017636
Brio 掲示板

Brioのご感想、また疑問・質問などお寄せください。
演奏会のお知らせも是非どうぞ!


商品の注文、発送に関するご質問は
こちらまでご連絡ください。

[Home] [留意事項] [ワード検索] [携帯に掲示板アドレスを送信] [管理者にメール] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
イメージ   [イメージ参照]
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 を入力してください)
文字色

無題 投稿者:シトルリカ 投稿日:2016/12/02(Fri) 06:21 No.154  
./img3/nase.gifチューバ歴8年の高校生です
最近やたらとアンブシュアがぶれまくっていて、気になった商品がBrio なんですね。
でもチューバ吹きにも使えるの?
とかいう謎の疑問がういてきました。
また、この商品で起こる上達具合もしりたいです


Re: 無題 Brio - 2016/12/02(Fri) 09:16 No.155  

./img3/npeko.gifメッセージありがとうございます。

もちろん、チューバ奏者の方もご利用いただけます。

金管楽器は唇を振動させて演奏します。良い音で演奏するためにはより細かい振動が必要であると考えます。細かい振動を作るためには、演奏中に唇が柔らかい状態であることが必要です。
Brioは、良い音で演奏できるよう、演奏中に唇の振動する箇所であるアパチュアを柔らかい状態に維持できるアンブシュアをバランスよく補正することに優れた練習器具です。

Brioをご利用いただくことで、演奏中に口周辺が息の力に負けてぶれてしまわないよう、安定した音を出すことにも貢献できると思います。

また、チューバの実際のアパチュアに比べるとBrioの咥える部分は小さいと思いますが、問題はございません。
Brioの特徴の一つに”音が出ない”ということがございます。これは騒音が発生しません、と言った意味もございますが、バズィングなどの唇の振動音や楽器の”音”を意識しないでアパチュアやアンブシュアを意識することができる、ということもございます。
Brioをご利用いただく際は、実際のアパチュアを意識してご利用いただければ、より効果的にご利用いただけると思います。

ご利用方法や頻度によって、効果には個人差があると思いますが、継続的にご利用いただくことが理想的と思います。

ご不明な点などございましたら、お気軽にご連絡ください。
どうぞよろしくお願い致します。


brioの咥え方について 投稿者:湯豆腐 投稿日:2015/11/03(Tue) 22:02 No.151  
./img3/nnn.gif自分の咥え方があっているか不安です。
特に下唇。少し巻き気味になってしまいますが、改善した方が良いのでしょうか。
実際、楽器を吹くときもそうなってしまいます。


Re: brioの咥え方について Brio - 2015/11/04(Wed) 10:30 No.152   HomePage

./img3/npeko.gif湯豆腐 さん

ご連絡いただきありがとうございます。
Brioをご利用いただく際は、唇を巻き込まずにご利用いただいた方がより効果的にご利用いただけます。鑑を見ながらご利用いただいた方がわかりやすいのかなと思います。

Brioをご利用ただく際に、下唇にBrioの咥える部分をそっとおいて、そのまま優しく口を閉じます(口を閉じる瞬間に唇を巻き込んでしまいやすいですので注意してみてください)。
最初は普通に息を吹き込んでください。息を吹き込んでいる時に唇を巻き込んでしまっていないか確認してみてください。
大丈夫でしたら、吹き込む息を少しずつ強くしてご利用ください。この時も吹き込む息が強くなっても唇を巻き込んでしまっていないか確認しながらご利用ください。特に楽器でffを吹いている時と同じくらい息を吹き込むと、唇を巻き込みやすくなりますので注意深くご利用ください。

Brioは、金管楽器を良い音で演奏するのに必要な、柔らかいアパチュアを維持するためのアンブシュアをバランスよく補正する練習器具です。
唇を巻き込まないように注意してご利用頂いていると、口周辺(特に口の両端)に強く負荷を感じることがあると思います。疲れを感じたら必ず休憩を取りながらご利用ください。

