利用頂けるようになりましたら、Brioの筒部を手で持たずに、息をff程度吹き込み、Brioをわざと唇から落とすことで、「プッ」という破裂音を鳴らす、自然なアパチュアでのリップバズィングの練習をすることもできます。
楽器を持ってこの練習をすると、抜け落ちたBrioが楽器を傷つけることがございますので、楽器は別のところに置く等気を付けてご利用ください。

ご不明な点等ございましたら、またご連絡いただければと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |

NO: PASS:


無料掲示板レンタル「ADVEN-BBS」/3/25更新/ジゴロウぬいぐるみ
original:KENT
アイコン素材:manzouの部屋returns