また、Brioをご利用頂いている時のお写真を拝見して、Brioのご利用についてのアドバイスも承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

info@biro-brass.com

どうぞよろしくお願い致します。


無題 投稿者:イナミ 投稿日:2015/09/19(Sat) 16:26 No.149  
./img3/nmemo.gif豊かな音色を広い音域で出せるようなトレーニングをしたいと思い、Brioを購入しました。
Brioを使用するにあたって、質問があります。

@
昔から息を入れるとマウスピースに触れていない部分の唇が裏返る(?)状態になります。
これはあまりよくないと聞くのですが…、やはり改善した方が良いのでしょうか?
また、Brioで改善は期待できますか?

A
息を吹き込みながら「ギュッと咥えすぎない」事を意識すると、Brioがズレてしまいます。
特にff程の息を吹き込むとBrioが抜けてしまうのですが、息の量を減らして利用すればそのうちできるようになるのか、
それとも使い方に問題があるのか判断できず困っています。

Brioの動画を拝見して、私はどちらかというとアパチュアを締めて使っている気がして、緩めるよう心がけているのですが…

よろしければアドバイスお願いします><


Re: 無題 Brio - 2015/09/19(Sat) 19:28 No.150  

./img3/npeko.gifイナミ 様

ご連絡いただき、ありがとうございます。
Brioをお買い求めいただき、ありがとうございます。

イナミ様はどの楽器をご利用されているのでしょうか。
「マウスピースに触れていない部分」がトランペット・ホルンの、マウスピースの外側の唇の内側の柔らかい部分が見えている状態でしたら、口の両端が息のスピードに対して弱いのではないかと思います。
また、トロンボーン・チューバを含めて、マウスピースの内側の唇の振動する部分が裏返ってしまうのであれば、振動箇所が息のスピードに対して弱いのではないかと思います。
いずれもBrioをご利用いただくことで改善いただけます。

Brioをご利用いただくことで、金管楽器を豊かな音色で吹奏するために必要な、柔らかいアパチュアを維持するためのアンブシュアをバランスよく補正することができるようになります。

Brioをご利用いただく際に、まず、下唇にBrioの咥える部分をそっと置いて、口を閉じてください。この時、唇に力をいれてをギュッとならないように気を付けてください。「ギュッと咥えすぎない」ことを意識してBrioがずれてしまう時は、Brioの筒部を手で持ってご利用ください。そして、息の量は減らさずに、むしろしっかりと息を吹き込んでご利用ください。その時に、唇の中央(Brioを加えている部分)には力が入らないように、そして口の両端はちゃんと閉じるよう意識して、ご利用ください(唇の両端をつまむように意識するのがポイントです)。

口の両端に負荷が強くかかりますので、疲れを感じたら休憩を取りながらご利用ください。

唇の両端でつまむように意識してご利用頂けるようになりましたら、Brioの筒部を手で持たずに、息をff程度吹き込み、Brioをわざと唇から落とすことで、「プッ」という破裂音を鳴らす、自然なアパチュアでのリップバズィングの練習をすることもできます。
楽器を持ってこの練習をすると、抜け落ちたBrioが楽器を傷つけることがございますので、楽器は別のところに置く等気を付けてご利用ください。

ご不明な点等ございましたら、またご連絡いただければと思います。
どうぞよろしくお願い致します。


ブリオへの息の吹き込み量 投稿者:あついち 投稿日:2015/06/30(Tue) 11:42 No.125  
./img3/nase.gif50才代のアマチュアトランペット奏者です。いつも、息を沢山吹き込もうとして、口(アパチュア)が開いてオーバーブローになり、バテが早かったり、効率的な唇の振動が得られずハイトーンが出ない、等で困っています。

今回、ブリオを使ってみて
@作るべきアパチュアの狭さのイメージ、は納得でき、実用できる印象なのですが、

Aブリオの小さい穴に吹き込める息の太さ(幅)、量とも、私の、実際の演奏時の数分の1程度しかない事に混乱しています。実際にトランペットに吹き込む息はこの程度でよくて、逆に私のオーバーブローの程度を教えてくれているのか、ブリオでの息の流れはあくまでトレーニング機器としてのものであって、実際はもっと太く沢山吹き込むものなのか、わかりません。

ブリオの目的は、適切なアパチュア形成による、適切な息の流れの創造、だと思っています。ブリオでの息の流れの実用性について、教えて下さい。宜しくお願いします。


Re: ブリオへの息の吹き込... Brio - 2015/06/30(Tue) 15:23 No.126  

./img3/npeko.gifあついち 様

ご連絡いただきまして、ありがとうございました。
Brioをご愛用いただき、誠にありがとうございます。

Brioは、金管楽器を良い音で演奏するために必要な柔軟に対応できるアパチュアを維持するためのアンブシュアを、楽器を吹く時と同様に息を吹き込むことでバランスよく補正することに優れた練習器具です。

Brioの咥える部分の形状は、楽器を吹く際の口を閉じた状態から息を吹き込む時の自然な形と同様に作ってあり、また筒の部分はより効果的に口周辺に楽器を吹く時と同様の負荷を受けられるようにわざと細い筒としてあります。

ですので、Brioをご利用頂いている時に吹き込む息の量と、実際に楽器を吹く時の息の量では差がございますのでご安心ください。

メールを拝見させて頂きまして、あついち様は楽器に吹き込むことができる息の量、速度に対して口周辺がそれを受け止めきれずオーバーブロー気味になってしまうのではないかと思われます。

Brioをご利用いただく際に、下唇にそっとのせて口を閉じ(この時ギュッと力強く抑えてしまわないよう気を付けてください)、息をたっぷりと吹き込みます。この時Brioの角度は気にしなくて大丈夫です。片手で支えながらご利用いただいても問題はございません。息を吹き込んでいる時にBrioの咥えている部分にギュッと力が入ってしまわないことが重要です。口の両端を意識しながらご利用いただくことがポイントです。

重複になってしまいますが、Brioをご利用頂いている時と、楽器を吹いている時では吹き込む息の量は異なります。Brioをご利用頂いている時の方がずっと吹き込む息の量は少ないですが、口周辺への負荷はずっと高くなります。ですので、疲れを感じたら必ず休憩をとりながらご利用いただくことをお勧めいたします。

ご不明な点等ございましたら、またご連絡いただければと思います。どうぞよろしくお願い致します。




Pastorale Symphonic Band... 投稿者:突然の書き込み失礼致します。 パストラーレ・シンフォニック・バンド 投稿日:2015/06/13(Sat) 15:01 No.124   HomePage
./img3/nniko.gif突然の書き込み失礼致します。
パストラーレ・シンフォニック・バンドと申します。
この度、下記の通り
「Pastorale Symphonic Band 第5回定期演奏会」
を開催する運びとなりましたので、
この場をお借りしてご案内させていただきます。
何かとご多忙とは存じますが、皆様お誘いあわせの上、ご来場下さい。

-----------------------------------------------
Pastorale Symphonic Band 第5回定期演奏会

日 時:2015年6月27日(土)
16:30開場 17:00開演
会 場:エポックなかはら (JR武蔵中原駅 徒歩1分)
指 揮:佐川 聖二(当団音楽監督/常任指揮者)
入場料:無料

【プログラム】
  第六の幸福をもたらす宿/M. アーノルド
  2015年度 吹奏楽コンクール課題曲より
  ボレロ・イン・ポップス
  不滅のベートーヴェン
  など 他

 お問い合わせ
 メール: pastorale.info@gmail.com
 H P: www.psb2010.info
-----------------------------------------------

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |

NO: PASS:


無料掲示板レンタル「ADVEN-BBS」/3/25更新/ジゴロウぬいぐるみ
original:KENT
アイコン素材:manzouの部屋returns